窓の存在意義

窓は、外からの“光”を

室内に採り込むために存在します。

窓は、外からの“風”を

室内に採り込むために存在します。


この2つの機能を果たすために

窓は存在しているのですが、

この2つの機能を

しっかり果たしてもらうためには、

窓のつくり方を熟考する必要があります。


というのも、ただ単に

窓をたくさんつくっただけで、

その機能がうまく果たせるわけではなく

むしろ、その機能を、

逆に殺してしまっているお家がたくさんあるし、

窓を多くつくればつくるほど、

無駄に建築コストがかさんでしまうだけだからです。


例えば、大きな窓をつくったとしても、

家の中が外から丸見えになってしまうとしたら、

そこにはカーテンを付けざるを

得なくなってしまいますよね?

となると、カーテンが

光を防いでしまうことになります。


また、その窓に防犯的に

不安を感じてしまうとしたら、

そこにはシャッターを付けたくなってしまうし、

窓の向こうに障害物がなく

風の当たりが厳しそうだったり、

風によって物体が飛んできそうだったり、

直射日光の厳しい日差しが

たくさん入ってきそうだとしたら、

そこにはシャッターを付けたくなってしまいます。


そして、そのシャッターを、

ずっと閉めたままにしてしまったとしたら?


ですよね・・

そこは壁があるのと同じなので、

そもそも、そこに窓をつくった意味が

なくなってしまうということですよね?


そのため、間取りを考える時には、

窓の機能を殺してしまう

カーテンやシャッターを付けなくていいような

窓の配置を考えなくてはいけません。


また、位置だけじゃなく、形やサイズ、

そして使用するガラスのことまで、

よく考えて設置していくようにします。


このように窓を考えていくと、

窓の本数を必要最小限に抑えることが出来ます。


そして、その結果、

窓にかかる建築コストを

最小限に抑えることが出来るようになります。

また、カーテンがいらないように設計出来れば、

カーテン費用もいらなくなるので、

さらに建築コストを抑えることが

出来るようになるんですよね。



☑使えない窓を省くことによる数々のメリット


その1:断熱性能が高くなる


窓が少なくなるということは、

イコール壁の数が多くなるということでもあります。

となると、窓よりも断熱性能に優れた断熱材が

施工される箇所がより多くなるということになります。

その結果、必然的に断熱性能は高くなります。


その2:収納力が高くなる


窓が少なくなり、壁が多く出来るということは、

室内側の壁面積が増えるということでもあります。

となると、より収納を増やすことが出来ます。


収納力は、いかに床面積を広げたか?

で決まるものではなく、

いかに壁面をうまく利用出来たか?

によって決まるものだからです。


そのため、収納をより充実させるためには、

収納の中によりたくさんの壁をつくりつつ、

空間の余白を有効利用してやる必要があります。


また、収納だけじゃなく部屋においても、

壁面をしっかり確保しておけば、

家具なども置きやすくなるし、

棚なども設置しやすくなり、

空間の余白をより有効利用しやすくなります。


その3:外壁が汚れにくくなる


窓が少なくなることによる

3つ目のメリットは、

外壁の汚れ箇所を減らすことが出来る

ということです。


というのも、

外壁の汚れの最大の原因は窓だからです。

窓の上に貯まった土ほこりが、

雨によって垂れ流されることによって

出来る垂れジミですね。


結果、外観を長く美しく保ちやすくなるし、

もっと長い目で見た時、

外壁の塗り替えにかかるメンテンンス費用を、

少しでも抑えることも出来るようになります。


いかがでしたか?

窓のつくり方に工夫が出来れば、

以上のようなメリットを

もたらしてくれるようになります。


窓がたくさんあるから、

明るくて開放的な家になるわけではありません。

窓がたくさんあるから、

風通しがいい家になるわけでもありません。


逆に、窓が少ないから、

暗くて閉塞感のある家に

なるわけでもありませんし、

風通しが悪い家になるわけでもありません。


この事実をご理解いただき、

より少ないコストで、

よりいい家を建てていただければと思います。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお