開放感を出すために天井を高くする必要はない?

リビングダイニングキッチンの開放感を高めるために、

“出来るだけ天井を高くしたい”

という要望をお聞きすることがあります。

確かに、リビングダイニングキッチンぐらい広ければ、

天井を高くするだけで、幾分開放感は高くなるでしょう。

しかし、わざわざコストを上げて

天井を高くしたとしても、

期待以上に開放感が出るのかというと

案外そうでもないというのが

現実ではないでしょうか?


では、その理由について、

お伝えしていきたいと思います。



☑理由1:天井・ドア・窓の高さが揃っていないから


たとえ天井を高くしても、

室内のドアや外に出られる大きな窓が、

天井の高さと揃っていなければ、

抜け感が感じられないため、

それほど空間に広がりが感じらません。


この写真の家のように、

窓と天井の間やドアと天井の間に

垂れ壁と呼ばれる中途半端な壁が出来るからです。




そのため、むやみに天井を上げるよりも、

下の写真のように、

室内のドアや外に出られる大きな窓を

天井の高さと揃えることをオススメしています。

その方が、より解放感が出るからです。




こうすることで、余分な線や凹凸がなくなり、

室内がとってもスッキリ見えるようになります。

また、天井まで光が拡散していくため、

空間全体がムラなく明るくなるという効果もあります。

どちらの方が、

明るく開放的な空間なのか?は、

ご説明するまでもなく一目瞭然ですよね?



☑理由2:カーテンが常に閉まっているから


そして、最初の写真のように、

いつもカーテンを閉めておかないといけないとしたら、

それだけで開放感が損なわれることになります。

外の景色は全く見えないし、

太陽の光もカーテンが遮断してしまうわけですからね。

そして、朝から照明をつけておかないといけなくなる

というわけです。

それゆえ、前回の記事でもお伝えしましたが、

いかにカーテンをしなくていいように出来るか?

ということを意識しながら設計する必要があります。




こちらの住まいのように、

リビングダイニングキッチンの窓に、

カーテンをつけなくて良いとしたら、

たくさんの光が外から入ってきます。

そして、その光がリビングダイニング全体に拡散して広がります。

また、カーテンがないことによって、

中から外の景色や、空を眺めることが出来るようになり、

より空間に広がりを感じることが出来ます。

結果、開放的な空間が出来上がるというわけです。



☑解放感を出すために、無駄なコストを掛ける必要なんてないっ!


この2つのルールを守りながら設計すれば、

リビングダイニングキッチンの床面積を無駄に広げなくても、

また、わざわざコストアップして天井を高くしなくても、

圧倒的な開放感を感じることが出来る

リビングダイニングキッチンをつくることが出来ます。

リビングダイニングキッチンは広くしたい・・

そうお考えになるかもしれませんが、

床面積を2帖広くすれば、

それだけで家の価格は50万円〜60万円高くなるものです。

4帖広くすれば、100万円〜120万円も高くなるものです。

家の恐ろしいところは、

この価格が高く感じなくなってしまう・・・というところです。

ですが、こういった負担の積み重ねが、

あなたの後々の暮らしを苦しくしていく

という事実から決して目を背けないでください。

ということで、より明るくて、

より開放的な住まいをつくるために、

無駄なコストは一切かける必要はない!

ということを覚えておいていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”