土地は土地代だけで買えるものではない

土地を購入するときかかるのは土地代だけだと考えている方に読んでいただきたいお話。



土地を購入するためには、

土地代以外に別途でかかってくる経費がありますし、

家を建てるにしても、

家だけじゃなくエクステリアの工事も同時にする必要があるので、

これら全てにかかるコストを理解した上で、

土地探しや家づくりを進めるべきです。


という事で、

一体どの様な経費がかかってくるのか?

についてお話していきたいと思います。


では、まず土地購入に際して、

必要になる経費からご説明していきますね。



☑不動産屋さんに支払う仲介手数料


土地の販売形態は2通りあり、

1つ目は、不動産屋さんが土地を買い、

造成し販売するという形態。


そしてもう一つは、

一般の方が持っている土地を、

仲介して販売するという形態です。


前者の場合は、

持ち主自体が不動産屋さんであるため、

仲介手数料はかからないのですが、


後者の場合は、

不動産屋さんに仲介手数料を支払わなくてはいけません。


一般的には、その金額は、

『(土地代×3%+6万円)×消費税』なので、

土地を購入しようと思えば、

この経費がかかってくるということを

覚えておいてください。



☑水道加入金と水道引込工事


そして、土地を購入すれば、

必要となってくるのが、

市役所に支払う水道を使用するための権利金です。


この金額は、

設置する水道メーターの口径によっても違ってきますし、

その基準となる口径も市町村ごとに違うので、

購入前に、この金額も把握しておかなければいけません。


また、不動産屋さんが新しく造成した分譲地は、

現在の基準に合わせた水道が敷地内に引き込まれている為、

新たに水道を道路から敷地内に引き込む必要はありませんが、

そうじゃない土地を購入する場合は、

敷地内に水道が引き込まれていない場合が多々あるので、

その場合は、工事費用が別途で必要となります。


あるいは、もともと家が建っていて、

例え水道が引き込まれていたとしても、

その口径が現在の基準に満ちていなければ、

新たに引込みし直さないといけません。


そうすると、水道引込費用に加えて、

加入金の追加費用も発生することになるので、

こういったことも購入前に調査し、

一体どれくらいの費用が必要になるのか?を

把握することが大切になります。



☑排水負担金


下水道が完備している地域では、

この経費は必要じゃないのですが、

浄化槽を設置しなければいけない地域では、

排水路を管理している組合に、

排水負担金を納めなければいけない場合があります。


これも地域によって金額も違いますし、

最初に支払うだけでいいものなのか?

毎月ずっと納めないといけないものなのか?

も違うため、この項目についても、

購入前に把握しておくことが大切になります。



☑境界基礎と境界壁の工事費用


境界基礎と境界壁の費用も、

土地を購入するにあたって、

必ず必要となる経費です。


とはいえ、この境界に関しては、

隣との中間に造るか?

あるいは、自分の敷地の中に造るか?

で費用が異なります。

(隣との中間に造る場合は、半分ずつの負担になります)


また、境界壁に関しては、

どのようなモノを設置するのかによっても、

費用が違ってきます。


そのため、道路以外に接している境界が、

どれくらいの長さがあるのか?

それぞれの境界はどのような状況になっているのか?

その工事にどのくらいの費用が必要になるのか?

を、把握していただく事が大切となります。


このように土地を購入しようと思えば、

土地代以外にも様々な経費がかかってきます。

そして、この金額は、

購入する土地によって違います。


ですので、こういった費用がかかるということも

ご理解いただいた上で、

自分たちが土地に掛けられる予算が一体どれくらいなのか?

を算出するようにしていただければと思います。




最新記事

すべて表示

無理に家賃よりローンを上げるべきではない理由

家の希望を上げていると予算オーバーになりがちで家賃より少しぐらい高くなっても大丈夫と考えてしまう方へ読んでほしいお話。 家を建てる誰もが、 たくさんのご要望をお持ちだと思いますが、 家はただ単に要望から出来上がるものではなく、 環境(敷地条件)に合わせてつくるものですし、 また、予算を守りながら建てることが、 何より大切なことです。 そのため、必ず予算を決めてから 家づくりをスタートさせることを

良い家を最小限のコストで建てるための知識

良い家を必要最小限のローコストで建てる為の知識のお話。 家の価格は面積に最も左右されるため、 コストを抑えるためには、 出来るだけ家をコンパクトにすることが、重要なポイントとなります。 とはいえ、住みやすさを保ちつつ 家をコンパクトにすることは、 決して簡単なことではなく、 そのためには、 必要なスペースは残しつつ、 不必要なスペースだけを 省いていく必要があります。 ☑子供部屋について考える 子

マル祐戸田建築株式会社​​

〒431-1303 静岡県浜松市北区細江町三和165-4

Tel 0120-450-502 Fax 053-542-1876

  • Instagram

©Wix.com で作成されたホームページです。

S!MPlE NOTE

浜松北Studio