平家に広い土地なんて必要ない!

家が建っていない土地を見ると、

自分が持っていたイメージよりも

遥かに狭く小さく感じてしまったことってありませんか?


そして、そう感じてしまったことにより、

自分たちは2階建しか建てることが出来ないと

決めつけてしまっていたり、

あるいは、平屋が建てたい方などは、

もっと広い土地を探そうとしてしまっていませんか?


しかし、実際に土地に合わせて設計してみると、

狭い狭いと思い込んでいた土地にも、

あなたがイメージしているよりも

遥かに大きな家を建てることが出来るんですよね。


例えば、平屋を建てようと思えば、

多くの方が、最低でも80坪は必要で、

出来れば100坪は欲しいかな?とお考えになります。


また、あなたが思っているのと同じようなコトを、

土地のプロである不動産屋さんからも言われ、

さらに、建築のプロである

住宅会社の方からまで言われたとしたら、

確実にそのように思い込んでしまいますよね?


しかし、実際には、

50坪という広さがあれば平屋を建てることが出来るし、

土地の条件や建てる家によったら、

40坪代の土地でも充分平屋を建てることが出来ます。


もし、あなたが住みたいと思うエリアに

50坪の土地があったとします。

そして、その地域では、

1階だけで土地の広さの60%までつくっていいと、

建築基準法で決まっているとします。


となると、その土地には、

最大で30坪という広さの平屋を建てることが出来ます。


これを前提として、

あとは、車をとめるスペースがどれだけ必要になるのか?

ということと、その土地が持つ条件を

考慮しながら間取りを考えていきます。


仮に、あなたがとめる必要がある車が

2台でいいのだとしたら、

2台分の駐車場だけ確保して、

残りの全てを家に使えばいいだけの話だし、

あなたが必要な車の台数が3台だとしたら、

3台分の駐車場だけ確保して、

残りの全てを家に使えばいいだけの話というわけですね。

もちろん、30坪という面積を超えない範囲で。


とはいえ、仮に1階だけで30坪とれるとしても、

平屋よりも2階建にした方が、

採光とプライバシーの両方が確保しやすいとしたら、

無理矢理、平屋にするというのもまた間違った考え方なので、

一概に平屋がいいというわけでもないんですけどね。


多くの方が、更地の土地を見た時、

どうしても狭く感じてしまうことから、

当たり前のように2階建で家を考えてしまうし、

もっと広い土地を求めようとしてしまいますが、

現実は、全くそんなことを考える必要はありません。


土地に余白をたくさんつくってしまったら、

庭の工事費用も余分に掛かるし、

後々、その維持管理に四苦八苦してしまうだけです。


また、無駄に広い土地を買ってしまうと、

工事費用や維持管理手間だけじゃなく、

生涯払い続ける固定資産税も

余分に支払わなければいけなくなります。


ですから、土地を決める時は、

自分たちだけで決めるのではなく、

また不動産屋さんに相談するのでもなく、

住宅会社に見てもらいそこで建てられる家を知った上で、

土地を決めるようにしていただければと思います。


もちろん、住宅会社なら

どこに相談してもいいってわけじゃないですけどね。

その会社が、平屋についてポジティブな考え方と

充分な知識を持っているかどうかを確認してから

ご相談するようにしてください!

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお