長期休暇は家計の敵!?

以前に比べて、

最近はなんだか休みが多くなったような気がしているのですが

さすがにあまりに休みが多いと、

一体どんな風にして過ごせば良いのか頭を悩ましませんか?

家に居たら居たで、間違いなく、

食べて、寝て、テレビ見て、の繰り返しの

ダラダラ生活になるだけですし、

また、そんな時間を過ごそうものなら、

子供たちからどこか連れて行けとせがまれそうだし・・

かといって、

外に行ったら行ったで、どんどんお金を使ってしまい、

見る見るうちにお財布のお金が減っていくことになるだけですし・・

ホント、休みが多いって、

嬉しいような悲しいような、

なんとも言えない微妙なコトだなーっと

思ってしまうのは私だけなのでしょうか?


世の中的には、

働き改革が進んでいることで、

もっと休みを取った方がいい!とか、

残業も減らした方がいい!

という流れになっていっています。


しかし、

働いている時間は、お金を稼ぐ時間であるのに対し、

休んでいる時間は、お金を使う時間であることから、

単純に休みが多くなればなるほど、

お金は手元からどんどん減っていってしまいます。

また、残業を減らし早く帰るようにすれば、

これまたお金を使う時間が増えてしまうことになります。

もちろん、

ストレスを抱えながら仕事をすることは良くないし、

今は、共働きが当たり前なので、

仕事と家庭の両立のためにも、

この働き方改革は必要不可欠なことなのかもしれません。

しかしながら、

こういった制度の上辺だけを見てしまうことで、

まるで休むことが正義のような考え方になってしまうと、

多かれ少なかれ、

あなたの手元からお金が減ってしまうことになります。



☑出て行くお金をいかに抑えるか?を考える


手元に残るお金を増やすためには、

収入を増やしつつ、

支出を減らすようにしなければいけないのですが、

手元に入ってくるお金を増やすことは、

とっても難しいものです。


例えば、給料の手取り金額を3万円上げたいと思えば、

給料を3万円増やせばいいのではなく、

5万円増やさないといけないのですが、

5万円も毎月の給料を上げようと思えば、


一体どれくらいの年月が必要でしょうか?


5年?10年?

あるいは、こんな景気が続くようならば、

このまま一生難しいかもしれませんよね?


もちろん、給料を増やすための努力は、

誰もがしなければいけません。

しかし、努力したから必ず増えるというものでもないので、

やはり、お金の使い方についてしっかり考え、

支出をコントロールすることが大切なのではないでしょうか?

例えば、家づくりにかける費用1つをとってみても、

毎月の返済を7万円でするのと、

毎月の返済を10万円でするのとでは、

毎月の自由に使えるお金が3万円も違ってきます。

これが35年もの間ずっと続くとなれば、

3万円×12ヶ月×35年=1260万円も、

自由に使えるお金が違ってくることになるのですが、

多くの方が、疑いもなく世の中の当たり前に従うことで、

より多くのお金をかけながら家づくりをしてしまいます。

一生に一回の買い物だから妥協したくない・・

という気持ちの方が強くなってしまうがゆえに。

しかし、この3万円が節約出来れば、

老後資金が1260万円も変わってくるし、

実は、視点を変えて家づくりをすれば、

3万円節約しながら、とってもいい家に住むことが出来ます。


その秘密は、

もちろん家そのものにもあるわけですが、


それだけではありません。

その秘密は、土地探しにも隠されています。

その秘密は、庭づくりにも隠されています。

ですから、あなたが、

これらの秘密を知ることで、

全てにおいて妥協することなく、

最小限のコストで最高の住まいをつくりたい・・・

そう願われるのであれば、

一度弊社にお越しいただければと思います。


例外なく全ての方に、

最小限のつくりで最大限の豊かさをお届けしますから。

最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”