平家に広い土地なんて必要ない!

家が建っていない土地を見ると、

自分が持っていたイメージよりも

遥かに狭く小さく感じてしまったことってありませんか?


そして、そう感じてしまったことにより、

自分たちは2階建しか建てることが出来ないと

決めつけてしまっていたり、

あるいは、平屋が建てたい方などは、

もっと広い土地を探そうとしてしまっていませんか?


しかし、実際に土地に合わせて設計してみると、

狭い狭いと思い込んでいた土地にも、

あなたがイメージしているよりも

遥かに大きな家を建てることが出来るんですよね。


例えば、平屋を建てようと思えば、

多くの方が、最低でも80坪は必要で、

出来れば100坪は欲しいかな?とお考えになります。


また、あなたが思っているのと同じようなコトを、

土地のプロである不動産屋さんからも言われ、

さらに、建築のプロである

住宅会社の方からまで言われたとしたら、

確実にそのように思い込んでしまいますよね?


しかし、実際には、

50坪という広さがあれば平屋を建てることが出来るし、

土地の条件や建てる家によったら、

40坪代の土地でも充分平屋を建てることが出来ます。


もし、あなたが住みたいと思うエリアに

50坪の土地があったとします。

そして、その地域では、

1階だけで土地の広さの60%までつくっていいと、

建築基準法で決まっているとします。


となると、その土地には、

最大で30坪という広さの平屋を建てることが出来ます。


これを前提として、

あとは、車をとめるスペースがどれだけ必要になるのか?

ということと、その土地が持つ条件を

考慮しながら間取りを考えていきます。


仮に、あなたがとめる必要がある車が

2台でいいのだとしたら、

2台分の駐車場だけ確保して、

残りの全てを家に使えばいいだけの話だし、

あなたが必要な車の台数が3台だとしたら、

3台分の駐車場だけ確保して、

残りの全てを家に使えばいいだけの話というわけですね。

もちろん、30坪という面積を超えない範囲で。


とはいえ、仮に1階だけで30坪とれるとしても、

平屋よりも2階建にした方が、

採光とプライバシーの両方が確保しやすいとしたら、

無理矢理、平屋にするというのもまた間違った考え方なので、

一概に平屋がいいというわけでもないんですけどね。


多くの方が、更地の土地を見た時、

どうしても狭く感じてしまうことから、

当たり前のように2階建で家を考えてしまうし、

もっと広い土地を求めようとしてしまいますが、

現実は、全くそんなことを考える必要はありません。


土地に余白をたくさんつくってしまったら、

庭の工事費用も余分に掛かるし、

後々、その維持管理に四苦八苦してしまうだけです。


また、無駄に広い土地を買ってしまうと、

工事費用や維持管理手間だけじゃなく、

生涯払い続ける固定資産税も

余分に支払わなければいけなくなります。


ですから、土地を決める時は、

自分たちだけで決めるのではなく、

また不動産屋さんに相談するのでもなく、

住宅会社に見てもらいそこで建てられる家を知った上で、

土地を決めるようにしていただければと思います。


もちろん、住宅会社なら

どこに相談してもいいってわけじゃないですけどね。

その会社が、平屋についてポジティブな考え方と

充分な知識を持っているかどうかを確認してから

ご相談するようにしてください!

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく