2階の子供部屋は使いやすいの?

最終更新: 2月14日

プランを見ていると多くのお家が2階に子供部屋がありますが、果たして本当にこの間取りの方が使いやすいのでしょうか?そんなお話。

敷地に合わせて家を建てるのが原則だとしたら

ほとんどの家が平屋になるべきなのですが、

実際に建っている家のほとんどは2階建てです。


しかし、2階建ての家は無駄が多く出来やすく、

かつ使いにくくなってしまうため、

この観点から考えても

やはり家は出来るだけ平屋にすべき、なんですよね。



例えば、2階建ての家は、

子供部屋を当たり前のように2階につくるのですが、

果たして、この子供部屋は使いやすいのでしょうか?


もしお子様がまだ小さいとしたら、

子供部屋を2階につくってしまうと、

子供たちは自分の部屋を直ぐには使えません。


というのも、小さな子供が

親と離れたところで居るのは心細いし、

お化けが出そうな気がして怖いからです。


また、荷物をいちいち2階まで

持ち運びをするのは、とっても面倒くさいですよね。


結果、リビングダイニングの空いたスペースに

子供たちの荷物が置きっぱなしになり、

リビングダイニングが散らかってしまいます。


なにせ、小さな子供たちは、

『散らかすことが仕事である』

とすら言われるぐらいですからね・・・


片づけても、片づけても

キリがないですからね。



☑和室は必要?


そのため、2階建ての家では、

1階にリビンッグダイニングとは別に

和室を作ることが当たり前となっています。


普段は、子供たちの遊び部屋として使いながら、

親御さんが泊まりに来た時や

お客さんが来た時にも使える部屋として。


しかし、収納を含めた和室の広さが

仮に6帖だとしたら、

この和室をつくるために、

一体どのくらいコストがかかるのかご存知でしょうか?


もし、そのコストに180万円ぐらいかかるとしたら、

果たしてこれだけのコストをかけてまで、

この部屋をつくる必要があるのでしょうか?


もし、子供部屋を1階につくることで、

子供部屋が客間としての用途も兼ねられるとしたら、

果たしてこの和室は必要なのでしょうか?


子供部屋を1階につくれば、

子供たちが部屋を建てたすぐ後から使えます。

リビングダイニングに置きっぱなしになる荷物を、

自分たちの部屋に片づけられるようになるし、

親の気配が感じられるところで

遊ぶことが出来るからです。


結果、子供部屋は、

いつも散らかった状態になってしまうと思いますが、

その代わり子供部屋を2階につくるよりも、

リビングダイニングを

綺麗な状態で保ちやすくなるのではないでしょうか?


友達が子供を連れて遊びに来てくれた時も、

子供部屋で遊んでいる子供たちの様子を見ながら、

リビングダイニングでゆっくり会話が出来ますしね。


また、子供が小さいうちは、

家族みんな寝室で一緒に寝るため、

親御さんが泊まりに来たときは、

子供部屋で寝てもらえばいいわけですしね。


さらに、子供部屋を1階につくれば、

将来的なメリットもあります。


子供たちが家を出て行った後、

自分たちがの寝室として使うことも出来ますし、

大きな納戸として使うことも出来ますからね。


つまり、その用途としてずっと使わない部屋を

兼用で使うように考えれば、

変化する年齢や家族人数、ライフスタイルに合わせて、

無駄なく家が使えるようになりますし、

合理的に建築コストをカットしながら、

住みやすい家が出来上がるというわけですね。


誰しも歳をとれば足腰も弱ってくるため、

1階に部屋を多く作っておいた方が、

1階の部屋や収納不足を原因とする

余分な増改築コストもカット出来ることになりますしね。


ということで、知らない間に

頭の中で出来上がってしまっている

常識に縛られた家づくりをするのではなく、

実際に暮らすことを想像しながら、

合理的に家づくりをしていただければと思います。



最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”