家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。

面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、

面積が小さくなれば、家の価格は安くなる

ということですね。


そのため、家の品質や性能を損なうことなく

家の価格を最小限に抑えるためには、

家をコンパクトにする必要があります。


とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、

使いにくく住みにくい家に

なってしまう可能性があるので、

カットしていいところとしてはいけないところの

見極めが大切になってくるんですよね。


では、今回は、

家の予算圧縮するために

カットして良さそうなところについて

一緒に考えていってみたいと思います。



☑家の中でカットしていいところって?


・廊下って必要?


「絶対に廊下が欲しい!」と思っている方は、

おそらくゼロじゃないでしょうか?

でも、気がついたら

出来てしまっているのがこの廊下です。


2階建ての家の場合は、なおのことです。

2階につくった各々の部屋やトイレ、

収納などへと続く通路が必要になるからです。


もちろん、この廊下にも、

部屋や収納と同じようにコストがかかっているので、

ただ単に通るだけの廊下をカットすることが出来れば、

その分、家にコストは安くなりますよね?


廊下がなくなることによって、

家の中に出来る温度差も緩和することが出来るので、

快適性もよりアップするわけですしね。


・和室って必要?


来客用や、もしもの時に備えて、

1階に和室をつくるのが

家づくりの1つの常識となっています。


しかし、たまにしか使わないことのために、

本当にもう1室余分に

部屋をつくる必要があるのでしょうか?

わざわざ200万円も

余分にコストをかけてまでして、です。


とはいえ、1階がリビングだけになってしまうと、

確実に片付けがしにくい家になってしまうし、

ずっと使い勝手が悪い家になるでしょうし、

将来、増築という無駄な出費を招く恐れがあります。


そのため、和室をなくすためには、

1階を、より充実させる間取りづくりを

意識していただく必要があるんですよね。


・部屋の広さってそれだけ必要?


住宅展示場を見に行くと、

寝室が10帖ありませんでしたか?

そして、パッと見た瞬間

「うわー!こんなゆったりとした寝室憧れるなー!!」

と思いませんでしたか?


でも、実際のところ、

寝室ってこんなに広く必要なんでしょうか?


というのも、

ほとんどの時間をリビングで過ごすからです。

つまり、寝室はただ寝るだけの部屋だから、です。


また、それに加えて、

現在は化粧台やタンスを嫁入り道具として

持ち込むこともなければ、

テレビも薄型になり

場所をとらなくなっているので、

なおのこと部屋を広くとる必要がないですからね。


子ども部屋も然りです。

というのも、子供たちは

確実にやがて家を出ていくからです。

そして、そのほとんどの子が

出て行ったきり帰ってくることもないからです。


そのため、子ども部屋というのは、

子どもたちの部屋としてだけ考えるのではなく、

その後の用途のことも考えて

つくるようにすべきだし、

同時に、無駄に広くつくる必要もないんですよね。


いかがですか?


このように考えてみると、

家の面積を小さくすることが出来るわけですが、

こういった1つ1つの積み重ねが、

家のコストを圧縮する上で、

非常に大切な要素となってきます。


結果、家だけに限らず、

光熱費や固定資産税も安くなるし、

土地の面積もカット出来るようになり、

土地代や土地の固定資産税も安くなります。


ということで、

建てた後の暮らしによりゆとりが持てるように、

家をコンパクトにすることについて、

真剣に考えてみていただければと思います。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお