実生活のことまで熟慮した間取りづくり

最終更新: 2月15日

例えば、30~35坪ぐらいしかない土地は、

”狭小地”と呼ばれる土地の部類に入るのですが、

こういった土地に家を建てる場合、

暗い、閉塞感がある、片づけにくい、

使いにくい、といった家になってしまいやすいため、

こうならないよう配慮しなければいけません。


一般的に、このような狭小地で

家を建てるとなると、

当り前のように2階建てになります。


そして、1階には、

リビングダイニングキッチンと水廻りが配置され、

2階には、寝室と子供部屋が配置されるのですが、

このようなお家で犯しやすい失敗は、


✓少しでも光を採り込もうと

窓を多くつくったものの、

逆に家の中が丸見えになってしまい、

結局カーテンが開けられず

家の中が薄暗くなってしまった・・・


✓必要な場所に収納が不足してしまい、

片づけにくく、いつも散らかっている

掃除までもやりにくい家になってしまった・・・


✓洗濯動線を考える時、

干す→取り込む→たたむ→片づける、の

全ての流れを考えて動線を作っていないため、

実際に住んでみて初めて、

その動線の悪さと不憫さに

気付くことになってしまった・・・


といったことです。

つまり、生活面において、

よくない影響が出てしまうというわけですね。


そのため、光の採り込み方はもちろん、

収納の作り方、そして家事動線のことも、

実生活のことも考えながら、

間取りをつくるようにしなければいけないんですよね。



☑景観にも配慮した理想的な動線





例えば、

実家の隣に建っていた古い家を取り壊し、

建て替えさせていただいたこちらの住まいは、

敷地は、いわゆる狭小地と呼ばれる、

一般の方が見たら「ここに家が建つの?」

と疑問に思うぐらい狭い土地でしたが、

このような敷地条件の中でも、

毎日しなければいけない洗濯の

一連の作業が非常に楽になるような

間取りをご提案させていただきました。


このお家が建つ土地は、

接道が南であるため、

1階の一番北に水廻りを配置し、

2階の一番南にベランダをつくり、

そこに洗濯物を干すという間取りを

つくってしまいやすい土地です。


しかし、そのような間取りにしてしまうと、

水廻りは薄暗くて寒くなってしまう上に、

脱衣室から一番遠いところまで、

重たい洗濯物を持ち運びしないといけなくなります。

毎日、階段を上下しつつです。


これって、歳をとるにつれて

どんどん辛くなっていきますよね?

そして、足腰が弱くなってしまった時には・・・


そのため、限られた広さの土地ではあるものの、

こちらの住まいでは、1階で洗濯作業のすべてが

解決する間取りとさせていただきました。





まず、洗面脱衣室を少し広めにつくり、

かつ南向きにさせていただきました。

そして、その窓の向こうには、

洗濯物が干せるデッキをつくらせていただきました。


こうすることで、晴れた日は、

洗濯機からわずか数歩で、

太陽が当たる場所に洗濯物が干せるし、

花粉などが厳しい時期は、

太陽が射し込む洗面脱衣室に

室内干ししておくことも出来ます。


また、そのデッキへは、

リビングからも続くようにしているため、





乾いた洗濯物を、

リビングに取り込むことが出来ます。


さらに、リビング近くに、

ファミリークローゼットをつくっているのですが、

これは、乾いた洗濯物を、

そのままクローゼットの中のハンガーパイプに

干しておけるようにするためでもあります。


全部畳むのも大変ですからね。

そのまま吊られるものは、

吊っておけばいいわけですもんね。


もちろん、洗濯物を干すデッキは、

周囲から丸見えにならない場所につくっていますし、

周りからも見えないように目隠しもしているので、

家の景観も美しい状態のまま維持出来ます。


いかがでしょうか?

景観にも配慮しつつ、

理想的な動線の住まいになっていますよね?


ということで、今回はここまでにしまして、

引き続き次回も、こちらの住まいについて、

別の角度からお伝えしていきたいと思います。


最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”