家を大きくすることの落とし穴

リビングは広ければ広いほどいいから出来るだけ広く・・

収納もたくさんあればあるほどいいから出来るだけ多く・・

もしもの時のために和室もつくっておきたいし、

時には、ゆっくり1人でこもれる書斎も欲しい・・

寝室も広いほど良さそうだし、

子供部屋も人数分は必要だし・・


当たり前のことですが、

こういったご要望を全て叶えていこうとすると、

家がどんどん大きくなっていきます。


しかし、少し冷静に考えてみてください・・・

あなたやあなたの兄弟や姉妹は、

あなたのご実家で過ごしているのでしょうか?


もし、過ごしていないとしたら、

あなたやあなたの兄弟や姉妹が使っていた部屋は、

一体現在どのような状態になっているでしょうか?


そして、あなたのお子さんたちも、

いずれ、あなたと同じように家を出て行き、

それからずっと夫婦2人だけで過ごすだけとしたら、

果たして、そんな大きな家は必要なのでしょうか?


もちろん、この問いに対する答えは、

人それぞれであると思いますが、

今回は、家が大きくなることによる

金銭的な負担についてお伝えさせていただくので、

この点も含めて、ご自身の家づくりにについて

考えてみていただければと思います。



☑家が大きくなればなるほど坪単価は安くなる


家の価格を判断する指標として、

家の価格を床面積で除して計算する

“坪単価”があります。

そして、この坪単価の特徴は、

家の面積が大きくなればなるほど安くなるというコトです。


例えば、60万円のキッチンを購入するとして、

もしあなたが建てる家の面積が20坪の家なら、

キッチンにかかる坪単価が3万円なのに対し、

30坪の家になるとしたら2万円となり、

40坪の家になるとしたら1.5万円となります。


当然のことですが、

同じ価格の商品を買ったとしても、

家の面積が大きくなればなるほど、

面積に対する商品が閉めるコストの割合が、

安くなるということですね。


しかし、坪単価が安くなれば、

一見割安に家が建てられるように気がしてしまいますが、

これが家づくりの大きな落とし穴となります。



☑坪単価が安い家は、結局高い買い物となる・・・


坪単価が安い家とは、

言い換えるなら面積が大きい家です。

そして、家の面積が大きくなるということは、

結局、家の見積り総額は高くなります。


坪単価は65万円するけど、

家の面積が30坪の家と、

坪単価は55万円と10万円安いけど、

家の面積が40坪と10坪大きい家では、

65×30=1950万円に対し、

55×40=2200万円となり、

総額にして250万円も差があるということですね。


また、家の面積が大きくなれば、

その分電気代も高くなりやすいのですが、

この電気代は、終わりがある住宅ローンと違い、

一生払い続けていくことになる生涯ローンなので、

大きな差を生むことになりかねません。


さらに、家が大きくなれば、

固定資産税もそれに連動して高くなってしまうし、

大きな家にするために、

土地も広くせざるを得なくなってしまうかもしれません。


その結果、土地代も高くなるし、

土地が広くなれば、外構工事費用も高くなるし、

土地にかかり続ける固定資産税までも高くなってしまいます。


このように、無駄に家を大きくしようとすれば、

あらゆる面のコスト負担が大きくなってしまいます。


家づくりで大切なことは、

最初にかかるイニシャルコストのことだけじゃなく、

電気代や固定資産税、

それからメンテナンスコストや将来の増改築のことまで

同時に考えてするべきであるということです。


少子高齢化が進み、

先行きが不透明なこれからの社会の中でも、

ずっと豊かに暮らしていくためにも、

今回の記事を参考にしながら、

家づくりにかけるコストについて、

建てる前に考えてみていただければと思います。


最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお