日当りが良い土地こそ、すべきじゃないこと



この家は、最も日当たりが良いとされている

東南角地の土地に建つ家です。

しかし、ご覧いただければ分かるように、

この家の正面である南側には、

上から下まで伸びたスリット窓しかありません。

せっかく日がよく当たる方角なのに、です・・・


でも、たったこれだけの窓しかないにも関わらず、

家の中は、驚くほど明るいです。

そして、その明るさは、

日の出から日の入りまでずっと安定的に続くため、

日中は電気をつける必要が一切ありません。


では、常識をくつがえすかのように、

南側に窓がたったこれだけしかないにも関わらず、

なぜ、そんなに家が明るいのか?

そして、なぜその明るさが安定的に一日中続くのか?

についての秘訣を、

今回はお伝えしていきたいと思います。


☑吹抜けからの採光を有効に利用しているから





冒頭の外観写真をご覧いただくと

お分かりいただけますが、

この縦に延びたスリット窓を設置してある場所は、

あえて少し凹ませています。


この理由は、太陽高度が高く、

ほぼ真上から射し込んでくる夏の直射日光を、

出来るだけ室内に入れないようにするためです。

夏の直射日光が室内に入り過ぎると、

家の中が暑くなってしまいますからね。


他方、夏よりも太陽高度が低くなる冬には、

この吹抜けの窓から

たくさんの光が射し込んでくるので、

リビングダイニングキッチンの

最北に位置する暗くてジメジメしてしまいがちなキッチンが、

朝から明るくて気持ちいい場所になります。


かつ、ダイニングにもたっぷりと

眩いばかりの光が射し込んでくるので、

清々しい気分で朝食を食べられますしね。





そして、このスリット窓部分を

凹ませている理由がもう1つ。

それは、太陽の光の採り込み方の工夫です。


このスリット窓は、

南面の一番東側に設置しているのですが、

これは、朝から昼にかけての午前は、

直射日光を出来るだけ家の中に入れるようにし、

日差しが厳しくなる夕方にかけての午後は、

直射日光ではなく、壁に反射した間接光を

家の中に採り込むようにしてあるからです。


この窓の位置1つをとってみても、

設置する場所を間違えてしまうと、

日差しが厳しく日焼けの原因となってしまう

西からの直射日光を家の中に

長時間採り込んでしまうことになるので、

窓の位置まで考えながら設計しているというわけです。


このように一日中、そして一年中、

安定して光を室内に採り込むことが出来れば、

後は、家の中の壁に反射した光が、

家全体に広がっていってくれます。

そして、家全体を優しく明るい光が

包んでくれることになります。


ということで、

常識とされている南に大きな窓を設置せずとも、

家の中は驚くほど明るくなる

という事実があることを、

ご理解いただければと思います。

知らず知らずの間に受け入れてしまっている

常識に捕われ過ぎることで、

住みにくい家をつくってしまい、

後悔しないように気を付けてください!


最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお