2階建ての無駄なスペースとは?

更新日:2021年2月15日

平屋は高いというイメージがありますが、

必要な部屋や部屋の広さ、

収納などを減らすことなく

2階建てよりもコンパクトに建てることが出来るため、

結果的に建築費は2階建とそう変わらなくなります。

そして、同時に家が圧倒的に使いやすくなります。

上下移動がなくなり、水平移動だけになるからです。


では、なぜ平屋は2階建てよりも

コンパクトになるのでしょうか?


まず、平屋には「階段」がいりません。

2階がないので当たり前のことですよね。

そして、階段には1・2階合わせて、

合計2坪(=4帖)必要なので、

平屋の場合これがなくなるというわけですね。


続いて、省くことが出来るものが「廊下」です。

2階建ての場合、

2階につくる寝室や子供部屋やトイレなどに

行くための廊下が必ず必要になりますが、

平屋にし、かつ廊下をつくらないように間取りを考えれば、

この廊下を全て省くことが出来ます。



☑廊下は欲しいですか?


家を求める条件の中に、

「廊下が欲しい!!」という項目は、

恐らくないのではないでしょうか?


しかし、2階建ての場合、

必ず出来るのがこの「廊下」です。

そして、この廊下にも、

部屋や収納と同じようにコストがかかっています。

1㎡あたり15万円というコストが・・・


仮に、建てる家に

10㎡廊下が出来てしまったとしたら、

欲しいと思っていないもののために、

150万円も余分にお金を支払わなくては

いけなくなってしまう、というわけなのです。


そのため、家の価格を少しでも抑えるためには、

廊下を限りなく無くすことが、

とっても大切なこととなります。



「廊下」がないほど良い別の理由


そして、廊下を少なくした方が良い

もう1つの理由が「冷暖房効果」です。


というのも、廊下をつくってしまうと、

廊下に接するドアを閉めてしまうからです。


結果、空気の流れを止めてしまい、

家の中に温度差をつくってしまいます。


他方、部屋と部屋がダイレクトにつながっていれば、

空気が循環しやすくなります。

結果、家の中に温度差が生まれにくくなり、

お風呂で起こるヒートショックも

起こりにくくなるというわけです。


また、廊下をつくれば、

ドアの数も必然的に多くなってしまいます。


部屋と部屋がダイレクトに繋がっていれば、

ドアは1本しかいりませんが、

その間に廊下が出来てしまうと、

もう1本余分にドアが必要になるからです。


その結果、

廊下によるコスト上昇だけじゃなく、

ドアによるコスト上昇も同時に招いてしまう

というわけですね。


ということで、

コスト面はもちろんのこと

快適性の観点からも、

出来るだけ廊下はつくらないように

していただければと思います。


この他、平屋にすれば、

2階のトイレも必要じゃなくなるため、

これらを合計すれば、

それだけでも4坪(=8帖)ほど

2階建ての家よりも面積を縮めることが出来るようになります。


結果、2階建てとそう変わらない価格で

平屋を建てることが出来るようになる

というわけです。


これから家づくりをしたいとお考えであれば、

平屋は高いという思い込みは、

一旦捨てていただき、

また、家といえば2階建てという思い込みも、

一旦捨てていただき、

家を建てようと思っている土地に平屋が入るのであれば、

いずれの選択肢も持ちながら、

家づくりの計画を行っていただければと思います。


家の基本は常に

「平屋」

からですよ!




最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく