メリットとデメリットの共存

窓からサンサンと降り注ぐ太陽・・

リビングダイニングキッチン全体に満遍なく行き届く光・・

高く広がる圧倒的な空間・・

青空にプカプカと浮かぶ雲を眺めながら、

ソファーでボーッと過ごす休日の朝・・・






これらは、吹抜けをつくることによって得られる

日常のシーンなのですが、

“吹抜けをつくると寒くなる・・・”

というネガティブなイメージが存在することから、

「吹抜けはつくりたくない!」

と思われている方が、

結構いらっしゃるのではないでしょうか?


確かに、吹抜けをつくれば、

その分体積も広くなるし、

暖かい空気は、冷たい空気よりも軽いため、

上の方に暖かい空気が逃げていってしまいます。

そのため、そのイメージはあながち間違ってはいません。


しかし、敷地条件によっては、

“吹抜け”が必要な場合もあるし、

そうじゃない土地の場合でも、

“吹抜け”をつくることで

様々なメリットを得ることが出来るため、

そのデメリットを最小化する工夫をしなければいけません。


☑吹抜けのデメリットを最小化する3つの工夫


まず1つ目の工夫は、

“断熱性と気密性を高めること”です。

つまり、外部からの影響を受けにくくし、

中の空気を逃がしにくくするということですね。


2つ目の工夫は、“床暖房をつける”ということです。

足元が暖かくなれば、

体感温度がグンとアップするからです。


エアコンの空気は、足元まで届かないまま

自然と吹抜けに逃げていってしまいやすいですからね。


足元から暖めることによって、

熱が逃げるデメリットを最小化するというわけです。


そして、最も大事なのが3つ目の工夫です。

それは、“家を出来るだけ小さくする”ということです。


面積を小さくすれば、

それに連動して体積が少なくなり、

結果、冷暖房効率が高くなりやすいからです。


過度に1つ目の工夫をすれば、

家のコストを上げてしまいます。

また、2つ目の工夫も、

確実に家づくりのコストを上げてしまいます。


しかし、この3つ目の工夫は、

逆に家づくりのコストを抑えてくれる

というメリットを持っています。


そのため、3つ目の工夫を取り入れることで、

1つ目や2つ目の工夫によって増えるコストを

意識的に調整することをオススメしています。


あれもこれもと欲張ることで、

予算オーバーしてしまうと、

経済的に苦しくなってしまうだけですからね。


とはいえ、家を小さくするためには、

あなたの中の常識を

他の方が持っている常識とは

変えていただかなくてはいけません。


家を小さくするためには、


家の中にあるいくつもの無駄を

合理的になくしていかないといけないからです。

ということで、

無駄にコストを上げてしまわないためにも、

当たり前やこれまでの常識にとらわれず、

プラスとなる要素ばかりじゃなく、

マイナスとなる要素も知った上で、

家づくりをしていただければと思います。


最新記事

すべて表示

これからの家づくりで心がけておくべきこと

「コンクリートの値段がけっこう上がったんで、 基礎工事の値段をちょっと上げてもらえませんか?」 先日、基礎屋さんから このようなご相談があったのですが、 ここ最近、コンクリートだけに限らず、 建築資材の価格が徐々に上がってきています。 また、国が指定する耐震や断熱に対する基準が、 厳しくなったことから、 以前に比べ、そもそもの建築コスト自体も 高くなっているのが現在の家づくりです。 そして、それに

正しい資金計画をするために知っておくべきこと

“厚生年金の加入要件を満たしながら、 国民年金にしか入っていない労働者が 約156万人に上ることが、 厚生労働省の推計で分かった。 厚生年金に加入しないと将来の年金額は少なくなる。” これは、企業側が従業員と折半して支払うことになる 厚生年金の保険料負担を嫌がった結果、 こういう状況になってしまっているということです。 そして、そんなことをしている企業が、 なんと全国で約40万もあるということでし

"日当たりが悪い土地=暗い家になる"という嘘

例えば、土地面積が50坪以下と小さく、 かつ、敷地の南側に2階建ての家が建っている土地で 家を建てなければいけないとしたら、 あなたなら、どのようにお家を建てて欲しいと 住宅会社にご希望されますか? 出来るだけ敷地の南側に距離をとってもらって、 一番南側に配置してもらいたいリビングに、 少しでも光が入ってきやすいようにしてもらいますか? 南からの光は諦めて、 東から光を採り込んでもらうようにしても