カーテンいらずのお家体験②

更新日:2021年2月15日

では今回も、前回に引き続いて、

こちらの住まいをご体験いただこうと思います。



南からの光がたっぷりと降り注ぐ

ダイニングキッチンから続くリビングスペースは、

床の上でゴロゴロして過ごしたい・・

というお施主様のご希望もあって、

タタミコーナーとさせていただきました。


そしてこちらのお家は、リビング奥の庭が、

人目につかないプライベートスペースとなるため、

お子様を安心して遊ばせやすいその空間には、

芝を全面に敷き詰めつつ、

リビングと庭を縁側でつながせて頂きました。


休日は、ひなたぼっこをしながら、

ぼーっと過ごしたくなるような場所です。



洗面室は、あえてリビングから近い所に

配置させていただきました。


その理由は、洗濯機から洗濯物を干す

縁側までの距離がものすごく近いことと、

リビングと洗面室との温度差が緩和出来ることです。


なにせ、ヒートショックによる死亡者数は、

交通事故による死亡者数の4倍近くに昇る

というデータがありますからね。

この問題も、家づくりをする上で、

考えないといけない問題の1つですね。



こちらのお家では、

リビンングと洗面室を配置することで、

リビングの余熱が洗面室に伝わりやすいように

させていただきました。


また、洗面室は窓が東にあるので、

朝、身支度をするとき、

気持ちの良い朝日がたっぷりと降り注ぎます。


結果、暗くてどんよりした場所で、

電気をつけながら身支度を行うのではなく、

気持ちの良い自然の光を浴びながら

歯磨きをしたり、洗顔をしたり、

朝の身支度が出来るというわけです。


子供部屋へは、

ダイニングキッチンを横切っていく動線となっています。


子供部屋は、中庭を通して、

ダイニングキッチンから

様子がうかがえるようになっているので、

お子様は、自分の部屋に居る時もずっと、

お母さんの気配を感じることが出来、

安心して過ごせます。


また、お友達が遊びに来た時も、

子供たちは子供部屋で遊びながら、

親御さんたちはダイニングで談笑できます。

子供たちから一切目を離すことなく。



さらに、反射した光が、

中庭からたっぷりとはいってくるため、

一日中驚くほど明るいのも、

こちらの住まいの子供部屋の大きな特徴です。

間違いなく、朝から日が暮れるまで、

ずっと電気をつける必要がないでしょう。


いかがでしたか?


家中どこに居ても、安定した明るさが保てるお家。

家族のコミュニケーションを大切にしたお家。

ずっと家で過ごしたくなるような気持ちの良いお家。

掃除・片付け・洗濯などの手間を少しでも軽減できるお家。

今だけじゃなく、老後もずっと過ごしやすいお家。


などなど、こちらの住まいは、

家づくりで必要な要素がたくさん盛り込まれたお家です。

ぜひ、あなたの家づくりの参考にしてください。



最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく