家を建てる時にかかる必要経費

最終更新: 2月15日

住宅ローンの商品選びが出来て

毎月の返済金額と返済年数が決まれば、

銀行から借り入れする金額が決まります。


そして、その金額に自己資金を足せば、

家づくりの総予算が分かるのですが、

総予算が出たら、土地や建物への予算配分をする前に、

別途でかかる様々な経費を

先に差し引くようにしなければなりません。



では、一体どのような経費が

別途でかかってくるのでしょうか?



☑銀行にかかるお金


銀行で住宅ローンを借りる時、

いくつかの経費が必要となるのですが、

これは、変動型の商品を選ぶか?

または、固定型の商品を選ぶか?

によっても違ってきますし、

つなぎ融資に伴う手数料や金利なども

銀行によって違ってきます。


そのため、住宅ローン選びは、

金利だけに着目するのではなく、

こういった初期費用も加味しつつ

選ぶようにしなければいけません。



☑火災保険・地震保険


火災保険は、保険会社によって条件も費用も違います。

そして、家の構造によっても費用が大きく違ってくるし

加入する年数によっても費用が違ってきます。

(最長で加入できる期間は10年です)


また、保証範囲によっても費用が違ってくるし、

家だけの火災保険に加入するか?

または、家財まで加入するのか?

によっても費用が違ってきます。



例えば、省令準耐火構造(T構造)は、

一般の木造住宅よりも

60%ほど保険料が安く設定されているのですが、

これを10年で比較すると、25万円~30万円ほど

保険料が違ってきます。


また、火災保険の費用を大きく左右する1つが、

水災被害リスクが高い地域で家を建てるとなると、

必然的に、保証範囲が広くなり保険料が高くなってしまうし、

同時に、家財道具にも保険を掛ける可能性がたかくなるため、

さらに火災保険費用が高くなってしまうからです。


このように、火災保険も、

構造や地域によって火災保険の予算が違ってくるということを

理解しておく必要があります。


地震保険については、

どこの保険会社で加入しても費用は全く変わらないこと、

火災保険に加入しないと地震保険には加入できないこと、

最長で加入できる期間が5年であること、

省令準耐火構造かそうではないかで保険料が大きく異なる事、

耐震等級によって保険料の割引率が違ってくること、

などがあげられます。


また、加入できる保険料が、

火災保険で加入できる価格の半分までであるため、

もし地震によって家が倒壊したとしても、

保険料だけで建て替えが出来るわけではない

という事も、理解しておかないといけません。


地震の被害の度合いによって、

おりてくる保険料に差があるため、

思ったよりも保険がおりてこない可能性もありますしね。



☑登記費用


まず、土地を購入した場合、

『所有権移転登記』の費用が必要になります。

そして、土地代金を銀行から借り入れする場合、

銀行が、その土地を担保に取るための、

『抵当権設定登記』の費用が必要になります。


また、家が完成したときに行う登記が、

『建物表題登記』です。


住所・構造・面積といった内容について

法務局に備え付けるために行う登記です。


さらに、表題登記が出来れば、

『所有権保存登記』を行い、

その登記が完了したと同時に、

その建物に抵当権の追加設定を行うようになります。


この他、土地の地目が宅地じゃない場合、

地目を宅地に変更する『地目変更登記』が必要になったり、

その土地に建つ古い家の取り壊しをしないといけない場合、

『建物滅失登記』が別途で必要になることもあるので、

こういった費用も見落とさないようにしないといけません。


いかがでしたでしょうか?

これらが、いわゆる『諸経費』と呼ばれている費用です。

まずは、これらの費用を見落としたり、

安く見積もりすぎないように

気を付けていただければと思います。


最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”