開放的な家づくりの落とし穴

誰もが「明るくて開放的な家にしたい・・」

そうお考えになると思います。

一日中太陽の光がサンサンと降り注ぐ

ゆったりとした陽だまりのリビングで、

子供たちと共にのんびりと過ごす休日・・

朝日がたっぷりと射し込む気持ちいいダイニングで、

家族そろってテーブルを囲んで食べる朝食・・

家族みんなの元気な姿を見ながら、

食事の支度をすることが出来る

スペースも調理場も広々としたキッチン・・

今の暮らしでは実現出来ていないであろう

このようなライフスタイルを夢見て、

多くの方が家づくりをされるのではないでしょうか?


そして、その実現のために、

様々なアイデアを勉強し工夫を凝らします。

LDKの天井を高くしたり、

LDKを広くしたり、

LDKの窓を多くしたり、という風に。

しかし、これらのアイデアや工夫は、

確実にコストは上がるものの、

それだけで明るさや開放感が増すわけではありません。



☑リビングダイニングキッチンを広くつくり過ぎると・・・


リビングダイニングキッチンを広くすれば

それだけで開放感が出るような気がしますし、

一日の大半を過ごす場所でもあるので、

とにかくこの空間だけは、

出来る限り広くしたいと思われることでしょう。

しかし、広々としたリビングダイニングキッチンは、

実際暮らし出してみると、

当初の想像とはずいぶんと掛け離れた状態に

なってしまうのもまた一つの現実です。

というのも、

床面積が広がった分、床に余白が出来てしまい、

結果的に、そこに色んな荷物が置かれるからです。

あるいは、その荷物の収納として棚や家具を置くことで、

リビングダイニングが狭くなってしまうからです。



☑コストとスッキリのバランスを保つアイデア



しかも、リビングダイニングキッチンが広くなれば、

それに伴って家の価格も高くなってしまうし、

余ったスペースに置く家具を購入するとなれば、

その分さらに出費が増えてしまいます。

そのため、コストも不用意に上げることなく、

スッキリ感のあるリビングを

維持しやすくするためには、

単純に広くつくるよりも

別のアイデアが必要となります。


例えば、子供部屋を1階につくるというアイデアです。

今の家づくりでは、

子供部屋を2階につくることが

当たり前になっていますが、

1階につくるという選択肢があっても

いいのではないでしょうか?

子供部屋を1階につくれば、

間違いなくリビングに散乱する

子供たちの荷物を自分たちの部屋に

片付けてもらいやすくなると思いませんか?

いつも使うものを、

わざわざ2階まで持ち運びするのは、

とっても面倒臭いことですからね。

もし、子供部屋を1階につくることが出来れば、

子供部屋を2階につくるよりは、

遥かにリビングダイニングが片付きやすくなることでしょう。


結果、スッキリとした空間になりやすいし、

散らかってないリビングダイニングは、

掃除も楽なのではないでしょうか?

とはいえ、開放感溢れる住まいにしようと思えば、

リビングダイニングがスッキリしていることに加えて

さらなる別の要素が必要なので、

次回は、明るく開放的なリビングダイニングにするための、

2つ目のアイデアについてお伝えしていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”