家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。

面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、

面積が小さくなれば、家の価格は安くなる

ということですね。


そのため、家の品質や性能を損なうことなく

家の価格を最小限に抑えるためには、

家をコンパクトにする必要があります。


とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、

使いにくく住みにくい家に

なってしまう可能性があるので、

カットしていいところとしてはいけないところの

見極めが大切になってくるんですよね。


では、今回は、

家の予算圧縮するために

カットして良さそうなところについて

一緒に考えていってみたいと思います。



☑家の中でカットしていいところって?


・廊下って必要?


「絶対に廊下が欲しい!」と思っている方は、

おそらくゼロじゃないでしょうか?

でも、気がついたら

出来てしまっているのがこの廊下です。


2階建ての家の場合は、なおのことです。

2階につくった各々の部屋やトイレ、

収納などへと続く通路が必要になるからです。


もちろん、この廊下にも、

部屋や収納と同じようにコストがかかっているので、

ただ単に通るだけの廊下をカットすることが出来れば、

その分、家にコストは安くなりますよね?


廊下がなくなることによって、

家の中に出来る温度差も緩和することが出来るので、

快適性もよりアップするわけですしね。


・和室って必要?


来客用や、もしもの時に備えて、

1階に和室をつくるのが

家づくりの1つの常識となっています。


しかし、たまにしか使わないことのために、

本当にもう1室余分に

部屋をつくる必要があるのでしょうか?

わざわざ200万円も

余分にコストをかけてまでして、です。


とはいえ、1階がリビングだけになってしまうと、

確実に片付けがしにくい家になってしまうし、

ずっと使い勝手が悪い家になるでしょうし、

将来、増築という無駄な出費を招く恐れがあります。


そのため、和室をなくすためには、

1階を、より充実させる間取りづくりを

意識していただく必要があるんですよね。


・部屋の広さってそれだけ必要?


住宅展示場を見に行くと、

寝室が10帖ありませんでしたか?

そして、パッと見た瞬間

「うわー!こんなゆったりとした寝室憧れるなー!!」

と思いませんでしたか?


でも、実際のところ、

寝室ってこんなに広く必要なんでしょうか?


というのも、

ほとんどの時間をリビングで過ごすからです。

つまり、寝室はただ寝るだけの部屋だから、です。


また、それに加えて、

現在は化粧台やタンスを嫁入り道具として

持ち込むこともなければ、

テレビも薄型になり

場所をとらなくなっているので、

なおのこと部屋を広くとる必要がないですからね。


子ども部屋も然りです。

というのも、子供たちは

確実にやがて家を出ていくからです。

そして、そのほとんどの子が

出て行ったきり帰ってくることもないからです。


そのため、子ども部屋というのは、

子どもたちの部屋としてだけ考えるのではなく、

その後の用途のことも考えて

つくるようにすべきだし、

同時に、無駄に広くつくる必要もないんですよね。


いかがですか?


このように考えてみると、

家の面積を小さくすることが出来るわけですが、

こういった1つ1つの積み重ねが、

家のコストを圧縮する上で、

非常に大切な要素となってきます。


結果、家だけに限らず、

光熱費や固定資産税も安くなるし、

土地の面積もカット出来るようになり、

土地代や土地の固定資産税も安くなります。


ということで、

建てた後の暮らしによりゆとりが持てるように、

家をコンパクトにすることについて、

真剣に考えてみていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく