「穴が空いている=弱い」という思い込み

“お風呂場に置く椅子の真ん中には、

なぜ穴が空いているのでしょうか?”


1.お尻が椅子に引っ付きにくいから?

2.椅子に水が溜まりにくくなるから?

3.指が入れられて持ち運びしやすいから?

4.椅子とセットで使う桶が差し込めるから?


さて一体どれなんでしょうか?


先日テレビをボーッと観ていると、

このような内容が放送されていたので、

興味津々で観ていたのですが、

この答えって分かりますか?


この答えがなんだったのか?と言うと、

先程の選択肢のどれでもなく、

実は、真ん中に穴を開けることで、

強度を増しているとのことでした。

上からかかる荷重を、

うまく分散させているということのようです。


我が家では、そもそも風呂場に

椅子を置いていないので、

私も含めて、誰1人として

この答えが分からなかったのですが、

言われてみると、確かにその通りだなと、

1人感心しながら納得していたのでした。



☑中庭って耐震的には悪いんじゃないですか?



椅子の真ん中に穴が空いているってなると、

強くなるというより、

逆にグラグラして弱くなるんじゃないかって、

普通は考えてしまいますよね。


“中庭”があるお家は、

耐震性が悪いんじゃないか?

と、思ってしまうのと同じように。


しかし、このお風呂の椅子同様に、

“中庭”があるお家も耐震性が悪いのか?

と言うと、全くそうではありません。


というのも、中庭をつくることで、

プライバシーを守りながら、

室内にたっぷり光を採り込めるようになるので、

結果的に、家の外周部に、

大きな窓を設置する必要がなくなり、

柱と壁をたくさんつくることが出来るからです。


つまり、家の外周部に、

柱や壁がたくさん出来ることにより、

構造が安定し耐震性が高くなるというわけですね。



☑耐震性をアップさせるための工夫


また、より耐震性に優れた家にするために、

基本2階をつくらないようにしています。


2階をつくれば、

2階からの荷重がかかるようになるし、

2階部分は1階部分に比べて、

風の抵抗や車両通行による

揺れの影響を受けやすくなるからです。


そのため、敷地にゆとりがある限り、

出来るだけ1階に部屋を

配置するようにしているというわけです。


つまり、家の基本を“平屋”から始めていき、

敷地におさまりきらなかった場合のみ、

2階に載せていくという考え方で、

設計プランをつくっていくというわけですね。


2階により多くの部屋をつくってしまうと、

2階が重くなってしまい、

単純に耐震性が悪くなっていってしまいます。


細かい仕切りが多くなり、

柱や壁が増えてしまいがちな2階に対して、

LDKという大空間をつくる1階は、

柱や壁が少なくなりがちな上、

より多くの光を採りこむために、

大きな窓をつくってしまいやすく、

さらに柱や壁が減ってしまいがちだからです。


また、2階建ては、

間取りにたくさんの規制が出来てしまうし、

変な場所に壁や柱が出来てしまいやすくなります。


その点、出来るだけ1階だけで

家をつくるようにすれば、

耐震面を心配することなく、

採光的にも、プライバシー的にも、

防犯的にも優れた、より暮らしやすい

お家がつくりやすくなります。


もちろん、家の外観を、

格段にカッコ良く、お洒落にしながらです。


ということで、

そんなお家をご覧になってみたい・・

そうお考えになられたら、

ぜひ、弊社の住まいを見に来ていただければと思います。

いつでも、ご案内させていただきます。



最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお