2階建ての無駄なスペースとは?

最終更新: 2月15日

平屋は高いというイメージがありますが、

必要な部屋や部屋の広さ、

収納などを減らすことなく

2階建てよりもコンパクトに建てることが出来るため、

結果的に建築費は2階建とそう変わらなくなります。

そして、同時に家が圧倒的に使いやすくなります。

上下移動がなくなり、水平移動だけになるからです。


では、なぜ平屋は2階建てよりも

コンパクトになるのでしょうか?


まず、平屋には「階段」がいりません。

2階がないので当たり前のことですよね。

そして、階段には1・2階合わせて、

合計2坪(=4帖)必要なので、

平屋の場合これがなくなるというわけですね。


続いて、省くことが出来るものが「廊下」です。

2階建ての場合、

2階につくる寝室や子供部屋やトイレなどに

行くための廊下が必ず必要になりますが、

平屋にし、かつ廊下をつくらないように間取りを考えれば、

この廊下を全て省くことが出来ます。



☑廊下は欲しいですか?


家を求める条件の中に、

「廊下が欲しい!!」という項目は、

恐らくないのではないでしょうか?


しかし、2階建ての場合、

必ず出来るのがこの「廊下」です。

そして、この廊下にも、

部屋や収納と同じようにコストがかかっています。

1㎡あたり15万円というコストが・・・


仮に、建てる家に

10㎡廊下が出来てしまったとしたら、

欲しいと思っていないもののために、

150万円も余分にお金を支払わなくては

いけなくなってしまう、というわけなのです。


そのため、家の価格を少しでも抑えるためには、

廊下を限りなく無くすことが、

とっても大切なこととなります。



「廊下」がないほど良い別の理由


そして、廊下を少なくした方が良い

もう1つの理由が「冷暖房効果」です。


というのも、廊下をつくってしまうと、

廊下に接するドアを閉めてしまうからです。


結果、空気の流れを止めてしまい、

家の中に温度差をつくってしまいます。


他方、部屋と部屋がダイレクトにつながっていれば、

空気が循環しやすくなります。

結果、家の中に温度差が生まれにくくなり、

お風呂で起こるヒートショックも

起こりにくくなるというわけです。


また、廊下をつくれば、

ドアの数も必然的に多くなってしまいます。


部屋と部屋がダイレクトに繋がっていれば、

ドアは1本しかいりませんが、

その間に廊下が出来てしまうと、

もう1本余分にドアが必要になるからです。


その結果、

廊下によるコスト上昇だけじゃなく、

ドアによるコスト上昇も同時に招いてしまう

というわけですね。


ということで、

コスト面はもちろんのこと

快適性の観点からも、

出来るだけ廊下はつくらないように

していただければと思います。


この他、平屋にすれば、

2階のトイレも必要じゃなくなるため、

これらを合計すれば、

それだけでも4坪(=8帖)ほど

2階建ての家よりも面積を縮めることが出来るようになります。


結果、2階建てとそう変わらない価格で

平屋を建てることが出来るようになる

というわけです。


これから家づくりをしたいとお考えであれば、

平屋は高いという思い込みは、

一旦捨てていただき、

また、家といえば2階建てという思い込みも、

一旦捨てていただき、

家を建てようと思っている土地に平屋が入るのであれば、

いずれの選択肢も持ちながら、

家づくりの計画を行っていただければと思います。


家の基本は常に

「平屋」

からですよ!




最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”