家が広いだけで開放感があるわけではない

仮に、あなたが家づくりを具体的に考えていて、

色んな住宅会社に家を見に行っているとしたら、

“床面積23坪弱の家”と聞くと、

とてつもなく小さくて狭い家を

想像してしまうかもしれません・・

ましてや、家族4人がその広さのお家で暮らすとなれば、

なおのこと「そんな広さで大丈夫なの?」と、

思ってしまうことでしょう。

しかし、実際はそれぐらいの床面積があれば、

家族4人が住みにくさを感じることなく暮らしていくことが出来る、

ゆったりとした住まいをつくることが出来ます。


例えば、こちらのお家は、

延床面積23坪弱のお家ですが、

その面積からは想像がつかないスペースが確保されています。


まず、杉板張りのお洒落な玄関をくぐると、



玄関には、靴をたくさん置きながらも、

ベビーカーや冬服なども置いておける

土間収納が確保されています。




そして、寝室はもちろん、

2人分の子供部屋もゆったりと確保出来ています。




また、一般的な家は、

洗面と脱衣が一緒になっていることが当たり前ですが、

こちらのお家は、洗面室と脱衣室を仕切らせていただき、

かつ脱衣室だけで2帖という広さを確保させていただくことで、

脱衣室にタオルや下着が置けると同時に、

雨の日は脱衣室で室内干しが出来るようにしました。




しかも、この脱衣室から、

晴れた日の洗濯干場となるウッドテラスまでは、

わずか数歩で行けるし、

かつ、取り込んだ後の片付けもしやすいようにと、

ウッドテラスの近くに、

3帖のゆったりファミリークローゼットも

つくらせていただいています。


そして、こちらのお家で最も重視させていただいた空間は、

もちろんリビングダイニングキッチンです。




こちらのお家では、手前にあるタタミのスペースも合わせて、

20帖という圧倒的な広さにさせていただきました。




そして、リビングの向こうには、

4帖のウッドテラスが広がっているのですが、

このスペースをつくることで、

毎日の暮らしに彩りと豊かさをもたらしてくれます。


日中ずっと光をたっぷり採り込んでくれるし、

いつも家の中に居ながら外を感じさせてくれるし、

タタミに寝転がりながら空を眺めることが出来るからです。

いかがですか?

とてもじゃないけど、

23坪弱の床面積からは想像もつかないような

ゆったりした住まいだなと

感じていただけたのではないでしょうか?

また、ものすごく明るくて開放的な家だなと

感じていただけたのではないでしょうか?



☑コンパクトなのに明るくて開放的でゆったりしている秘密


こんなにコンパクトなお家なのに、

明るく開放的でゆったりしているように感じるのは、

このお家が“平屋”だからです。


平屋にすれば、階段や廊下を全てカットすることが出来るし、

全ての部屋が使いやすくなるため、

余分な部屋をつくる必要もなくなります。

結果、合理的に家をコンパクトにすることが出来、

2階建ての家よりもむしろ

安い価格で家を建てることが出来るようになります。

また、家がコンパクトになれば、

最小限の光熱費で温度差のない家にすることが出来るため、

より快適に過ごしていただけるようになります。


さらに、家の重心が低くなることで、

必然的に家の耐震性が高くなるのはもちろん、

同時に、家の耐久性も高くなります。

2階建てに比べて強風の抵抗も受けにくいし、

重量車両の通行による震動の影響も受けにくいからです。

また、上からかかる荷重も少ないからです。

このように、平屋には、

性能面でも、またコスト面でも素晴らしいメリットがあるので、

高そうという理由だけで、最初から諦めるのではなく、

ぜひ選択肢の1つとしてお持ちいただければと思います。

きっと、ほとんどの土地で、

平屋を建てることが出来るはずですから。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお