奥様はセーブして働くのがいい?ガッツリ働くのがいい?

最終更新: 2月15日

パートで働く奥さんの収入が

150万円以下の場合、

奥さんはご主人の不要に入れるため、

ご主人は38万円の配偶者控除を

受けることができます。


結果、例えば、

ご主人の所得税の税率が5%の場合、

年間約19,000円の所得税と、

年間約38,000円の住民税を合わせた

計約57,000円節税することが

出来るようになります。


ではあなたは、奥様が

この制度をうまく使いながら

配偶者控除や配偶者特別控除の範囲内で

おさまるようセーブして働くのと、

配偶者控除や配偶者特別控除の範囲を超えて

ガッツリ働くのと、

果たしてどちらが良いと

お考えでしょうか?



☑お金のコトは長い目で考えることが大切!


例えば、奥さんが配偶者控除や

配偶者特別控除の範囲を超えてしまった場合、

奥様はご主人の扶養から

外れなくてはいけなくなります。


結果、ご主人様は先ほど算出した

所得税と住民税を合わせた

57,000円の税負担が増えることになります。


また、奥様は自分自身で、

健康保険や年金といった社会保険料を

負担しなくてはいけなくなってしまいます。


つまり、短期的な視点で見ると、

確実に負担は上がってしまう

というわけですね。


しかし、たとえご主人様と

奥様の負担が上がってしまったとしても、

奥様が勤務先で厚生年金に加入できるとしたら、

比較的少ない負担で、

奥様も将来老齢厚生年金という

老齢基礎年金に上乗せされた年金を

受け取ることが出来るようになります。


また、勤務先の健康保険に加入出来れば、

勤務中に長患いしたとしても、

健康保険からおよそ月給の3分の2が、

傷病手当金として支給されることにもなります。


つまり、多少負担は増えてしまうものの、

セーフティーネットが手厚くなるため、

長期的視点で見ると、

負担以上のメリットがあるという

わけなんですよね。


さらに、65歳以上を

老後として捉えるとすれば、

夫婦2人で必要となる最低生活費は、

約22.5万円だと言われていますが、

実は、この額は、平均的なご家庭が

将来支給される年金の額よりも

わずかながら多いと言われています。


その上、この費用の中には、

家賃や住宅ローンといった住居費や、

趣味や旅行といったゆとり費用は

一切含まれていないため、

豊かに暮らそうと思えば、

さらなる費用がかかると言われています。


そのため、老後に向けて、

コツコツと貯蓄していくためにも、

そして年金収入をもっと増やすためにも、

この控除枠を超えてでも、

ガッツリと働くようにした方がいい、

というわけなのです。



☑節税方法を知ることで負担を軽減する!


そして、夫婦2人でガッツリ働きつつ、

子供の教育資金や、自分たちの老後資金に

しっかりお金を残していくためにも、

知っておいていただきたいことが、

いかに税金を安く抑えるかということです。


そのためには、

国が推奨している個人型確定拠出年金iDeCoや、

医療費控除の中身について、

しっかり理解しておくことが必要不可欠です。


これらの制度について、

ここでは詳しくは述べませんが、

1つ確実に言えることは、

これらの制度を知っているか知っていないかで、

手元に残っていくお金が大きく違ってきます。


例えば、iDeCoを知らず、

それに掛けるべき費用を

家づくりに回してしまったとしたら、

それを知っていた人との老後資金は、

夫婦合わせて1500万円~2000万円ほど

違ってくるかもしれません。


あるいは、収入合算すれば、

より多くのローンが組めるからと

家づくりの予算をさらに高く設定してしまったりすると、

2000万円どころか3000万円以上、

手元に残るお金が違ってくる

可能性だって十分考えられます。


ですから、家づくりもお金のことも、

短期的な視点だけで捉えるのではなく、

長期的な視点を持って

考えるようにしていただければ思います。



最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”