家を大きくすることの落とし穴

リビングは広ければ広いほどいいから出来るだけ広く・・

収納もたくさんあればあるほどいいから出来るだけ多く・・

もしもの時のために和室もつくっておきたいし、

時には、ゆっくり1人でこもれる書斎も欲しい・・

寝室も広いほど良さそうだし、

子供部屋も人数分は必要だし・・


当たり前のことですが、

こういったご要望を全て叶えていこうとすると、

家がどんどん大きくなっていきます。


しかし、少し冷静に考えてみてください・・・

あなたやあなたの兄弟や姉妹は、

あなたのご実家で過ごしているのでしょうか?


もし、過ごしていないとしたら、

あなたやあなたの兄弟や姉妹が使っていた部屋は、

一体現在どのような状態になっているでしょうか?


そして、あなたのお子さんたちも、

いずれ、あなたと同じように家を出て行き、

それからずっと夫婦2人だけで過ごすだけとしたら、

果たして、そんな大きな家は必要なのでしょうか?


もちろん、この問いに対する答えは、

人それぞれであると思いますが、

今回は、家が大きくなることによる

金銭的な負担についてお伝えさせていただくので、

この点も含めて、ご自身の家づくりにについて

考えてみていただければと思います。



☑家が大きくなればなるほど坪単価は安くなる


家の価格を判断する指標として、

家の価格を床面積で除して計算する

“坪単価”があります。

そして、この坪単価の特徴は、

家の面積が大きくなればなるほど安くなるというコトです。


例えば、60万円のキッチンを購入するとして、

もしあなたが建てる家の面積が20坪の家なら、

キッチンにかかる坪単価が3万円なのに対し、

30坪の家になるとしたら2万円となり、

40坪の家になるとしたら1.5万円となります。


当然のことですが、

同じ価格の商品を買ったとしても、

家の面積が大きくなればなるほど、

面積に対する商品が閉めるコストの割合が、

安くなるということですね。


しかし、坪単価が安くなれば、

一見割安に家が建てられるように気がしてしまいますが、

これが家づくりの大きな落とし穴となります。



☑坪単価が安い家は、結局高い買い物となる・・・


坪単価が安い家とは、

言い換えるなら面積が大きい家です。

そして、家の面積が大きくなるということは、

結局、家の見積り総額は高くなります。


坪単価は65万円するけど、

家の面積が30坪の家と、

坪単価は55万円と10万円安いけど、

家の面積が40坪と10坪大きい家では、

65×30=1950万円に対し、

55×40=2200万円となり、

総額にして250万円も差があるということですね。


また、家の面積が大きくなれば、

その分電気代も高くなりやすいのですが、

この電気代は、終わりがある住宅ローンと違い、

一生払い続けていくことになる生涯ローンなので、

大きな差を生むことになりかねません。


さらに、家が大きくなれば、

固定資産税もそれに連動して高くなってしまうし、

大きな家にするために、

土地も広くせざるを得なくなってしまうかもしれません。


その結果、土地代も高くなるし、

土地が広くなれば、外構工事費用も高くなるし、

土地にかかり続ける固定資産税までも高くなってしまいます。


このように、無駄に家を大きくしようとすれば、

あらゆる面のコスト負担が大きくなってしまいます。


家づくりで大切なことは、

最初にかかるイニシャルコストのことだけじゃなく、

電気代や固定資産税、

それからメンテナンスコストや将来の増改築のことまで

同時に考えてするべきであるということです。


少子高齢化が進み、

先行きが不透明なこれからの社会の中でも、

ずっと豊かに暮らしていくためにも、

今回の記事を参考にしながら、

家づくりにかけるコストについて、

建てる前に考えてみていただければと思います。


最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”