予算計上を忘れがちな項目

最終更新: 2月15日

家づくりをするとき、

住宅ローン火災保険、登記といった諸経費に、

結構な費用がかかりますが、

これ以外にもさらに様々な経費が掛かってきます。



まず予算計上しておくべきなのが、

『地盤改良工事費用』です。


この工事は、地盤調査をしてみないと

必要になるかどうかもわからなければ、

地盤の状態や建てる家の形状などによって、

掛かってくる費用もバラバラです。


つまり、間取りが決まり、配置が決定するまでは、

調さも出来ない為、工事着工の寸前まで、

改良費用が必要になるかならないかが分からない上、

もし、改良判定がでたとしても、

費用が全く一定ではないということなのです。


そのため、最悪の事を想定した上で、

余裕をもって予算計上しておくことをオススメ致します。


もし、改良判定が出なければ、

その分、家づくりの費用を浮かすことも出来れば、

浮いた費用をエクステリアや家具などに

充てても良いですからね。



続いて、新たに購入する

『家具』や『家電』などの費用です。



家電で、まずは必要となるのが、

『ルームエアコン』です。


リビングダイニング用だけなのか?

寝室用も購入するのか?

子供部屋の分も購入するのか?


など、具体的に決めておくことで、

より正確な資金計画を行うことが出来るようになります。


また、テレビ・冷蔵庫・洗濯機といった

大型の家電製品なども、

家づくりと同時に買い替えたいとお考えの方も

多いのではないでしょうか?


特に、年中無休で使用する冷蔵庫やテレビなどは、

エアコンよりも多く電気を消費していることから、

古い型を使用している方は、

無駄に電気代を高くしてしまわない為にも、

買い替えた方が良い場合もあるので、

家電の購入コストまで予算計上しておくことを

オススメしています。


ダイニングテーブルと椅子のセット

ソファーにローテーブルにテレビボードなど

リビングダイニングに置くことになる家具は、

オシャレな家にするためには、

とっても必要な要素になります。


さらに引っ越しにかかる費用も、

予算計上しておくべきです。

自分達だけで引っ越し業者に頼むのか?

重たい物だけを引っ越し業者に頼むのか?

全て引っ越し業者に頼むのか?

によって値段が変わってきますからね。


また、引っ越し代金は、

引っ越しの時期や日によっても、

値段が違ってくることになるので、

こういった点も考慮しながら予算計上していきます。


この他、テレビやインターネットなどの通信工事費用も、

予算計上しておかないといけない項目ですし、

地鎮祭の時の費用や、上棟の時の費用なども、

忘れずに予算計上しておいていただければと思います。


いかがでしたでしょうか?

恐らく、考えている以上に

いろんなお金がかかると感じられたのではないでしょうか?


これらの予算計上をし忘れた状態で、

家づくりをすすめてしまえば、

土地や家に予算を掛けすぎてしまい、

住宅ローンにその負荷がかかってきたり、

もしものために残していた貯金などに

手を付けざるを得ない状態になってしまいます。


ですから、まずは別途でかかってくる費用が、

自分たちはどれくらい必要なのか?を

ご理解いただいた上で、土地を探すようにし、

家の設計をしてもらってください。


順番を間違えてしまうと、

後から取返しが付かないことになってしまいますから。


最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”