開放感を出すために天井を高くする必要はない?

リビングダイニングキッチンの開放感を高めるために、

“出来るだけ天井を高くしたい”

という要望をお聞きすることがあります。

確かに、リビングダイニングキッチンぐらい広ければ、

天井を高くするだけで、幾分開放感は高くなるでしょう。

しかし、わざわざコストを上げて

天井を高くしたとしても、

期待以上に開放感が出るのかというと

案外そうでもないというのが

現実ではないでしょうか?


では、その理由について、

お伝えしていきたいと思います。



☑理由1:天井・ドア・窓の高さが揃っていないから


たとえ天井を高くしても、

室内のドアや外に出られる大きな窓が、

天井の高さと揃っていなければ、

抜け感が感じられないため、

それほど空間に広がりが感じらません。


この写真の家のように、

窓と天井の間やドアと天井の間に

垂れ壁と呼ばれる中途半端な壁が出来るからです。




そのため、むやみに天井を上げるよりも、

下の写真のように、

室内のドアや外に出られる大きな窓を

天井の高さと揃えることをオススメしています。

その方が、より解放感が出るからです。




こうすることで、余分な線や凹凸がなくなり、

室内がとってもスッキリ見えるようになります。

また、天井まで光が拡散していくため、

空間全体がムラなく明るくなるという効果もあります。

どちらの方が、

明るく開放的な空間なのか?は、

ご説明するまでもなく一目瞭然ですよね?



☑理由2:カーテンが常に閉まっているから


そして、最初の写真のように、

いつもカーテンを閉めておかないといけないとしたら、

それだけで開放感が損なわれることになります。

外の景色は全く見えないし、

太陽の光もカーテンが遮断してしまうわけですからね。

そして、朝から照明をつけておかないといけなくなる

というわけです。

それゆえ、前回の記事でもお伝えしましたが、

いかにカーテンをしなくていいように出来るか?

ということを意識しながら設計する必要があります。




こちらの住まいのように、

リビングダイニングキッチンの窓に、

カーテンをつけなくて良いとしたら、

たくさんの光が外から入ってきます。

そして、その光がリビングダイニング全体に拡散して広がります。

また、カーテンがないことによって、

中から外の景色や、空を眺めることが出来るようになり、

より空間に広がりを感じることが出来ます。

結果、開放的な空間が出来上がるというわけです。



☑解放感を出すために、無駄なコストを掛ける必要なんてないっ!


この2つのルールを守りながら設計すれば、

リビングダイニングキッチンの床面積を無駄に広げなくても、

また、わざわざコストアップして天井を高くしなくても、

圧倒的な開放感を感じることが出来る

リビングダイニングキッチンをつくることが出来ます。

リビングダイニングキッチンは広くしたい・・

そうお考えになるかもしれませんが、

床面積を2帖広くすれば、

それだけで家の価格は50万円〜60万円高くなるものです。

4帖広くすれば、100万円〜120万円も高くなるものです。

家の恐ろしいところは、

この価格が高く感じなくなってしまう・・・というところです。

ですが、こういった負担の積み重ねが、

あなたの後々の暮らしを苦しくしていく

という事実から決して目を背けないでください。

ということで、より明るくて、

より開放的な住まいをつくるために、

無駄なコストは一切かける必要はない!

ということを覚えておいていただければと思います。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお