泥棒が狙いたいと思わない家

“昔の家は玄関の鍵なんてかけなかった・・”

近所にどんな人が住んでいるのかを、

しっかり把握していた時代は、

そんな状態が当たり前だったと、

たびたび耳にすることがあります。

しかしながら、時代の経過と共に、

地域のコミュニティが希薄になってしまった現在では、

とてもじゃないけど、

こういうわけにはいきません。


そのため、毎日を安心して

過ごしていくようにするためにも、

昔に比べて、防犯対策を

自分自身で万全にしておくことが、

家づくりでは欠かせない要素となります。


ありがちな一軒家を思い浮かべてみてください・・・


その家は、1階の日当たりが良い場所に

大きな窓がありますね。

そこは、間違いなくリビングです。

裏に回って目線の高さに窓があれば、

そこはキッチンです。

さらに、キッチンから近い場所にある小さな窓は、

トイレや洗面そしてお風呂に通じているでしょう。

丁寧に格子まで付けてくれていれば100%確定です。


2階はベランダに面していくつか窓があり、

そのうちのどれかが主寝室で、あとは子供部屋です。

そして、部屋とは高さがそろわない窓があれば、

そこが間違いなく階段というわけです。


いくら、敷地がブロック塀や

フェンスに囲まれているとはいえ、

外から窓を見ただけで、

こんなに簡単にある程度間取りが分かってしまう家は、

果たして防犯性の高い家と呼べるでしょうか?


混沌とした時代になり、

犯罪が増えることが予想される今後、

本当に安心して暮らしていくことが出来る

家なのでしょうか?


☑意外と思いつかない防犯対策


では、玄関ドアを施錠することは当たり前として、

他に、一体どのような防犯対策が考えられるでしょうか?


防犯カメラを設置する。

警備会社と契約をする。

窓には強化ガラスを使う。

玄関ドアの鍵を何重にも設定する。

防犯砂利を敷く。

敷地の塀を高くし有刺鉄線をつける。


このように、いくつかのアイデアは出てくることでしょう。

しかし、1つだけ意外と思い浮かばないアイデアがあります。


それは、そもそも“家のカタチを見直す”ということです。

SIMPLE NOTEでは、外観から大きな窓を一切なくした家を

よくご提案させていただきます。


こうすることで、

外から家の中を想像することが難しくなり、

防犯性能を高めることが出来るからです。


もちろん、大きな窓がなくなるというわけではなく、

つくっても問題がない場所に

大きな窓をつくることによって、

光や風はしっかり確保しています。


大きな窓を外壁からなくしてしまえば、

敷地のブロックや植栽などによって、

外からの視線を遮断する必要もなくなります。

外壁がそのまま塀の役割までも

同時に果たしてくれるからです。


結果、庭に掛ける無駄なコストを

大幅にカットすることが出来ます。


また、先程ご紹介したアイデアのように

余分なコストを掛けてまで、

家の防犯性を高める必要もなくなるため、

その分もコストもカットすることが出来ます。


ということで、

窓がほとんどないカッコイイ家は、

ただ単にデザインだけを重視した家ではなく、

防犯性にも配慮したお家である

ということをご理解いただければと思います。


そして、それが結果的に、

防犯対策のための外構工事や、

それ以外の無駄な防犯対策のコストを

全てカットすることが出来るという事実を、

ご理解いただければと思います。


最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお