たとえリビングダイニングキッチンと言えど、やみくもに広くしない方が良い理由

リビングダイニングキッチンは、

窮屈にならないように出来るだけ広くしたい・・・

開放的で明るい場所にしたい・・

誰しもが、このようにお考えではないでしょうか?


ですが長きに渡り家づくりをしている経験で、

至った結論は、

"リビングダイニングキッチンにも適度な広さがある"

ということです。


とにかく、出来る限り広くつくった

リビングダイニングキッチンですが、

この空間がいつも一体どのような状況になっているのか?

と言うと・・



☑常にモノにあふれている


状態です・・・

片付けど片付けど、

3日もすれば元に戻っているという状態・・


いつもみんなが集まるリビング周りに

いろんなモノが集中するのはもちろん、

ダイニングテーブルとソファーの間に出来た余分な空間に、

子供たちが学校の塾のモノ、

そして制服やパジャマ、普段着などを、

そのまま置きっぱなしにするからです。


明日使うと分かっているものや、

いつも使うものを、

わざわざ2階まで持ち運びするのって

凄くめんどうなので、

仕方がないといえば仕方ないんですけどね・・



☑床面積が増えるとモノを置ける場所も増える・・・


リビングダイニングを広くした場合、

それに連動して広がるのは、

ダイニングとリビングの間のスペースなのですが、

ここに余白をつくりつつ、

2階に子供部屋をつくってしまうと、

リビングダイニングはたくさんのモノで溢れ、

雑然とした生活感満載の場所になってしまいます。


そして、片付いてないことで、

掃除がしにくくなり、

またホコリも溜まりやすくなってしまうため、

カビやダニも発生しやすくなり、

アレルギーなどの原因をつくりだしてしまうことになります。



☑広げた分だけ家のコストも高くなる


また、家の面積を広げると、

それに連動して家のコストも高くなってしまいます。


LDKを2帖広げようとすれば、

それだけで家の価格は60万円高くなってしまうし、

LDKを4帖広げようとすれば、

それだけで家の価格は120万円高くなってしまう

という感じに。


そのため、コスト面で考えてみても、

たとえリビングダイニングキッチンであろうとも、

必要以上に部屋を広げ過ぎないようにするべきである

ということが言えます。


わざわざお金をかけて、

余計に散らかりやすい家にしてしまっている・・・

といっても過言ではないわけですからね。


☑スッキリリビングを維持しやすい工夫


リビングダイニングを無駄に広くしても、

それが散らかる原因となってしまうのだとしたら、

リビングダイニングの広さを適度な広さにし、

当り前のように2階につくろうとする子供部屋を、

1階につくってみるというのはどうでしょうか?


子供部屋を1階につくれば、

自分たちの荷物を自分の部屋に持って行ってもらいやすいし、

自分たちの部屋を使ってくれやすくなるため、

リビングダイニングをいつもスッキリしたままで

保ちやすくなるのではないでしょうか?


仮に、あなたがダイニングには、

4人掛けのテーブルを置き、

そこで家族みんなで食事をし、

3人掛けのソファーをリビングに置きたい・・・

そうお考えであれば、

リビングダイニングキッチンの広さは

16帖もあれば十分です。


コスト的に十分なゆとりがない場合、

それ以上広くつくる必要はありません。

広げればその分、コストが上がるだけじゃなく、

散らかりやすい家になってしまうだけですからね。


ということで、出来るだけ広くしたいという

気持ちも分かりますが、

それよりも、いかに使いやすく住みやすいのか

という点に焦点を当てて

家づくりをしていただければと思います。


最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”