良い家を最小限のコストで建てるための知識

更新日:2月15日

家の価格は面積に最も左右されるため、

コストを抑えるためには、

出来るだけ家をコンパクトにすることが、重要なポイントとなります。


とはいえ、住みやすさを保ちつつ

家をコンパクトにすることは、

決して簡単なことではなく、

そのためには、

必要なスペースは残しつつ、

不必要なスペースだけを

省いていく必要があります。



☑子供部屋について考える


子供部屋を2階につくるのと、

同じぐらい当たり前になっているのが、

子供部屋の広さを6帖にすることです。


しかし、子供部屋は

本当に6帖も必要なのでしょうか?


というのも、6帖の部屋は、

3.51m×2.6mが実際使える広さなのですが、

例えば、この中に幅90cmのシングルベッドと

幅90cmの学習机を置いたとしても、

まだ1.5帖ぐらいの余白が出来るからです。


もちろん、どの部屋も、

少しでもゆとりがある方がいい

というお気持ちはよく分かります。


しかし、1.5帖部屋の広さが違うだけで、

家の価格が45万円も違ってくるとしたら?

そして、その部屋が2つあるとしたら?


いずれ子供たちは家を出て行くでしょう。

ですから、その点も考慮しつつ、

子供部屋の広さを決めるように

していただければと思います。



☑寝室について考えてみる


寝室に関しても、

モデルハウスのような10帖もの広さが

本当に必要なのでしょうか?


例えば、6帖の部屋には、

ダブルベッドを2つ並べておくことが出来ます。

6帖の広さが3.51m×2.6mなのに対し、

ダブルベッドを2つ並べた時の寸法は、

2.8m×2mだからです。


それゆえ、寝室も無駄に広くつくる

必要はないんですよね。

ただ寝るだけの部屋だし、

荷物はウォークインクローゼットに

全て片付けるでしょうし、

婚礼タンスやドレッサーを置くこともないし

テレビも壁掛けが一般的なわけですからね。



☑床面積を増やすと!?


また、無駄に広い部屋にすると、

余ったスペースに

なにかを置こうとしてしまうため、

逆に家が散らかりやすくなり、

片付けもしにくい家になってしまいます。

そこに置くものを買うにしても、

お金がかかるわけですからね。


例えば、子供部屋であれば、

余ったスペースがあれば、

そこにソファーやテーブルなどを

置きたくなるでしょう。


また、リビングダイニングを広くすれば、

ダイニングテーブルとソファーとの間に

無駄な余白が出来ることになります。


結果、間違いなく子供たちが

自分たちの荷物をここに置きます。

そして、ランドセルや習い事道具などが

いつも放置されたままの

空間になってしまいます。


そのため、子供部屋や寝室はもちろんのこと、

例えリビングダイニングといえど、

無駄に広げる必要はないということ、

なんですよね。


もちろん、そうするためには、

収納を使いやすい場所につくるとか、

子供部屋を使いやすい場所につくるといった

間取り工夫は必要になってきますが・・・


いかがでしたでしょうか?


良い家を、コストを抑えながら建てるためにも、

固定概念にとらわれず、家づくりをする前に

部屋の数や部屋の広さについても、

夫婦で話し合ってみていただければ思います。


最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお