洗濯作業がストレスフリーで出来る家

同じフロアで洗濯作業の全てが完結出来れば、

ずいぶんと楽になります。

つまり、1階に洗面脱衣室をつくる場合、

わざわざ2階に洗濯物を持ち運びするよりは、

1階に干場をつくり、

かつ片付ける収納も1階につくった方が、

時間と手間をカットすることが出来るし、

余分な階段の上り降りをしなくてよくなるため、

その分、楽になるというわけです。

しかし、多くの方がしている

キッチンや洗面脱衣室の勝手口から

外に出て干すという方法では、

2階のベランダまで洗濯物を干しに行くよりは、

遥かに動線が短くなるものの、

同時にいくつかのデメリットも抱えることになります。


では、この動線の場合、

どのようなデメリットが考えられるのでしょうか?

干す時、取り込む時の場面を想像してみましょう。



☑問題点その1:外に出て作業しなければいけない・・・


この場合、洗濯物を干す作業は、

完全に外に出て行うことになります。

となると、夏は汗だくになりながら

洗濯物を干さないといけなくなるし、

冬は、ブルブル震えながら

洗濯物を干さないといけなくなります。

ましてや、素足にサンダルでは、

とてもじゃないけど

外で作業している場合じゃないですよね。



☑問題点その2:いつもキレイにしておかないといけない・・・


また、外に出て洗濯物を

干さないといけないということは、

お隣さんやご近所さん、

あるいは郵便や宅配の方たちと

顔を合わす可能性も高くなる

ということでもありますよね?

となると、さすがにノーメイクやパジャマ姿で

外に出て行くわけにもいかないため、

ある程度いつもキレイにしておかないと

いけなくなってしまいます。



☑問題点その3:取り込むのに手間がかかる・・・


乾いた洗濯物を取り込む時も、

勝手口から何度も出入りしないといけないため、

取り込むのにも、けっこうな手間がかかります。

一回に持てる洗濯物の分量も限られているし、

その移動距離もけっこう長いからです。


ましてや、子供が成長するに連れて、

洗濯物の分量は増えていくため、

この作業はますます大変なものになっていきます。



☑洗濯作業を楽にこなせるようにするためには?


洗濯作業の手間を減らすためには、

まず、干す動線を短くする必要があるのですが、

この際、注意しなければいけないポイントは、

わざわざ外に出て干さないといけない場所に

干場をつくらないということです。

1階でありながら、ベランダに干す時のように、

部屋から手を伸ばしただけで

干すことが出来るとしたら、

干す作業がとっても楽になりますよね?

この動線がつくれれば、

同時に取り込む作業もずいぶんと楽になります。

なんせ、室内に居ながら、

洗濯物を取り込むことが出来るわけですからね。

また、もう1つ大切なポイントは、

いかに周囲の人たちの目に触れないよう出来るか?

ということです。

洗濯物を周囲の人たちから

見えない場所に干すことが出来れば、

生活感が全く出なくなり、

常に、美しい外観を維持することが出来ます。

また、家族構成も分からなくなるため、

安心して暮らすことが出来るようになります。

なんせ、洗濯物を見たら、

職業や家族構成が分かってしまいますからね・・・

そして、一切人目を気にすることがないということは、

ノーメイクやパジャマ姿のままで、

干したり、取り込んだり出来るということなので、

時間を気にしながら洗濯作業をする必要もありません。

このような家に出来れば、

家事の手間を減らすことが出来るだけじゃなく、

防犯性も高くなるし、

家の景観も格段に美しくすることが出来ます。


ということで、あなたが、

少しでも家事の負担を減らしたい・・

そして、見た目も美しい家にしたい・・

そうお考えであれば、

これらを全て実現した弊社の住まいを、

ぜひご覧いただければと思います。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお