美しい家にするために知っておくべきこと

誰もが羨ましがるような

お洒落でカッコイイ家にするために、

欠かせない絶対的な条件が、

“美しい外観であること”ではないでしょうか?

しかし、間取りの中に、

自分たちのあーしたい、こーしたいを

詰め込めば詰め込むほど、

それに反比例するかのように、

家の外観はどんどん不細工になってしまいます・・・


というのも、間取りや動線を指定されると、

その通りの図面を書くことしか出来なくなるし、

その上、窓の数や位置まで指定されると、

その通りの外観にするしかなくなるからです。

また、多くの方が、

間取り図だけを見て、

間取りの変更をしようとするのですが、

これも景観を損なう大きな要因となります。

窓の形やサイズがバラバラになったり、

設置する窓の高さがふぞろいになったり、

給湯器やエアコンのダクトカバーや、

2階トイレの配管、換気扇、樋(とい)などの

設計図やパースではなかったモノが、

“えっ?こんなところに!?”

という場所に出てきてしまったりするからです。


そのため、美しい家をつくるには、

間取りや動線、窓の数や位置を指定したり、

間取り図だけを見て間取りを変えないように

していただきたいのです。


つまり、土地に合わせて

設計士に提案してもらうことが大切だということです。

そして、その意図をきちんと説明してもらった上で、

どうするかを考えるようにすべきなんですよね。




例えば、こちらのお家は、

ご覧になればお分かりいただけるように、

とっても美しい外観なのですが、

その理由は、白と木の配色の美しさもありますが、

なにより余分な部材が限りなく少ないからです。

玄関があるこの東面は、

いわば家の顔となる正面なのですが、

この面には、エアコンの配管がありません。

そして、樋もありませんし、

換気扇の外部カバーも一切ありません。

また、給湯器もありませんし、

太陽光発電の外部に設置する部材なども一切ありません。

つまり、この面には、

外壁と必要最小限の窓と玄関ドアしかない

究極的にシンプルな外観であるというわけなのですが、

このように家の見え方にまで配慮しながら

間取りを考えていくことで、

家の外観の美しさが格段にアップします。

また、家が美しくなるだけじゃなく、

汚れの原因となる部材をなくしたことで、

家が汚れにくくなり、

その結果、塗り替えなどにかかる

メンテナンスコストを抑えることも出来ます。

さらに、外観が美しくなることで、

家の不細工さをカバーするための、

無駄な外構工事(庭の工事)費用も、

必要最小限に抑えることが出来るようになります。

家そのものが美しければ、

家だけで圧倒的な存在感が出るため、

引き立て役となる庭の装飾が一切必要なくなるからです。

まとめると、家の外観を美しくすることが出来れば、

誰もが羨ましがるような

素敵なお家で暮らすことが出来るだけじゃなく、

初期費用としてかかる外構工事費用や、

継続コストとしてかかる

メンテナンスコストもカットしてくれるため、

素敵なお家をより安く手に入れることが出来ます。


いかがですか?

こういった説明を受けるのと受けないのとでは、

図面に受ける印象が全く違ってくると思いませんか?


あなたに提案させていただくプランは、

動線はもちろんのこと、

景観やコスト、防犯やプライバシー、

そして耐震や住みやすいさなど全てについて

同時に考えながら出来上がったものです。


ですから、自分で住む家だから

自分で色々と考えたい気持ちも分かりますが、

本当に住みやすいことはもちろんのこと、

美しい外観にしたいとお考えであれば、

プロである設計士に

まずは任せてみていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”