白い家が多いのはなぜ?

最終更新: 2月15日

「本当は、白い家にしたいけど、

白って汚れが目立つよね・・・」



こう考えてしまい、

白い家を諦めてしまっている方が、

数多くいらっしゃるのではないでしょうか?


確かに、白は汚れが目立ちます。

ですが、汚れが目立つのは黒でも同じだし、

たとえアイボリーやベージュにしたとしても、

白同様に汚れは目につくものです。


そのため、外観をきれいに保つためには、

汚れが目立ちにくい色を選ぶという選択よりも、

原因である汚れをなくすことを

優先的に考えるようにしないといけません。





例えば、こちらのお家は、

ご覧のように、眩しいほどの

真っ白な外観ですが、

玄関がある家の正面から、

汚れの原因となるものを全て排除させていただくことで、

家の顔となる正面が汚れにくくなっています。



☑外壁の汚れの原因となるものとは?


外壁が汚くなる最大の原因は”窓”です。

窓は外壁よりも突出しており、

その突出した部分に溜まった土ほこりなどが、

雨と共に窓の脇を伝って流れるからです。


そのため、自分たちも

毎日目に触れることになる家の正面には、

基本的に窓を作らないようにしています。

もちろん、家の中の明るさは確保しながらです。


結果、家が汚れにくくなりますし、

家の見た目も格段に美しくなります。

そして、将来かかってくる塗り替えコストを

少しでもカットすることが出来ます。

(あまり汚れていると、

気になり早めに塗り替えしたくなりますし、

訪問販売のリフォーム会社にも

目をつけられやすいですからね)


パッと見ただけで間取りが分からなくなるため、

自ずと防犯性も高くなりますしね。


また、水廻りの換気扇の外部カバーや、

エアコンの配管と室外機、

2階のトイレの外部配管、

エコキュートの本体や室外機、

そして軒にかかる樋と、外壁に付くたて樋などは、

立体図やパースなどに反映されないため、

家が完成して住み始めて初めて気づくことになるのですが、

これらの部材も、窓同様に家を汚し、

家の景観を乱す大きな原因となります。


そのため

家の正面に換気扇の外部カバーが出てこないか?

家の正面にエアコンの配管が出てこないか?

家の正面にエコキュートを置くようなことになってないか?

など、家を汚す原因となるものが、

家の正面に出てこないようにも配慮しながら、

間取りを考えていく必要があるのです。


多くの方が、間取り図(平面図)だけを見て、

家の間取りを考えてしまうし、

変更しようとしてしまいます。


しかし、家は敷地環境や周囲の家との兼ね合いなども

同時に考えながら、

配置や間取りを考えていかないといけないものです。


例えば、ただ単に方位が南だからという理由だけで、

南に大きな窓をつくったとしても、

そこが丸見えであるならば、

その窓の本来の役割を果たすことが出来なくなります。


また、南につくった大きな窓の

すぐ向こうに2階建ての家が建っているとしたら、

そこから光が入ってくることも無いため、

思っていたよりも暗い家になってしまいます。


これらは、ほぼ全ての方が、

住んでみて初めて気付くことですが、

住んでからは、どうすることも出来ないものです。


ですから、間取り図(平面図)だけを見て、

いろいろと考えるのではなく、

敷地環境や周囲との兼ね合いも考慮した上で、

間取りを考えるようにしていただければと思います。


最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”