アメリカ西海岸テイストのお家

広大な青空の下でたたずむ白いシンプルなお家。












アメリカの西海岸風に、

幅の広い板を1枚1枚丁寧に

重ね張りして仕上げているかのような

ラップサイディング調の真っ白な外壁材を使用し、

アクセントとして、

屋根を空と同じブルーで仕上げたこちらのお家。


家の顔となる玄関面と、

一番人目に触れる道路面には、

換気扇、エアコンの配管、樋といった

外観を乱す余分な部材を全て排除し、

究極にシンプルに仕上げさせていただきました。


結果、ただ単純に、

シンプルで美しい見た目になるだけじゃなく、

外壁に汚れを付きにくくさせ、

長きに渡って美しいファサードを

保ちやすくしています。


では、今回は、

こちらのお家について、

お伝えしていきたいと思います♪


こちらのお家は、

冒頭でもご紹介させていただいたように、

外観はもちろんのこと、

内装の仕上げもまた、

アメリカ西海岸テイストになっています。












床材には、“アカシア”という個性的な無垢の床材を

選ばれているのですが、

この床材の個性を最大限に引き出すために、

こちらのお家は、床材以外の全ての仕上げを

基本的に白一色で統一させていただきました。


壁の色、天井の色、室内のドアの色、棚の色

キッチンの色、サッシの色、照明器具の色、

といった全ての部材をです。

(キッチン背面の棚は木目にしています)

このように家の中に使う色を、

2色のみに絞ることで、

統一感あるスッキリした仕上がりになるのはもちろん、

入居後に置くダイニングテーブルや

ソファーやベッドといったインテリア家具も、

ずいぶんと統一して選びやすくなります。


また、よりスッキリ感を出すために、

家の中に使う部材も減らしていたり、

より空間に広がりが感じられるような

工夫を施していたりします。


例えば、窓の周りに設置する窓枠を使っていません。

また、外に出られる大きな窓は、

天井と同じ高さに合わせていますし、

同時に、室内のドアの高さも

天井と同じ高さに合わせています。


さらに、ドアは壁と同化するように

フラットタイプのモノを使っていますし

そのドアに付けるドア枠も使っていません


このような工夫を施した結果、

空間に出来る凸凹を最小限に抑えることが出来、

よりスッキリした空間に仕上がっていますし、

より明るくて開放的な空間になっている

というわけなんです。






















そして、西海岸テイストと言えば、

欠かせないのが“ウッドデッキ”ですね。


こちらのお家は、

家族でバーベキューを楽しむことが多い

ということだったので、

ゆったりと使えるように、

また知人や友人をたくさん招いて楽しめるように、

豪快に12帖という広さで仕上げさせていただきました。


もちろん、せっかくつくったウッドデッキを

ふんだんに使っていただけるようにするためにも、

道行く人たちからの視線が一切気にならないように

間取りの工夫もさせていただいています。


プライバシーも確保されたウッドデッキなら、

子どもたちも自由に遊び回ることが出来そうですね。


いかがですか?


昼間は、デッキからだけじゃなく、

リビングからもダイニングからも、

そしてキッチンからも、

いつでも空を眺めることが出来るし。

夜は、星が美しく輝く夜空を眺めることが出来るので、

自宅に居ながらも、非日常感を味わいながら、

素敵な時間を過ごしていただけそうなこちらのお家。


このように、日常の暮らしが

より豊かになるような素敵な住まいを、

弊社はご提供していきたいと思っています。


もし、あなたが、

シンプルでオシャレな家を建てたいとお考えであれば、

かつ、いつまでも暮らしやすい住まいを

無理のない価格で実現したいとお考えであれば、

ぜひ一度、弊社の住まいを

見に来ていただければと思います。


きっと、あなたの家づくりの視野も一気に広がるし、

同時に家づくりに対する様々な不安も

一気に払拭されるはずですから!

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく