家が広いだけで開放感があるわけではない

仮に、あなたが家づくりを具体的に考えていて、

色んな住宅会社に家を見に行っているとしたら、

“床面積23坪弱の家”と聞くと、

とてつもなく小さくて狭い家を

想像してしまうかもしれません・・

ましてや、家族4人がその広さのお家で暮らすとなれば、

なおのこと「そんな広さで大丈夫なの?」と、

思ってしまうことでしょう。

しかし、実際はそれぐらいの床面積があれば、

家族4人が住みにくさを感じることなく暮らしていくことが出来る、

ゆったりとした住まいをつくることが出来ます。


例えば、こちらのお家は、

延床面積23坪弱のお家ですが、

その面積からは想像がつかないスペースが確保されています。


まず、杉板張りのお洒落な玄関をくぐると、



玄関には、靴をたくさん置きながらも、

ベビーカーや冬服なども置いておける

土間収納が確保されています。




そして、寝室はもちろん、

2人分の子供部屋もゆったりと確保出来ています。




また、一般的な家は、

洗面と脱衣が一緒になっていることが当たり前ですが、

こちらのお家は、洗面室と脱衣室を仕切らせていただき、

かつ脱衣室だけで2帖という広さを確保させていただくことで、

脱衣室にタオルや下着が置けると同時に、

雨の日は脱衣室で室内干しが出来るようにしました。




しかも、この脱衣室から、

晴れた日の洗濯干場となるウッドテラスまでは、

わずか数歩で行けるし、

かつ、取り込んだ後の片付けもしやすいようにと、

ウッドテラスの近くに、

3帖のゆったりファミリークローゼットも

つくらせていただいています。


そして、こちらのお家で最も重視させていただいた空間は、

もちろんリビングダイニングキッチンです。




こちらのお家では、手前にあるタタミのスペースも合わせて、

20帖という圧倒的な広さにさせていただきました。




そして、リビングの向こうには、

4帖のウッドテラスが広がっているのですが、

このスペースをつくることで、

毎日の暮らしに彩りと豊かさをもたらしてくれます。


日中ずっと光をたっぷり採り込んでくれるし、

いつも家の中に居ながら外を感じさせてくれるし、

タタミに寝転がりながら空を眺めることが出来るからです。

いかがですか?

とてもじゃないけど、

23坪弱の床面積からは想像もつかないような

ゆったりした住まいだなと

感じていただけたのではないでしょうか?

また、ものすごく明るくて開放的な家だなと

感じていただけたのではないでしょうか?



☑コンパクトなのに明るくて開放的でゆったりしている秘密


こんなにコンパクトなお家なのに、

明るく開放的でゆったりしているように感じるのは、

このお家が“平屋”だからです。


平屋にすれば、階段や廊下を全てカットすることが出来るし、

全ての部屋が使いやすくなるため、

余分な部屋をつくる必要もなくなります。

結果、合理的に家をコンパクトにすることが出来、

2階建ての家よりもむしろ

安い価格で家を建てることが出来るようになります。

また、家がコンパクトになれば、

最小限の光熱費で温度差のない家にすることが出来るため、

より快適に過ごしていただけるようになります。


さらに、家の重心が低くなることで、

必然的に家の耐震性が高くなるのはもちろん、

同時に、家の耐久性も高くなります。

2階建てに比べて強風の抵抗も受けにくいし、

重量車両の通行による震動の影響も受けにくいからです。

また、上からかかる荷重も少ないからです。

このように、平屋には、

性能面でも、またコスト面でも素晴らしいメリットがあるので、

高そうという理由だけで、最初から諦めるのではなく、

ぜひ選択肢の1つとしてお持ちいただければと思います。

きっと、ほとんどの土地で、

平屋を建てることが出来るはずですから。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく