開放的な家づくりの落とし穴

誰もが「明るくて開放的な家にしたい・・」

そうお考えになると思います。

一日中太陽の光がサンサンと降り注ぐ

ゆったりとした陽だまりのリビングで、

子供たちと共にのんびりと過ごす休日・・

朝日がたっぷりと射し込む気持ちいいダイニングで、

家族そろってテーブルを囲んで食べる朝食・・

家族みんなの元気な姿を見ながら、

食事の支度をすることが出来る

スペースも調理場も広々としたキッチン・・

今の暮らしでは実現出来ていないであろう

このようなライフスタイルを夢見て、

多くの方が家づくりをされるのではないでしょうか?


そして、その実現のために、

様々なアイデアを勉強し工夫を凝らします。

LDKの天井を高くしたり、

LDKを広くしたり、

LDKの窓を多くしたり、という風に。

しかし、これらのアイデアや工夫は、

確実にコストは上がるものの、

それだけで明るさや開放感が増すわけではありません。



☑リビングダイニングキッチンを広くつくり過ぎると・・・


リビングダイニングキッチンを広くすれば

それだけで開放感が出るような気がしますし、

一日の大半を過ごす場所でもあるので、

とにかくこの空間だけは、

出来る限り広くしたいと思われることでしょう。

しかし、広々としたリビングダイニングキッチンは、

実際暮らし出してみると、

当初の想像とはずいぶんと掛け離れた状態に

なってしまうのもまた一つの現実です。

というのも、

床面積が広がった分、床に余白が出来てしまい、

結果的に、そこに色んな荷物が置かれるからです。

あるいは、その荷物の収納として棚や家具を置くことで、

リビングダイニングが狭くなってしまうからです。



☑コストとスッキリのバランスを保つアイデア



しかも、リビングダイニングキッチンが広くなれば、

それに伴って家の価格も高くなってしまうし、

余ったスペースに置く家具を購入するとなれば、

その分さらに出費が増えてしまいます。

そのため、コストも不用意に上げることなく、

スッキリ感のあるリビングを

維持しやすくするためには、

単純に広くつくるよりも

別のアイデアが必要となります。


例えば、子供部屋を1階につくるというアイデアです。

今の家づくりでは、

子供部屋を2階につくることが

当たり前になっていますが、

1階につくるという選択肢があっても

いいのではないでしょうか?

子供部屋を1階につくれば、

間違いなくリビングに散乱する

子供たちの荷物を自分たちの部屋に

片付けてもらいやすくなると思いませんか?

いつも使うものを、

わざわざ2階まで持ち運びするのは、

とっても面倒臭いことですからね。

もし、子供部屋を1階につくることが出来れば、

子供部屋を2階につくるよりは、

遥かにリビングダイニングが片付きやすくなることでしょう。


結果、スッキリとした空間になりやすいし、

散らかってないリビングダイニングは、

掃除も楽なのではないでしょうか?

とはいえ、開放感溢れる住まいにしようと思えば、

リビングダイニングがスッキリしていることに加えて

さらなる別の要素が必要なので、

次回は、明るく開放的なリビングダイニングにするための、

2つ目のアイデアについてお伝えしていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく