収納をたくさんつくらない

収納の多さを求める方は多いですが、本当にいたるところに作ることですっきりとしたお家になる?というお話。

『収納はあればあるほどいい』

家を建てる誰もが、

このようにお考えになるでしょう。

しかし、収納を増やせば、

その分、家のコストは上がってしまいます。


そのため、家のコストを上げることなく、

よりたくさんの収納をつくるためにも、

収納に対する勘違いを

正していただかなくてはいけません。



☑収納で一番大切なことは「管理のしやすさ」


例えば、暮らしの拠点となる

リビングダイニングキッチンには、

手紙、書類、薬、文房具、生活用品など、

細かいものがたくさんありますが、

あちこちに散らばって収納があるお家は、

これらを管理しやすいでしょうか?


あちこちに散らばって収納をつくると、

どこに何を置いたのか忘れてしまい、

見つからないか、あるいは探すよりも

買った方が早いと思い、

また同じものを買ってしまうことになります。


結果、またモノが増え

収納の中がさらにゴチャゴチャになります。


また、無駄に奥行きが深い収納も

管理しやすい収納なのでしょうか?


奥行きが深い収納は、

手前にモノを置いてしまうと、

奥に置いてあるものが

取り出しにくくなるし、

奥にあるものを忘れてしまう

原因にもなってしまいますからね。


つまり、いずれにせよ、

決して管理がしやすい収納ではない

ということですね。



☑通り抜け動線は収納を減らす最大の原因


続いて、知っておいていただきたいことが、

通り抜け動線についてです。

収納を通過することが出来る動線や、

玄関を家族用と来客用にわけたりする動線ですね。



この図の右は通常の収納で、

左が使い勝手をよくするために、

通り抜け出来るようにした収納です。


左の場合、収納を通過できるため、

一見、右に比べて使い勝手が

良いように感じるかもしれません。


しかし、通過できるようにしたところで、

「廊下」が収納の中にできてしまい、

結果、収納が大幅に減ってしまっています。


しかも、ドアが1本増えるため、

その分、コストアップすることになります。


つまり、通り抜け動線は、

家のコストをいたずらにあげてしまうのに、

思っていたより収納にモノが置けず、

結果、片づけにくい家をつくってしまう

というわけ、なのです。



☑収納の正しい考え方


収納は床面積ではなく

壁面積で考えるようにしなければいけません。

2m40cmという天井までの高さを

どれだけ有効に使うことが出来るのか?

が大切だということです。


床面積で収納を考えると、

収納がどんどん増えてしまい、

結果、家の価格が高くなってしまいます。


一方で、壁面積で考えるようにすれば、

わずかな床面積でも壁さえ十分にあれば、

相当な収納力があることを

理解できるようになります。


ただし、棚の枚数は、

多めに考えて設置

しないといけないですけどね。


ということで、

コストを上げることなく、

より多くの収納をつくるためにも、

この収納の知識を覚えておいてください!

最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”