2階建てを前提として家づくりを考えていませんか?

最終更新: 2月15日

「平屋」から始まります。

つまり、その敷地の中に

平屋が建つだけのゆとりがあるなら、

基本的に平屋で間取りを考えるようにするべきである

ということです。


というのも、平屋にすることで、

様々なメリットがあなたにもたらされるからです。


まず、平屋にすれば、

必然的に耐震性が高くなります。

家の重心が低くなり、

2階からの荷重もなくなるからです。



家は、重量車両が通行すれば揺れるし、

台風や強風などによっても揺れるのですが、

その影響は、平屋よりも2階建て住宅の方が、

より受けることになります。


2階建ては平屋よりも重心が高く、

かつ1階の柱や壁の量が

2階に比べると少ないため、

平屋に比べて不安定になるからです。


その結果、重量車両が通れば

その影響を受けて家が振動し、

耐震金物が緩んでいく原因になります。

また、台風の時など強風を受ければ、

その影響を受けて家が左右に揺れ、

耐震金物が緩んでいく原因にもなります。


そして金物が緩んでしまった状態で、

地震が起こったとしたら・・・?


確実に1階よりも重くなってしまう2階が、

地震によって揺られるとしたら?



地震による倒壊リスクが高くなってしまいますよね?


その点、平屋は、

重量車両の通行による振動の影響も受けにくいし、

台風の時などの強風の影響も受けにくくなります。


また、柱もかべの量も多く

地面に対する面も広いため、

2階建てに比べて、

地震の被害を受けにくくなっています。


つまりは、天然で地震に強いのはもちろん、

『長持ち』という耐久性で考えてみても、

2階建てよりも高いということが言えるんですよね。


この他、コスト面や暮らし面においても、

2階建てに比べて、

より沢山のメリットを享受できますしね。

(こちらはまた次回お伝えさせていただきます。)



☑平屋に対して多くの方が持っている思い込み


多くの方が、

『平屋=高い』と思い込んでしまっていたり、

「平屋=土地が広く必要=土地代が高くなる」

と思い込んでしまっているのではないでしょうか?


そして、その理由は、

不動産屋さんや住宅会社から、

そう言われたからではないでしょうか?


この思い込みに縛られたまま

家づくりをすすめてしまうと、

平屋を建てられる土地であるにも関わらず、

当たり前のように2階建てを建ててしまうし、

自分たちの土地には、

平屋なんて建てることが出来ないと

初めから諦めてしまい、

当たり前のように2階建てを建ててしまうことになります。


ですが、当たり前のように建てられている2階建ての家は、

本当に住みやすい家なのでしょうか?


また、その住みやすさはいつまでも続くのでしょうか?


そして、コスト面で考えてみても、

平屋に比べて本当に割安なのでしょうか?


イニシャルコストだけじゃなく、

ランニングコストにおいてまで・・・


ということで、

次回は、当たり前のように建てられている

2階建ての家について、

詳しくお伝えしていきたいと思います。



最新記事

すべて表示

泥棒が狙いたいと思わない家

“昔の家は玄関の鍵なんてかけなかった・・” 近所にどんな人が住んでいるのかを、 しっかり把握していた時代は、 そんな状態が当たり前だったと、 たびたび耳にすることがあります。 しかしながら、時代の経過と共に、 地域のコミュニティが希薄になってしまった現在では、 とてもじゃないけど、 こういうわけにはいきません。 そのため、毎日を安心して 過ごしていくようにするためにも、 昔に比べて、防犯対策を 自

洗濯作業がストレスフリーで出来る家

同じフロアで洗濯作業の全てが完結出来れば、 ずいぶんと楽になります。 つまり、1階に洗面脱衣室をつくる場合、 わざわざ2階に洗濯物を持ち運びするよりは、 1階に干場をつくり、 かつ片付ける収納も1階につくった方が、 時間と手間をカットすることが出来るし、 余分な階段の上り降りをしなくてよくなるため、 その分、楽になるというわけです。 しかし、多くの方がしている キッチンや洗面脱衣室の勝手口から 外

開放感を出すために天井を高くする必要はない?

リビングダイニングキッチンの開放感を高めるために、 “出来るだけ天井を高くしたい” という要望をお聞きすることがあります。 確かに、リビングダイニングキッチンぐらい広ければ、 天井を高くするだけで、幾分開放感は高くなるでしょう。 しかし、わざわざコストを上げて 天井を高くしたとしても、 期待以上に開放感が出るのかというと 案外そうでもないというのが 現実ではないでしょうか? では、その理由について

マル祐戸田建築株式会社​​

〒431-1303 静岡県浜松市北区細江町三和165-4

Tel 0120-450-502 Fax 053-542-1876

  • Instagram

©Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrights

S!MPlE NOTE

浜松北Studio