予算計上を忘れがちな項目

更新日:2月15日

家づくりをするとき、

住宅ローン火災保険、登記といった諸経費に、

結構な費用がかかりますが、

これ以外にもさらに様々な経費が掛かってきます。



まず予算計上しておくべきなのが、

『地盤改良工事費用』です。


この工事は、地盤調査をしてみないと

必要になるかどうかもわからなければ、

地盤の状態や建てる家の形状などによって、

掛かってくる費用もバラバラです。


つまり、間取りが決まり、配置が決定するまでは、

調さも出来ない為、工事着工の寸前まで、

改良費用が必要になるかならないかが分からない上、

もし、改良判定がでたとしても、

費用が全く一定ではないということなのです。


そのため、最悪の事を想定した上で、

余裕をもって予算計上しておくことをオススメ致します。


もし、改良判定が出なければ、

その分、家づくりの費用を浮かすことも出来れば、

浮いた費用をエクステリアや家具などに

充てても良いですからね。



続いて、新たに購入する

『家具』や『家電』などの費用です。



家電で、まずは必要となるのが、

『ルームエアコン』です。


リビングダイニング用だけなのか?

寝室用も購入するのか?

子供部屋の分も購入するのか?


など、具体的に決めておくことで、

より正確な資金計画を行うことが出来るようになります。


また、テレビ・冷蔵庫・洗濯機といった

大型の家電製品なども、

家づくりと同時に買い替えたいとお考えの方も

多いのではないでしょうか?


特に、年中無休で使用する冷蔵庫やテレビなどは、

エアコンよりも多く電気を消費していることから、

古い型を使用している方は、

無駄に電気代を高くしてしまわない為にも、

買い替えた方が良い場合もあるので、

家電の購入コストまで予算計上しておくことを

オススメしています。


ダイニングテーブルと椅子のセット

ソファーにローテーブルにテレビボードなど

リビングダイニングに置くことになる家具は、

オシャレな家にするためには、

とっても必要な要素になります。


さらに引っ越しにかかる費用も、

予算計上しておくべきです。

自分達だけで引っ越し業者に頼むのか?

重たい物だけを引っ越し業者に頼むのか?

全て引っ越し業者に頼むのか?

によって値段が変わってきますからね。


また、引っ越し代金は、

引っ越しの時期や日によっても、

値段が違ってくることになるので、

こういった点も考慮しながら予算計上していきます。


この他、テレビやインターネットなどの通信工事費用も、

予算計上しておかないといけない項目ですし、

地鎮祭の時の費用や、上棟の時の費用なども、

忘れずに予算計上しておいていただければと思います。


いかがでしたでしょうか?

恐らく、考えている以上に

いろんなお金がかかると感じられたのではないでしょうか?


これらの予算計上をし忘れた状態で、

家づくりをすすめてしまえば、

土地や家に予算を掛けすぎてしまい、

住宅ローンにその負荷がかかってきたり、

もしものために残していた貯金などに

手を付けざるを得ない状態になってしまいます。


ですから、まずは別途でかかってくる費用が、

自分たちはどれくらい必要なのか?を

ご理解いただいた上で、土地を探すようにし、

家の設計をしてもらってください。


順番を間違えてしまうと、

後から取返しが付かないことになってしまいますから。


最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお