子育て世代も平屋の方がいい理由

「あなたのお子さんは現在おいくつでしょうか?」


家を建てられる方の多くが子育て世代であり、

弊社にいらっしゃるお客様も、

未就学児をお持ちの親御さんが数多くいらっしゃいます。

また、その中の約半分ぐらいの方が、

まだお子さんが生まれたばかりではないかと思います。


となると、設計する上で、

1つの課題となってくることが、

“いかに子ども部屋を最初からずっと有効活用出来るのか?”

ということです。


そして同時に、自分たちがそうであったように、

子どもたちも、やがて家を出て行くわけなので、

“出て行った後その部屋をいかに有効活用出来るのか?”

ということも考えておくことも非常に大切なことなんですよね。


家づくりでごく当たり前になっているコトの1つに、

“子供部屋は2階につくるものである”

という考え方があります。


しかし、実際のところは、

子どもたちは、2階につくってくれた

自分の部屋をうまく使うことが出来ません。

というより、全く使わないというのが

リアルな状況ではないでしょうか?


というのも、いつも使うものを、

わざわざ2階まで持ち運びするのは面倒だし、

親から離れた場所で過ごしたがらないですからね。


結果、自分の部屋に片付けて欲しいモノが、

全てリビングやダイニングに置かれることになり、

本来いつもキレイでスッキリと保ちたい空間が、

子どものモノでごった返すことになってしまう・・・

いつも散らかっていてなかなか片付かない・・・

片付けても、片付けても、キリがない・・・

ということになってしまいます・・・

これが、悲しい現実です。


その点、最初から平屋を建てるつもりでいると、

子ども部屋は必然的に1階になるので、

2階につくった子ども部屋に比べて、

自分の部屋を使ってもらいやすくなるし、

自分の部屋に自分のモノを片付けてもらいやすくなります。


また、子どもたちが大きくなり、

やがて家を出て行った後も、

子ども部屋が2階にあるよりも1階にある方が、

なにかと使いやすいような気がしませんか?


部屋として使うにせよ、

収納として使うにせよ、

室内用の洗濯干場として使うにせよ。


ましてや、自分たちが歳をとり、

足腰が弱ってしまったとしたら、

2階にある部屋や収納は、

全く使わなくなる(使えなくなる)でしょうからね・・


さらに、子ども部屋を1階につくったら、

親御さんが泊まりに来た時に必要だからという理由で、

よくつくられている和室も、

つくる必要がなくなると思いませんか?


親御さんが泊まっていくとしたら、

お子さんがまだ小さいうちでしょうし、

そんな時期は、お子さんは自分の部屋で寝ていないため、

その部屋で寝てもらえばいいからです。


となると、家づくりにかける余分なコストを

自然とカットすることが出来るようになるし、

同時に、家が小さくなった分、

掃除する場所も減り、

掃除の手間を減らすことも出来ますよね。


いかがでしょうか?


平屋は、建てたすぐはもちろん、

ずいぶん先の将来までずっと使いやすい家であることを

お分かりいただけたのではないでしょうか?


ですから、もし敷地にゆとりがあるのであれば、

こういった観点からも、

2階建てありきで家を考えるのではなく、

まず平屋が建てられないか?

という風に考えていただければと思います。


それでは、また次回も、

別の観点から平屋の良さについて

お伝えさせていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく