銀行がすすめる住宅ローンはいい商品?

家を建てる時にローンを考える方は多いかと思います。銀行さんにすすめられる住宅ローンは本当に良いのか?そんなお話





銀行のパンフレットに記載された

”10年固定”という文字をみると、

この商品を”固定金利”だと

勘違いしてしまうのではないでしょうか?


また、一見お客さんとして銀行の窓口に行った場合、

基本的に銀行側がすすめてくれる住宅ローンは、

”3年固定”や”10年固定”という

当初期間固定型の商品なのですが、

まずは、この商品が変動型の住宅ローンであることを

理解しておかなくてはいけません。


この商品は名前の中に固定という文字はあるものの、

借入期間中ずっと固定というわけではなく、

固定期間満了後は、

その時点の金利でもう一度同じ商品を選ぶか?

あるいは変動型に切り替えるか?

を選択するようになります。


つまり。いずれにしても、

固定期間終了後に金利を見直すことになるため、

返済額が変わる可能性が高くなるというわけです。


そのため、銀行側がすすめてくれたからと

安易にその商品を選択するのではなく、


本来は、将来的な金利上昇リスクをも理解した上で、

選ぶようにすべきなんですよね。


そして、この当初期間固定型を選ぶうえで、

理解しておかなければいけないことが、

金利上昇時の返済額アップに天井がない

ということです。


変動型の場合、

増額率を25%以内に抑えるというルールがあるのに対し、

この当初期間固定型には、そのルールがありません。


そのため、未払い利息の発生リスクはないものの、

半面、総額律が30%、40%になる可能性があります。


もし、当初固定期間中80,000円だった返済が、

見直し時に40%上がってしまうとしたら、

80,000円×1.4=112,000円まで、

一気に返済が買うが上がってしまうということなのです。


また、この商品の多くが、

当初の期間中だけ

金利の引き下げ幅が大きくなっているのに対し、

逆に、金利見直し後は、

金利の優遇幅が縮小されるようになっています。


例を挙げるとこんな感じです。

店頭表示金利|2.95%

当初3年間金利引き下げ額|2.45%

当初3年間貸出金利|0.505%(2.95%ー2.45%)


↓(3年後)


店頭表示金利|2.95%

金利優遇幅|1.85%

4年目からの貸出金利|1.1%(2.95%ー1.85%)

といった感じです。


つまり、市場の金利が全く上がっていなかったとしても、

無条件で金利が0.6%上がってしまうというわけです。

これだけでも、手痛い返済額アップになるのに、

もし市場の金利まで上がってしまったとしたら?


仮に、店頭標準金利が、

2.95%から3.95%となれば、

3年経過後の貸出金利は3.1%にもなってしまいます。


では、これを実際の数字に当てはめてみましょう。

借入3000蔓延、35年元利均等払い、ボーナスなし、

当初3年間の金利0.505%で試算してみますね。


この場合、当初3年間の毎月の返済額は、

77,875円となるのですが、

3年後は、もし金利が全く上がってなかったとしても、

適用金利が1.1%になるため、

返済額は85,388円となり、

返済額の上昇率が9.6%ということになります。


では、もし金利が1%上がってしまったとしたら?

この場合、3年経過後の適用金利は2.1%となり、

返済額は98,874円になります。

返済額の上昇率は27%ですね。


続いて、もし金利が2%上がってしまったとしたら?

この場合、3年経過後の適用金利は3.1%となり、

返済額は113,530円となります。

返済額の上昇率はなんと!


45.8%です・・・


いかがですか?


いやいや、そんなに金利は上がらないでしょう?


多くの方が、そう思われるかもしれません。


しかし、絶対上がらないという保証はありません。

そのため、変動型の住宅ローンを選択する場合には、

このようなリスクをも理解した上で

選ぶようにする必要があるんですよね。


ということで、後から気が付いて、

取り返しがつかない状況にならないためにも、

こういったリスクも理解していただいた上で、

住宅ローン選びをしていただければと思います。



最新記事

すべて表示

無理に家賃よりローンを上げるべきではない理由

家の希望を上げていると予算オーバーになりがちで家賃より少しぐらい高くなっても大丈夫と考えてしまう方へ読んでほしいお話。 家を建てる誰もが、 たくさんのご要望をお持ちだと思いますが、 家はただ単に要望から出来上がるものではなく、 環境(敷地条件)に合わせてつくるものですし、 また、予算を守りながら建てることが、 何より大切なことです。 そのため、必ず予算を決めてから 家づくりをスタートさせることを

良い家を最小限のコストで建てるための知識

良い家を必要最小限のローコストで建てる為の知識のお話。 家の価格は面積に最も左右されるため、 コストを抑えるためには、 出来るだけ家をコンパクトにすることが、重要なポイントとなります。 とはいえ、住みやすさを保ちつつ 家をコンパクトにすることは、 決して簡単なことではなく、 そのためには、 必要なスペースは残しつつ、 不必要なスペースだけを 省いていく必要があります。 ☑子供部屋について考える 子

マル祐戸田建築株式会社​​

〒431-1303 静岡県浜松市北区細江町三和165-4

Tel 0120-450-502 Fax 053-542-1876

  • Instagram

©Wix.com で作成されたホームページです。

S!MPlE NOTE

浜松北Studio