30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、

30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。

「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が

前年比6ポイント増の23.1%になり、

平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。

同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」

と分析している。

貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、

40代は同120万円減の196万円だった。”


新聞にこのような記事が掲載されていたのですが、

30代・40代の「平均貯蓄額約200万円」という数字は、

かなりリアルな数字ではないでしょうか?


夫婦そろって頑張って働いているものの、

なかなか思うようにお金が貯まっていかない・・・

いやむしろ、貯まるどころか、

少しずつ貯蓄を切り崩さざるを得なくなっている・・・

という現実に直面している方が、

けっこういらっしゃるはずですからね。


何せ、所得がなかなか増えていかない一方で、

税や社会保険は徐々に上がっているし、

子どもたちにかかる費用も年々増えていっている・・

という状況に直面しているわけですからね。


ということで、今回は、

平均的な貯蓄額200万円のご夫婦(30代)が、

そろそろ家を建てたいなーと思った場合、

一体どのように家づくりをすべきなのか?

について、一緒に考えていきたいと思います。


では、ご主人の税込年収を400万円、

奥さんの税込年収を100万円、

合わせて年収500万円のご家族だと

仮定して考えていってみます。


まず、貯蓄額が200万円のご家族の場合、

頭金(自己資金)として入れられるお金は、

0円もしくは、多くて50万円程度ではないでしょうか?


もしもの時のための費用として、

ご主人の手取金額の半年分ぐらいの貯蓄は

キープしておきたいところですからね。


となると、家づくりにかかるほぼ全ての費用を、

銀行から借入れすることによって

まかなわなければいけないということになります。


そして、このご家族の場合、

理想的な借入額としては2500万円までであり、

よく頑張ったとして2800万円が上限だと思います。


返済金額になおしてみれば、

金利1%の全期間固定の住宅ローンを35年返済で組んだ場合、

2500万円で毎月の返済が7万円ぐらいであり、

2800万円で8万円ぐらいということですね。



☑毎月の返済10万円は現実的なのか?


しかし、現実は、

家づくりにもっと多くの予算をかけている方が、

数多くいらっしゃるのではないでしょうか?

また、そうしようとしているのではないでしょうか?


例えば、土地代に1000万円かかり、

家代に2000万円かかり、庭代に200万円かかり、

諸経費に300万円かかるとしたら、

この場合の総予算は3500万円ですが、

みんなと同じように新しく販売された分譲地を購入し、

みんなと同じような4LDKの2階建ての家を建て、

みんなと同じような庭をつくれば、

普通にこれくらいの予算がかかってしまいます。


そして、3500万円を全額借りるとなれば、

毎月の返済は10万円という金額になります。

もし、現在あなたが払っている家賃が7万円だとしたら、

これはかなりしんどい金額ではないでしょうか?


この出費の増加に伴って、

手取りが3万円増えれば、

まだいいかもしれませんが、

単純に出費が増えるとなれば、

貯蓄に回す余裕がさらになくなるどころか、

今の貯蓄まで食い潰していくことになりますからね。


そして、ずっと不安を抱えたまま暮らすことになり、

心にゆとりがなくなってしまうし、

それが結果的に、夫婦関係がギクシャクしていってしまう

原因となってしまいます。


これでは、何のために家を建てたのやら・・・

ということになってしまいますよね?


ということで、

家づくりをする時は、

貯蓄出来る余力を残しながら、

無理のない予算でしていただければと思います。


そして、そのためには、

予算を抑えながら家を建てないといけないので、

次回はその具体的な方法について

お伝えしていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお