カーテンいらずのお家体験①

最終更新: 2月15日

突然ですが、今回は、

間取り体験をして頂きたいと思います。

光に満ちた明るいお家であり、

家族の輪を大切にしたお家であり、

より暮らしやすさを追求したお家を、

ぜひご覧ください♪



このお家は、玄関ドアを開けた瞬間、

眩いばかりの光に満ちた空間が目の前に広がります。

そして、この明るさが、

朝から日が落ちるまでの間ずっと続きます。


そんな明るくて気持ちの良い玄関の脇には、

まとまった休みがある度に、

家族で楽しんでいるキャンプの道具一式や、

お子さんの自転車などを置くための土間収納があります。


少しだけでもこういった収納があると、

とっても便利だと思いませんか?


玄関ホールを上がり、北の方向に進むと、

ダイニングキッチンへと続きます。



ご覧のように、ダイニングにもキッチンにも、

玄関同様に、中庭からの光がたっぷりと降り注ぎます。


朝は、気持ちの良いアサヒに包まれながら、

食卓で家族そろってご飯を食べられるし、

夜は夜で、カーテンいらずの窓の向こうに見える

ウッドデッキや星空を見ながら、

家族団らんを楽しむことが出来ます。


とっても素敵だと思いませんか?


キッチンに立っていても、

清々しい気分で家事をこなすことが出来ます。

なにせ、キッチンから

空を眺めることが出来るわけですからね。


また、キッチンからは、

ダイニングやリビングだけじゃなく、

玄関の様子も洗濯物の様子も、

全てを見渡せるようにしています。


さらに、中庭を挟んで

子供部屋とダイニングキッチンを位置させることで

キッチンから子供部屋の様子も見渡せるようにもしています。


こうすることで、

お子さんが自分自身の部屋で遊んでいても、

お母さんの気配を感じることが出来るため安心して遊べるし、

ママ友が遊びに来ても、

子供たちは子供たちの部屋で遊ばせておきながら、

お母さんたちは、ダイニングキッチンで、

窓越しに子供たちの様子を見ながら、

ゆっくり談笑することが出来るというわけです


キッチンの裏には、

広めのパントリー収納をつくっているのですが、

どうしても小物を置くことが多くなるのが

キッチンやリビング周りなので、

この収納は、管理しやすいように工夫しています。


まず、1つ目の工夫は、

“奥行きの深い収納にしない”ということです。


奥行きの深い収納は、

手前に出来る余ったスペースに、

ついついモノを置いちゃうので、

奥のモノが取り出しにくくなってしまいますし、

奥に置いてあるモノを忘れてしまったりするからです。


そして、その結果、

また同じモノを買ってしまい、

無駄な出費の連鎖を生み出してしまうことになります。


ですので、奥行きの浅い棚を

たくさんつくるようにすることで、

手前にモノを置くことを回避しました。


また、収納で忘れてはいけないのが、

“収納量は、床の広さに比例するのではなく、

壁を上手く使ったかどうかに左右される”

ということです。

これが、2つ目の工夫です。

例えば、幅1m×奥行き1mの収納があり、

そこに奥行き50cmの棚を2枚設置した場合、

そこには50cmの棚が3段あるということになるので、

(棚2枚と床で3段です)

そこには50cm×3=1m50cmの棚があることになります。


一方で、幅は同じく1mとして、

収納の奥行きを50cmとしたら、

単純に収納の床面積は半分になりますが、

もし、そこに奥行き50cmの棚を5枚つけたとしたら、

50cm×6=3m分棚があることになり、

床面積は半分しかないのに、

収納力は2倍になったということになります。


しかも、そもそも収納自体に奥行きがないため、

棚の手前にモノを置くことも出来ず、

結果的に、整理も管理もしやすくなりますしね。


ズバリ!コストを削りながら、

使いやすさをアップさせるコツ

というわけですね。


では今回はこの辺で

次回も続いてお話していきます。

最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”