洗濯作業がストレスフリーで出来る家

同じフロアで洗濯作業の全てが完結出来れば、

ずいぶんと楽になります。

つまり、1階に洗面脱衣室をつくる場合、

わざわざ2階に洗濯物を持ち運びするよりは、

1階に干場をつくり、

かつ片付ける収納も1階につくった方が、

時間と手間をカットすることが出来るし、

余分な階段の上り降りをしなくてよくなるため、

その分、楽になるというわけです。

しかし、多くの方がしている

キッチンや洗面脱衣室の勝手口から

外に出て干すという方法では、

2階のベランダまで洗濯物を干しに行くよりは、

遥かに動線が短くなるものの、

同時にいくつかのデメリットも抱えることになります。


では、この動線の場合、

どのようなデメリットが考えられるのでしょうか?

干す時、取り込む時の場面を想像してみましょう。



☑問題点その1:外に出て作業しなければいけない・・・


この場合、洗濯物を干す作業は、

完全に外に出て行うことになります。

となると、夏は汗だくになりながら

洗濯物を干さないといけなくなるし、

冬は、ブルブル震えながら

洗濯物を干さないといけなくなります。

ましてや、素足にサンダルでは、

とてもじゃないけど

外で作業している場合じゃないですよね。



☑問題点その2:いつもキレイにしておかないといけない・・・


また、外に出て洗濯物を

干さないといけないということは、

お隣さんやご近所さん、

あるいは郵便や宅配の方たちと

顔を合わす可能性も高くなる

ということでもありますよね?

となると、さすがにノーメイクやパジャマ姿で

外に出て行くわけにもいかないため、

ある程度いつもキレイにしておかないと

いけなくなってしまいます。



☑問題点その3:取り込むのに手間がかかる・・・


乾いた洗濯物を取り込む時も、

勝手口から何度も出入りしないといけないため、

取り込むのにも、けっこうな手間がかかります。

一回に持てる洗濯物の分量も限られているし、

その移動距離もけっこう長いからです。


ましてや、子供が成長するに連れて、

洗濯物の分量は増えていくため、

この作業はますます大変なものになっていきます。



☑洗濯作業を楽にこなせるようにするためには?


洗濯作業の手間を減らすためには、

まず、干す動線を短くする必要があるのですが、

この際、注意しなければいけないポイントは、

わざわざ外に出て干さないといけない場所に

干場をつくらないということです。

1階でありながら、ベランダに干す時のように、

部屋から手を伸ばしただけで

干すことが出来るとしたら、

干す作業がとっても楽になりますよね?

この動線がつくれれば、

同時に取り込む作業もずいぶんと楽になります。

なんせ、室内に居ながら、

洗濯物を取り込むことが出来るわけですからね。

また、もう1つ大切なポイントは、

いかに周囲の人たちの目に触れないよう出来るか?

ということです。

洗濯物を周囲の人たちから

見えない場所に干すことが出来れば、

生活感が全く出なくなり、

常に、美しい外観を維持することが出来ます。

また、家族構成も分からなくなるため、

安心して暮らすことが出来るようになります。

なんせ、洗濯物を見たら、

職業や家族構成が分かってしまいますからね・・・

そして、一切人目を気にすることがないということは、

ノーメイクやパジャマ姿のままで、

干したり、取り込んだり出来るということなので、

時間を気にしながら洗濯作業をする必要もありません。

このような家に出来れば、

家事の手間を減らすことが出来るだけじゃなく、

防犯性も高くなるし、

家の景観も格段に美しくすることが出来ます。


ということで、あなたが、

少しでも家事の負担を減らしたい・・

そして、見た目も美しい家にしたい・・

そうお考えであれば、

これらを全て実現した弊社の住まいを、

ぜひご覧いただければと思います。

最新記事

すべて表示

日当りが良い土地こそ、すべきじゃないこと

この家は、最も日当たりが良いとされている 東南角地の土地に建つ家です。 しかし、ご覧いただければ分かるように、 この家の正面である南側には、 上から下まで伸びたスリット窓しかありません。 せっかく日がよく当たる方角なのに、です・・・ でも、たったこれだけの窓しかないにも関わらず、 家の中は、驚くほど明るいです。 そして、その明るさは、 日の出から日の入りまでずっと安定的に続くため、 日中は電気をつ

メリットとデメリットの共存

窓からサンサンと降り注ぐ太陽・・ リビングダイニングキッチン全体に満遍なく行き届く光・・ 高く広がる圧倒的な空間・・ 青空にプカプカと浮かぶ雲を眺めながら、 ソファーでボーッと過ごす休日の朝・・・ これらは、吹抜けをつくることによって得られる 日常のシーンなのですが、 “吹抜けをつくると寒くなる・・・” というネガティブなイメージが存在することから、 「吹抜けはつくりたくない!」 と思われている方

家づくりと同時に考えるべきお金のこと

もしもの時や、将来のことを考えて、 お金を貯めていくためは、 自らの能力を高めることによって 収入を増やすことはもちろん、 無駄な支出を抑えることと、 支出するものに優先順位をつけることが大切です。 また、しっかりと貯蓄していくためには、 その方法をどうするのかも大切なことです。 多くの方が、貯蓄と言えば、 まずは、“銀行”が頭に浮かぶのではないでしょうか? しかし、貯蓄の王道だと考えられている

マル祐戸田建築株式会社​​

〒431-1303 静岡県浜松市北区細江町三和165-4

Tel 0120-450-502 Fax 053-542-1876

  • Instagram

©Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrights

S!MPlE NOTE

浜松北Studio