イニシャルコストとランニングコスト

家の大きさは、

単純に建築費用を左右するだけじゃなく、

それに付随して様々な費用も左右します。


例えば、40坪の家と25坪の家では、

冷暖房の消費電力も違ってきます。

面積が広くなった分体積も大きくなるからです。


また、40坪の家と25坪の家では、

建物にかかる固定資産税や

都市計画税も違ってきます。


では、土地の広さに関してはどうでしょうか?

もちろん、25坪の家を建てるよりも、

40坪の家を建てる方が、

より広い土地が必要となりますよね?


そして、土地の面積が広がるとともに

土地の固定資産税や都市計画税も高くなります。

また、土地が広くなれば、

その分、外構工事費用も高くなってしまいます。


つまり、家の大きさは、

単純に建築コストに影響を与えるだけじゃなく、

こういった費用にも大なり小なり、

影響を及ぼすというわけですね。



☑家をコンパクトにするためには?


そのため、家づくりの予算を抑えるためには、

家を大きくしないことが重要なのですが、

とはいえ、やみくもに家を小さくしたのでは、

住みにくい家をつくってしまうことになるので、

必要・不必要をよく精査しなければいけません。


例えば、“廊下”などは、どうでしょうか?


廊下は、部屋と部屋をつなぐための、

ただ通るだけのスペースなのですが、

この廊下をつくることによって、

家の中には温度差が生まれやすくなります。


廊下へと続くドアは、

基本ずっと閉めっぱなしになるからです。


結果、夏は涼しい部屋と暑い部屋の差が

極端に出てしまうことになります。

また、冬は暖かい部屋と寒い部屋の差が、

極端に出てしまうことになります。

これが、廊下がもたらす状況ですね。


この廊下にも、部屋や収納と同じように

コストがかかっています。

換算すると1㎡あたり約15万円ですね。


仮に、この廊下が全体で6帖あるとしたら、

その面積は10㎡となり、

そこには150万円ものコストがかかっている

ということになるのですが、

単純にこれっていらないと思いませんか?


部屋の数や広さなども、

廊下同様によく考えてみてもいいところです。


例えば、お子さんが3人いらっしゃるとして、

それぞれの子どものために、

6帖ずつの広さで部屋をつくってあげるとしたら、

6×3=18帖というスペースが必要になります。


しかし、子どもたちは、

かつてあなたがそうしたように、

やがて出て行くのではないでしょうか?

つまり、ずっとその部屋を

使い続けるわけじゃないということです。


この子ども部屋にも、

廊下同様にコストがかかっています。


18帖という広さには、

約450万円コストがかかっているのですが。

もし、この広さを縮めることが出来るとしたら

建築コストを抑えることが出来るようになります。


そして、その浮いたお金を、

違うことに使えるようになります。

子どもたちと遊びに行く費用や、

子どもたちの教育資金といった費用に、です。


これらは、ほんの一部ですが、

少しずつでも、無駄かもしれない部分を

カットすることが出来れば、

家をコンパクトにすることが出来、

結果、余分な建築コストと、

それに付随する余分なコストを、

抑えることが出来るようになります。


そして、その浮いたお金を、

暮らしをより豊かにするためのコトに

使っていただけるようになります。


一生に一回の買い物だから妥協したくない・・

後悔したくないからやりたいことを全部詰め込みたい・・

この気持ちも分かります。


しかし、その強い想いに縛られすぎて、

あなたのこれからの大切な人生を

犠牲にするようなことだけは、

絶対にしないでください。


あなたのこれからのためにも、

そして未来ある子どもたちを育てていくためにも、

もっと現実的に、もっと合理的に、

家づくりを考えていただければと思います。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお