明るく開放的な家にするための2つ目の工夫

誰もが、太陽の光が

たっぷり入ってきそうな方角には、

大きな窓をつくりたいと思うものです。

そして、実際家を建てる時には、

より家が明るくなるように、

太陽の光が期待出来る方角に、

少しでも大きな窓を、

少しでも多くつくることでしょう。

しかし、残念ながら、

外から見た時、大きな窓がたくさんあって

明るそうだなーと感じるお家のほとんどは、

家の中は、そのイメージとは裏腹に、

薄暗く閉鎖的な空間であるのが現実です・・・


では、なぜそのようになってしまうか?

そして、その悲しい現実を回避する方法について、

今回はお伝えしていきますね。

この秘訣を知っておくことは、

明るく開放的なリビングダイニングキッチンを

実現するために欠かせないことなので、

ぜひ参考にしていただければと思います。



☑外から丸見え問題


南側が開けている土地に家を建てる場合、

南側には大きな窓をつくります。

しかし、その家は、

外から家の中が丸見えになってしまう

という問題を抱えながら暮らすことになります。


そのため、その問題を解決するために、

丸見えとなる窓すべてにカーテンを付けることになります。


しかも、レースカーテンで、

視線を完全に遮断することが出来るなら、

それほど家の中は暗くなりにくいのですが、

現実は、光を通すレースカーテンだけでは、

依然、家の中が丸見えになるため、

遮光カーテンまで閉めることになります。

また、直射日光が暑過ぎるし眩し過ぎるため、

遮光カーテンどころか、シャッターまで

下ろしてしまっている家がありますが

こうなると、家の中に太陽の光が

全く入ってこなくなってしまいます。

そして、家の中が暗くなり、

家の中を明るくするために、

朝からずっと照明が必要になってしまうというわけです。

また、家の中が閉鎖的になってしまうというわけです。



☑窓本来の役割を果たしてもらうように設計する


そのため、明るく開放的な

リビングダイニングキッチンにするためには、

視線を遮断するために、

カーテンをしなければいけないような

窓をつくらないように設計しないといけません。

そして、視線を遮断するための

カーテンが必要のない家に出来れば、

家の中から外の景色が見えるようになり、

中と外がつながっているように感じるため、

圧倒的な広がりと開放感を感じることが出来ます。

また、家の中から窓を通して、

空を眺めることが出来るようにもなるため、

贅沢な気分で過ごすことが出来るようになります。

なにより、一日を通して、

光が安定的に室内に入ってくるため、

安定した明るさを保ち続けることが出来るようになります。

家の中に光をもたらすことは、

窓が担う大切な役割の1つです。

そして、家づくりで大切なことの1つが、

窓にその役割を充分果たしてもらうことです。

この結果、安定的に明るく、

開放感溢れる住まいが出来上がります。

ということで、

外から見たら明るくて開放感があるように見えるのに、

いざ、中に入ってみると、

薄暗くて閉鎖的な家にならないようにするために、

この真実を知っておいていただければと思います。

では、次回は開放感をさらに感じさせてくれる

アイデアについてお伝えしていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”