平屋を建てる上で注意すべきこと

最終更新: 5月25日

2階建てより耐震性と耐久性に優れ、

2階建てより使いやすさと住みやすさに優れた平屋を、

2階建てよりもコストを抑えながら建てられるということ。

かつ、平屋にすることで、

メンテナンスや将来の増築といった

ランニングコストをグンと安く抑えられるということ。


さらに、そんな平屋が、

みんなが2階建を建てるために買っている広さでも

充分建てることが出来るため、

土地代に余分な予算も全くかからないこと。


以上のようなメリットが平屋にはあるというお話を、

前回まで5回に渡ってさせていただきました。

しかし、そのメリットを全て享受するためには、

あることに注意しておかなければいけません。


では、そのあることとは一体何でしょう?



☑平屋のデメリットとは?


平屋にした場合、

全ての部屋が1階になるのですが、

そのデメリットは、

日当たりが良い土地の場合、

リビングや各居室が全て

外からの視線にさらされやすくなってしまう・・

(丸見えになってしまうということですね)

ということです。


そして、その視線を遮るため、

全ての大きな窓にカーテンを設置し、

しかも、そのカーテンを

すっと閉めっぱなしにしてしまいます。


また、大きな窓は防犯的に不安だし、

台風の時も不安だからと、

それらの窓全てにシャッターを設置するようになります。

そして、その結果、

家の外観も美しいものではなくなってしまいます。


もちろん、カーテンやシャッターといった

余分な製品に多大なコストが、

かかってくることにもなりますしね。

これが、日当たりがいい土地で考えられるデメリットです。


続いて、日当たりが悪い土地の場合ですが、

このような土地だと、たとえ大きな窓つくっても、

家の中が薄暗くなってしまう可能性が高くなります。

隣の家との距離が充分に取れないからです。


結果、朝からずっと

電気をつけてないといけない家になってしまいます。


ですから、平屋を建てる場合、

この丸見えと薄暗さの両方を解決する必要があります。

つまり、、、



☑プライバシーと明るさを両立させる


ことが、非常に大切だということなんですよね。

そして、そのためには光の採り方を、

土地によって変えなければいけません。

そして、カーテンをしなくてもいい窓を

つくるようにしなければいけません。

カーテンをしたら窓から入ってくる光を

防いでしまうことになるからです。


例えば、日当たりが良い土地の場合、

必ずしも南向きに窓をつくることが正解だとは限りません。


いや、むしろ、

カーテンやシャッターだけじゃなく、

庭に目隠しまで必要となり、

さらなる出費を招くため、

予算的に考えても間違いだと言っても過言ではないでしょう。


日当たりが悪い土地の場合も、

必ずしも一番南にリビングを配置するのが正解だとは限りません。


いや、むしろ、

隣の家との距離が充分に空いていない場所に、

リビングを配置したら、

ほぼ確実に光を遮断してしまうため、

間違いだと言っても過言ではないでしょう。


ということで、平屋を建てる時は、

日当たりが良い場合、日当たりが悪い場合、

いずれの場合も、それぞれで起こる可能性がある

デメリットをよく考えた上で、

間取りを考えるようにしていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”