たとえリビングダイニングキッチンと言えど、やみくもに広くしない方が良い理由

リビングダイニングキッチンは、

窮屈にならないように出来るだけ広くしたい・・・

開放的で明るい場所にしたい・・

誰しもが、このようにお考えではないでしょうか?


ですが長きに渡り家づくりをしている経験で、

至った結論は、

"リビングダイニングキッチンにも適度な広さがある"

ということです。


とにかく、出来る限り広くつくった

リビングダイニングキッチンですが、

この空間がいつも一体どのような状況になっているのか?

と言うと・・



☑常にモノにあふれている


状態です・・・

片付けど片付けど、

3日もすれば元に戻っているという状態・・


いつもみんなが集まるリビング周りに

いろんなモノが集中するのはもちろん、

ダイニングテーブルとソファーの間に出来た余分な空間に、

子供たちが学校の塾のモノ、

そして制服やパジャマ、普段着などを、

そのまま置きっぱなしにするからです。


明日使うと分かっているものや、

いつも使うものを、

わざわざ2階まで持ち運びするのって

凄くめんどうなので、

仕方がないといえば仕方ないんですけどね・・



☑床面積が増えるとモノを置ける場所も増える・・・


リビングダイニングを広くした場合、

それに連動して広がるのは、

ダイニングとリビングの間のスペースなのですが、

ここに余白をつくりつつ、

2階に子供部屋をつくってしまうと、

リビングダイニングはたくさんのモノで溢れ、

雑然とした生活感満載の場所になってしまいます。


そして、片付いてないことで、

掃除がしにくくなり、

またホコリも溜まりやすくなってしまうため、

カビやダニも発生しやすくなり、

アレルギーなどの原因をつくりだしてしまうことになります。



☑広げた分だけ家のコストも高くなる


また、家の面積を広げると、

それに連動して家のコストも高くなってしまいます。


LDKを2帖広げようとすれば、

それだけで家の価格は60万円高くなってしまうし、

LDKを4帖広げようとすれば、

それだけで家の価格は120万円高くなってしまう

という感じに。


そのため、コスト面で考えてみても、

たとえリビングダイニングキッチンであろうとも、

必要以上に部屋を広げ過ぎないようにするべきである

ということが言えます。


わざわざお金をかけて、

余計に散らかりやすい家にしてしまっている・・・

といっても過言ではないわけですからね。


☑スッキリリビングを維持しやすい工夫


リビングダイニングを無駄に広くしても、

それが散らかる原因となってしまうのだとしたら、

リビングダイニングの広さを適度な広さにし、

当り前のように2階につくろうとする子供部屋を、

1階につくってみるというのはどうでしょうか?


子供部屋を1階につくれば、

自分たちの荷物を自分の部屋に持って行ってもらいやすいし、

自分たちの部屋を使ってくれやすくなるため、

リビングダイニングをいつもスッキリしたままで

保ちやすくなるのではないでしょうか?


仮に、あなたがダイニングには、

4人掛けのテーブルを置き、

そこで家族みんなで食事をし、

3人掛けのソファーをリビングに置きたい・・・

そうお考えであれば、

リビングダイニングキッチンの広さは

16帖もあれば十分です。


コスト的に十分なゆとりがない場合、

それ以上広くつくる必要はありません。

広げればその分、コストが上がるだけじゃなく、

散らかりやすい家になってしまうだけですからね。


ということで、出来るだけ広くしたいという

気持ちも分かりますが、

それよりも、いかに使いやすく住みやすいのか

という点に焦点を当てて

家づくりをしていただければと思います。


最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく