収納をたくさんつくらない

収納の多さを求める方は多いですが、本当にいたるところに作ることですっきりとしたお家になる?というお話。

『収納はあればあるほどいい』

家を建てる誰もが、

このようにお考えになるでしょう。

しかし、収納を増やせば、

その分、家のコストは上がってしまいます。


そのため、家のコストを上げることなく、

よりたくさんの収納をつくるためにも、

収納に対する勘違いを

正していただかなくてはいけません。



☑収納で一番大切なことは「管理のしやすさ」


例えば、暮らしの拠点となる

リビングダイニングキッチンには、

手紙、書類、薬、文房具、生活用品など、

細かいものがたくさんありますが、

あちこちに散らばって収納があるお家は、

これらを管理しやすいでしょうか?


あちこちに散らばって収納をつくると、

どこに何を置いたのか忘れてしまい、

見つからないか、あるいは探すよりも

買った方が早いと思い、

また同じものを買ってしまうことになります。


結果、またモノが増え

収納の中がさらにゴチャゴチャになります。


また、無駄に奥行きが深い収納も

管理しやすい収納なのでしょうか?


奥行きが深い収納は、

手前にモノを置いてしまうと、

奥に置いてあるものが

取り出しにくくなるし、

奥にあるものを忘れてしまう

原因にもなってしまいますからね。


つまり、いずれにせよ、

決して管理がしやすい収納ではない

ということですね。



☑通り抜け動線は収納を減らす最大の原因


続いて、知っておいていただきたいことが、

通り抜け動線についてです。

収納を通過することが出来る動線や、

玄関を家族用と来客用にわけたりする動線ですね。



この図の右は通常の収納で、

左が使い勝手をよくするために、

通り抜け出来るようにした収納です。


左の場合、収納を通過できるため、

一見、右に比べて使い勝手が

良いように感じるかもしれません。


しかし、通過できるようにしたところで、

「廊下」が収納の中にできてしまい、

結果、収納が大幅に減ってしまっています。


しかも、ドアが1本増えるため、

その分、コストアップすることになります。


つまり、通り抜け動線は、

家のコストをいたずらにあげてしまうのに、

思っていたより収納にモノが置けず、

結果、片づけにくい家をつくってしまう

というわけ、なのです。



☑収納の正しい考え方


収納は床面積ではなく

壁面積で考えるようにしなければいけません。

2m40cmという天井までの高さを

どれだけ有効に使うことが出来るのか?

が大切だということです。


床面積で収納を考えると、

収納がどんどん増えてしまい、

結果、家の価格が高くなってしまいます。


一方で、壁面積で考えるようにすれば、

わずかな床面積でも壁さえ十分にあれば、

相当な収納力があることを

理解できるようになります。


ただし、棚の枚数は、

多めに考えて設置

しないといけないですけどね。


ということで、

コストを上げることなく、

より多くの収納をつくるためにも、

この収納の知識を覚えておいてください!

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお