2階建ての無駄なスペースとは?

最終更新: 2月15日

平屋は高いというイメージがありますが、

必要な部屋や部屋の広さ、

収納などを減らすことなく

2階建てよりもコンパクトに建てることが出来るため、

結果的に建築費は2階建とそう変わらなくなります。

そして、同時に家が圧倒的に使いやすくなります。

上下移動がなくなり、水平移動だけになるからです。


では、なぜ平屋は2階建てよりも

コンパクトになるのでしょうか?


まず、平屋には「階段」がいりません。

2階がないので当たり前のことですよね。

そして、階段には1・2階合わせて、

合計2坪(=4帖)必要なので、

平屋の場合これがなくなるというわけですね。


続いて、省くことが出来るものが「廊下」です。

2階建ての場合、

2階につくる寝室や子供部屋やトイレなどに

行くための廊下が必ず必要になりますが、

平屋にし、かつ廊下をつくらないように間取りを考えれば、

この廊下を全て省くことが出来ます。



☑廊下は欲しいですか?


家を求める条件の中に、

「廊下が欲しい!!」という項目は、

恐らくないのではないでしょうか?


しかし、2階建ての場合、

必ず出来るのがこの「廊下」です。

そして、この廊下にも、

部屋や収納と同じようにコストがかかっています。

1㎡あたり15万円というコストが・・・


仮に、建てる家に

10㎡廊下が出来てしまったとしたら、

欲しいと思っていないもののために、

150万円も余分にお金を支払わなくては

いけなくなってしまう、というわけなのです。


そのため、家の価格を少しでも抑えるためには、

廊下を限りなく無くすことが、

とっても大切なこととなります。



「廊下」がないほど良い別の理由


そして、廊下を少なくした方が良い

もう1つの理由が「冷暖房効果」です。


というのも、廊下をつくってしまうと、

廊下に接するドアを閉めてしまうからです。


結果、空気の流れを止めてしまい、

家の中に温度差をつくってしまいます。


他方、部屋と部屋がダイレクトにつながっていれば、

空気が循環しやすくなります。

結果、家の中に温度差が生まれにくくなり、

お風呂で起こるヒートショックも

起こりにくくなるというわけです。


また、廊下をつくれば、

ドアの数も必然的に多くなってしまいます。


部屋と部屋がダイレクトに繋がっていれば、

ドアは1本しかいりませんが、

その間に廊下が出来てしまうと、

もう1本余分にドアが必要になるからです。


その結果、

廊下によるコスト上昇だけじゃなく、

ドアによるコスト上昇も同時に招いてしまう

というわけですね。


ということで、

コスト面はもちろんのこと

快適性の観点からも、

出来るだけ廊下はつくらないように

していただければと思います。


この他、平屋にすれば、

2階のトイレも必要じゃなくなるため、

これらを合計すれば、

それだけでも4坪(=8帖)ほど

2階建ての家よりも面積を縮めることが出来るようになります。


結果、2階建てとそう変わらない価格で

平屋を建てることが出来るようになる

というわけです。


これから家づくりをしたいとお考えであれば、

平屋は高いという思い込みは、

一旦捨てていただき、

また、家といえば2階建てという思い込みも、

一旦捨てていただき、

家を建てようと思っている土地に平屋が入るのであれば、

いずれの選択肢も持ちながら、

家づくりの計画を行っていただければと思います。


家の基本は常に

「平屋」

からですよ!




最新記事

すべて表示

泥棒が狙いたいと思わない家

“昔の家は玄関の鍵なんてかけなかった・・” 近所にどんな人が住んでいるのかを、 しっかり把握していた時代は、 そんな状態が当たり前だったと、 たびたび耳にすることがあります。 しかしながら、時代の経過と共に、 地域のコミュニティが希薄になってしまった現在では、 とてもじゃないけど、 こういうわけにはいきません。 そのため、毎日を安心して 過ごしていくようにするためにも、 昔に比べて、防犯対策を 自

洗濯作業がストレスフリーで出来る家

同じフロアで洗濯作業の全てが完結出来れば、 ずいぶんと楽になります。 つまり、1階に洗面脱衣室をつくる場合、 わざわざ2階に洗濯物を持ち運びするよりは、 1階に干場をつくり、 かつ片付ける収納も1階につくった方が、 時間と手間をカットすることが出来るし、 余分な階段の上り降りをしなくてよくなるため、 その分、楽になるというわけです。 しかし、多くの方がしている キッチンや洗面脱衣室の勝手口から 外

開放感を出すために天井を高くする必要はない?

リビングダイニングキッチンの開放感を高めるために、 “出来るだけ天井を高くしたい” という要望をお聞きすることがあります。 確かに、リビングダイニングキッチンぐらい広ければ、 天井を高くするだけで、幾分開放感は高くなるでしょう。 しかし、わざわざコストを上げて 天井を高くしたとしても、 期待以上に開放感が出るのかというと 案外そうでもないというのが 現実ではないでしょうか? では、その理由について

マル祐戸田建築株式会社​​

〒431-1303 静岡県浜松市北区細江町三和165-4

Tel 0120-450-502 Fax 053-542-1876

  • Instagram

©Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrights

S!MPlE NOTE

浜松北Studio