全期間固定の住宅ローンは本当に良い商品?

最終更新: 2月15日

金利は安ければ安いほど、支払利息が少なくなります。

そのため、より多くの資金を銀行から借り入れしなければいけない方ほど

本来は、金利が安い商品を選ぶべきです。


しかし、より多くの資金を

銀行から借り入れしなければいけない方というのは、

それほど多く自己資金を準備することが出来ず、

かつ土地購入も同時に行わなければいけない状況であるため、

目先の金利の安さに重点を置いて住宅ローンを選ぶのではなく、

リスクが最も少ない商品を選ぶようにすべきです。


つまり、銀行から借り入れする金額が大きいほど、

少々金利が高く返済負担が上がってしまうとしても、

返済金額がずっと変わらない全期間固定型の

住宅ローンを選んだ方がベターであるというわけですね。

金利上昇リスクを回避しておいた方がいいからです。


これまで貯金癖がついていなかった方が、

家を建てたことをキッカケとして

急にお金が貯められるようになるわけではないし、

そんな中、先が読めない不安定な返済計画を立ててしまったら、

破綻するリスクだけが高くなってしまいますからね。


また、現在は変動型商品と全期間固定型商品の

金利差がそれほどないということも、

全期間固定をオススメさせていただく

大きな理由でもあります。


とはいえ、取り扱う銀行によって貸出条件も違うし、

選ぶ商品を間違えてしまうと、

後から取返しがつかなくなってしまうことも

あり得る話なので、ここからは、

この全期間固定型商品の注意点について

お伝えしていきたいと思います。



☑初期費用が余分にかかる


まず一つ目の注意点が

変動型商品には必要がない余分な手数料が

初期費用として掛かってくるということです。


この費用も、銀行によってちがってくるので、

金額は一概には言えないのですが、

一般的には、借入額の2%が必要となります。


2500万円借入するとしたら50万円ですね。

となると、土地や家に使える予算が、

その分だけ減ってしまうということになります。


そのため、このような手数料が掛かることも

資金計画に組み込んでおく必要があります。



☑借りすぎてしまう


そして、最も怖い失敗は、

住宅ローンを借りすぎてしまう事です。


とりわけ、フラット35という住宅ローンは、

銀行が貸してくれる金額よりも

はるかに多くの金額を貸してくれるため、

身の丈以上のローンを組んでしまいやすい商品でもあります。


一般的に、銀行では、

年収400万円の方が貸してもらえる金額は、

2000万円~2200万円ぐらいとなりますが、

これがフラット35になると、

3800万円もの金額を最大で貸してくれるようになります。



また、夫婦の収入合算をして

借入される方も数多くいらっしゃいますが、

合算して収入が600万円になった場合、

銀行が貸してくれる金額は、

3000万円前後になるのに対し、

フラット35では、5800万円もの金額を

最大で貸してくれるようになります。


しかし、その状況に甘えて、

身の丈以上の多くの金額を借りてしまったとしたら、

間違いなく建てた後に、

そのしわ寄せがやってくることになります。


そのため、借りても良い金額と銀行が貸しておいてくれる金額を、

資金計画によって見極めなければいけないのです。



いかがでしたでしょうか


こちらが全期間固定型商品を選ぶ際に、

注意しておくべきポイントです。


ということで、予算設定と住宅ローン選びは、

家づくりで非常に大切なことなので、

家の事や土地の事ばかり気を取られずに、

しっかりと現実を見つめながら

考えるようにしてください。


最新記事

すべて表示

泥棒が狙いたいと思わない家

“昔の家は玄関の鍵なんてかけなかった・・” 近所にどんな人が住んでいるのかを、 しっかり把握していた時代は、 そんな状態が当たり前だったと、 たびたび耳にすることがあります。 しかしながら、時代の経過と共に、 地域のコミュニティが希薄になってしまった現在では、 とてもじゃないけど、 こういうわけにはいきません。 そのため、毎日を安心して 過ごしていくようにするためにも、 昔に比べて、防犯対策を 自

洗濯作業がストレスフリーで出来る家

同じフロアで洗濯作業の全てが完結出来れば、 ずいぶんと楽になります。 つまり、1階に洗面脱衣室をつくる場合、 わざわざ2階に洗濯物を持ち運びするよりは、 1階に干場をつくり、 かつ片付ける収納も1階につくった方が、 時間と手間をカットすることが出来るし、 余分な階段の上り降りをしなくてよくなるため、 その分、楽になるというわけです。 しかし、多くの方がしている キッチンや洗面脱衣室の勝手口から 外

開放感を出すために天井を高くする必要はない?

リビングダイニングキッチンの開放感を高めるために、 “出来るだけ天井を高くしたい” という要望をお聞きすることがあります。 確かに、リビングダイニングキッチンぐらい広ければ、 天井を高くするだけで、幾分開放感は高くなるでしょう。 しかし、わざわざコストを上げて 天井を高くしたとしても、 期待以上に開放感が出るのかというと 案外そうでもないというのが 現実ではないでしょうか? では、その理由について

マル祐戸田建築株式会社​​

〒431-1303 静岡県浜松市北区細江町三和165-4

Tel 0120-450-502 Fax 053-542-1876

  • Instagram

©Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrights

S!MPlE NOTE

浜松北Studio