予算計上を忘れがちな項目

更新日:2021年2月15日

家づくりをするとき、

住宅ローン火災保険、登記といった諸経費に、

結構な費用がかかりますが、

これ以外にもさらに様々な経費が掛かってきます。



まず予算計上しておくべきなのが、

『地盤改良工事費用』です。


この工事は、地盤調査をしてみないと

必要になるかどうかもわからなければ、

地盤の状態や建てる家の形状などによって、

掛かってくる費用もバラバラです。


つまり、間取りが決まり、配置が決定するまでは、

調さも出来ない為、工事着工の寸前まで、

改良費用が必要になるかならないかが分からない上、

もし、改良判定がでたとしても、

費用が全く一定ではないということなのです。


そのため、最悪の事を想定した上で、

余裕をもって予算計上しておくことをオススメ致します。


もし、改良判定が出なければ、

その分、家づくりの費用を浮かすことも出来れば、

浮いた費用をエクステリアや家具などに

充てても良いですからね。



続いて、新たに購入する

『家具』や『家電』などの費用です。



家電で、まずは必要となるのが、

『ルームエアコン』です。


リビングダイニング用だけなのか?

寝室用も購入するのか?

子供部屋の分も購入するのか?


など、具体的に決めておくことで、

より正確な資金計画を行うことが出来るようになります。


また、テレビ・冷蔵庫・洗濯機といった

大型の家電製品なども、

家づくりと同時に買い替えたいとお考えの方も

多いのではないでしょうか?


特に、年中無休で使用する冷蔵庫やテレビなどは、

エアコンよりも多く電気を消費していることから、

古い型を使用している方は、

無駄に電気代を高くしてしまわない為にも、

買い替えた方が良い場合もあるので、

家電の購入コストまで予算計上しておくことを

オススメしています。


ダイニングテーブルと椅子のセット

ソファーにローテーブルにテレビボードなど

リビングダイニングに置くことになる家具は、

オシャレな家にするためには、

とっても必要な要素になります。


さらに引っ越しにかかる費用も、

予算計上しておくべきです。

自分達だけで引っ越し業者に頼むのか?

重たい物だけを引っ越し業者に頼むのか?

全て引っ越し業者に頼むのか?

によって値段が変わってきますからね。


また、引っ越し代金は、

引っ越しの時期や日によっても、

値段が違ってくることになるので、

こういった点も考慮しながら予算計上していきます。


この他、テレビやインターネットなどの通信工事費用も、

予算計上しておかないといけない項目ですし、

地鎮祭の時の費用や、上棟の時の費用なども、

忘れずに予算計上しておいていただければと思います。


いかがでしたでしょうか?

恐らく、考えている以上に

いろんなお金がかかると感じられたのではないでしょうか?


これらの予算計上をし忘れた状態で、

家づくりをすすめてしまえば、

土地や家に予算を掛けすぎてしまい、

住宅ローンにその負荷がかかってきたり、

もしものために残していた貯金などに

手を付けざるを得ない状態になってしまいます。


ですから、まずは別途でかかってくる費用が、

自分たちはどれくらい必要なのか?を

ご理解いただいた上で、土地を探すようにし、

家の設計をしてもらってください。


順番を間違えてしまうと、

後から取返しが付かないことになってしまいますから。


最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく