ホコリアレルギーの方に嬉しい家づくり

正直自分は、

片付け・整理整頓・掃除が得意ではありません。

というより、好きではありません。


しかし、ひとたびスイッチが入ってしまえば、

几帳面な?A型の血が急に騒ぎ出すのか、

片付けにせよ、整理整頓にせよ、掃除にせよ、

とことんやってしまうという癖があります。


しかも、突然火が付けば、

たとえ夜中であろうと、休みであろうと、

一切関係なくやり続けるので、

本当に家族からしたら非常に迷惑な話なのですが、

そんな私の前にいつも立ちはだかる壁が

「ホコリ」ですっ!


アレルギー持ちの自分にとって、

ホコリは鼻水とくしゃみ地獄を

引き起こす原因となるからです・・・


とりわけ苦戦するのが、

テレビ周りの配線と、

モデム・ルーター周りの配線です。

なにせ、ホコリが配線に

絡まりまくっていますからね・・・


また、キッチン前カウンターの上に

溜まったホコリをとるのも、

なかなかな一苦労です。


この上には薬・郵便物・鍵・時計といった

細々したモノが置かれており、

それらをいちいち除けながら

掃除しなければいけないからです。


この他、床と壁の境にある幅木や、

窓や室内ドアの枠の上、

そしてカーテンレールの上に

溜まったホコリをとる作業も、

なかなかな面倒な作業ですよね・・・



☑掃除を少しでも楽にする秘訣


そのため、この面倒臭いホコリ取り作業を

少しでも楽にするために、

弊社では、ちょっとした工夫をしています。


まず、キッチン前につくるカウンターは、

薬・手紙・鍵・時計といった

細々したものが置けない奥行きでつくります。


こうすることで、溜まったホコリを

一拭きで一気に拭き取ることが出来るし、

かつ、この上にモノが並ばなければ、

スッキリした状態を保つことが出来るので、

生活感が出にくい家にもなります。


幅木に関しては、

ホコリが溜まりやすい従来の分厚い幅木ではなく、

従来のものに比べて薄い幅木を使用しています。

こうすることで、

単純にホコリが溜まりにくくなります。


窓枠に関しては、

下台しか付けないようにしているのですが、

窓枠をなくせば、

そこに溜まるホコリがなくなります。


ドアに関しては、

天井と同じ高さのものを標準で使うので、

上枠を設置する必要がありません。

それゆえ、ドア枠にもホコリが溜まりません。


カーテンレールに関しても、

そもそもカーテンを付けなくていいように

窓をつくるので、

カーテンレールを付ける必要もありません。

このように、弊社では、

ホコリが溜まりやすい部材を

少しでも減らすことによって、

掃除の手間が少しでもカット出来るよう配慮しています。


そして、部材を減らすことによって、

少しでも余分なコストをカットするようにもしています。


さらに、部材を減らせば、

その分、壁に凹凸がなくなるので、

よりスッキリした洗練された空間が出来上がります。


弊社の施工実例をご覧いただく時は、

ぜひ、この点にも着目してご覧いただければと思います。

なぜ、普通の家に比べて、

空間がスッキリ見える理由が分かると思いますから!


最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく