泥棒が狙いたいと思わない家

“昔の家は玄関の鍵なんてかけなかった・・”

近所にどんな人が住んでいるのかを、

しっかり把握していた時代は、

そんな状態が当たり前だったと、

たびたび耳にすることがあります。

しかしながら、時代の経過と共に、

地域のコミュニティが希薄になってしまった現在では、

とてもじゃないけど、

こういうわけにはいきません。


そのため、毎日を安心して

過ごしていくようにするためにも、

昔に比べて、防犯対策を

自分自身で万全にしておくことが、

家づくりでは欠かせない要素となります。


ありがちな一軒家を思い浮かべてみてください・・・


その家は、1階の日当たりが良い場所に

大きな窓がありますね。

そこは、間違いなくリビングです。

裏に回って目線の高さに窓があれば、

そこはキッチンです。

さらに、キッチンから近い場所にある小さな窓は、

トイレや洗面そしてお風呂に通じているでしょう。

丁寧に格子まで付けてくれていれば100%確定です。


2階はベランダに面していくつか窓があり、

そのうちのどれかが主寝室で、あとは子供部屋です。

そして、部屋とは高さがそろわない窓があれば、

そこが間違いなく階段というわけです。


いくら、敷地がブロック塀や

フェンスに囲まれているとはいえ、

外から窓を見ただけで、

こんなに簡単にある程度間取りが分かってしまう家は、

果たして防犯性の高い家と呼べるでしょうか?


混沌とした時代になり、

犯罪が増えることが予想される今後、

本当に安心して暮らしていくことが出来る

家なのでしょうか?


☑意外と思いつかない防犯対策


では、玄関ドアを施錠することは当たり前として、

他に、一体どのような防犯対策が考えられるでしょうか?


防犯カメラを設置する。

警備会社と契約をする。

窓には強化ガラスを使う。

玄関ドアの鍵を何重にも設定する。

防犯砂利を敷く。

敷地の塀を高くし有刺鉄線をつける。


このように、いくつかのアイデアは出てくることでしょう。

しかし、1つだけ意外と思い浮かばないアイデアがあります。


それは、そもそも“家のカタチを見直す”ということです。

SIMPLE NOTEでは、外観から大きな窓を一切なくした家を

よくご提案させていただきます。


こうすることで、

外から家の中を想像することが難しくなり、

防犯性能を高めることが出来るからです。


もちろん、大きな窓がなくなるというわけではなく、

つくっても問題がない場所に

大きな窓をつくることによって、

光や風はしっかり確保しています。


大きな窓を外壁からなくしてしまえば、

敷地のブロックや植栽などによって、

外からの視線を遮断する必要もなくなります。

外壁がそのまま塀の役割までも

同時に果たしてくれるからです。


結果、庭に掛ける無駄なコストを

大幅にカットすることが出来ます。


また、先程ご紹介したアイデアのように

余分なコストを掛けてまで、

家の防犯性を高める必要もなくなるため、

その分もコストもカットすることが出来ます。


ということで、

窓がほとんどないカッコイイ家は、

ただ単にデザインだけを重視した家ではなく、

防犯性にも配慮したお家である

ということをご理解いただければと思います。


そして、それが結果的に、

防犯対策のための外構工事や、

それ以外の無駄な防犯対策のコストを

全てカットすることが出来るという事実を、

ご理解いただければと思います。


最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく