開放感を出すために天井を高くする必要はない?

リビングダイニングキッチンの開放感を高めるために、

“出来るだけ天井を高くしたい”

という要望をお聞きすることがあります。

確かに、リビングダイニングキッチンぐらい広ければ、

天井を高くするだけで、幾分開放感は高くなるでしょう。

しかし、わざわざコストを上げて

天井を高くしたとしても、

期待以上に開放感が出るのかというと

案外そうでもないというのが

現実ではないでしょうか?


では、その理由について、

お伝えしていきたいと思います。



☑理由1:天井・ドア・窓の高さが揃っていないから


たとえ天井を高くしても、

室内のドアや外に出られる大きな窓が、

天井の高さと揃っていなければ、

抜け感が感じられないため、

それほど空間に広がりが感じらません。


この写真の家のように、

窓と天井の間やドアと天井の間に

垂れ壁と呼ばれる中途半端な壁が出来るからです。




そのため、むやみに天井を上げるよりも、

下の写真のように、

室内のドアや外に出られる大きな窓を

天井の高さと揃えることをオススメしています。

その方が、より解放感が出るからです。




こうすることで、余分な線や凹凸がなくなり、

室内がとってもスッキリ見えるようになります。

また、天井まで光が拡散していくため、

空間全体がムラなく明るくなるという効果もあります。

どちらの方が、

明るく開放的な空間なのか?は、

ご説明するまでもなく一目瞭然ですよね?



☑理由2:カーテンが常に閉まっているから


そして、最初の写真のように、

いつもカーテンを閉めておかないといけないとしたら、

それだけで開放感が損なわれることになります。

外の景色は全く見えないし、

太陽の光もカーテンが遮断してしまうわけですからね。

そして、朝から照明をつけておかないといけなくなる

というわけです。

それゆえ、前回の記事でもお伝えしましたが、

いかにカーテンをしなくていいように出来るか?

ということを意識しながら設計する必要があります。




こちらの住まいのように、

リビングダイニングキッチンの窓に、

カーテンをつけなくて良いとしたら、

たくさんの光が外から入ってきます。

そして、その光がリビングダイニング全体に拡散して広がります。

また、カーテンがないことによって、

中から外の景色や、空を眺めることが出来るようになり、

より空間に広がりを感じることが出来ます。

結果、開放的な空間が出来上がるというわけです。



☑解放感を出すために、無駄なコストを掛ける必要なんてないっ!


この2つのルールを守りながら設計すれば、

リビングダイニングキッチンの床面積を無駄に広げなくても、

また、わざわざコストアップして天井を高くしなくても、

圧倒的な開放感を感じることが出来る

リビングダイニングキッチンをつくることが出来ます。

リビングダイニングキッチンは広くしたい・・

そうお考えになるかもしれませんが、

床面積を2帖広くすれば、

それだけで家の価格は50万円〜60万円高くなるものです。

4帖広くすれば、100万円〜120万円も高くなるものです。

家の恐ろしいところは、

この価格が高く感じなくなってしまう・・・というところです。

ですが、こういった負担の積み重ねが、

あなたの後々の暮らしを苦しくしていく

という事実から決して目を背けないでください。

ということで、より明るくて、

より開放的な住まいをつくるために、

無駄なコストは一切かける必要はない!

ということを覚えておいていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく