白い家が多いのはなぜ?

更新日:2021年2月15日

「本当は、白い家にしたいけど、

白って汚れが目立つよね・・・」



こう考えてしまい、

白い家を諦めてしまっている方が、

数多くいらっしゃるのではないでしょうか?


確かに、白は汚れが目立ちます。

ですが、汚れが目立つのは黒でも同じだし、

たとえアイボリーやベージュにしたとしても、

白同様に汚れは目につくものです。


そのため、外観をきれいに保つためには、

汚れが目立ちにくい色を選ぶという選択よりも、

原因である汚れをなくすことを

優先的に考えるようにしないといけません。





例えば、こちらのお家は、

ご覧のように、眩しいほどの

真っ白な外観ですが、

玄関がある家の正面から、

汚れの原因となるものを全て排除させていただくことで、

家の顔となる正面が汚れにくくなっています。



☑外壁の汚れの原因となるものとは?


外壁が汚くなる最大の原因は”窓”です。

窓は外壁よりも突出しており、

その突出した部分に溜まった土ほこりなどが、

雨と共に窓の脇を伝って流れるからです。


そのため、自分たちも

毎日目に触れることになる家の正面には、

基本的に窓を作らないようにしています。

もちろん、家の中の明るさは確保しながらです。


結果、家が汚れにくくなりますし、

家の見た目も格段に美しくなります。

そして、将来かかってくる塗り替えコストを

少しでもカットすることが出来ます。

(あまり汚れていると、

気になり早めに塗り替えしたくなりますし、

訪問販売のリフォーム会社にも

目をつけられやすいですからね)


パッと見ただけで間取りが分からなくなるため、

自ずと防犯性も高くなりますしね。


また、水廻りの換気扇の外部カバーや、

エアコンの配管と室外機、

2階のトイレの外部配管、

エコキュートの本体や室外機、

そして軒にかかる樋と、外壁に付くたて樋などは、

立体図やパースなどに反映されないため、

家が完成して住み始めて初めて気づくことになるのですが、

これらの部材も、窓同様に家を汚し、

家の景観を乱す大きな原因となります。


そのため

家の正面に換気扇の外部カバーが出てこないか?

家の正面にエアコンの配管が出てこないか?

家の正面にエコキュートを置くようなことになってないか?

など、家を汚す原因となるものが、

家の正面に出てこないようにも配慮しながら、

間取りを考えていく必要があるのです。


多くの方が、間取り図(平面図)だけを見て、

家の間取りを考えてしまうし、

変更しようとしてしまいます。


しかし、家は敷地環境や周囲の家との兼ね合いなども

同時に考えながら、

配置や間取りを考えていかないといけないものです。


例えば、ただ単に方位が南だからという理由だけで、

南に大きな窓をつくったとしても、

そこが丸見えであるならば、

その窓の本来の役割を果たすことが出来なくなります。


また、南につくった大きな窓の

すぐ向こうに2階建ての家が建っているとしたら、

そこから光が入ってくることも無いため、

思っていたよりも暗い家になってしまいます。


これらは、ほぼ全ての方が、

住んでみて初めて気付くことですが、

住んでからは、どうすることも出来ないものです。


ですから、間取り図(平面図)だけを見て、

いろいろと考えるのではなく、

敷地環境や周囲との兼ね合いも考慮した上で、

間取りを考えるようにしていただければと思います。


最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく