「節約」だけじゃなく「節税」の意識も必要

“日本ではここ数十年、

税と社会保険料の負担が増え続けています。

朝日新聞の2018年6月3日の記事による試算によれば、

一般の働く世帯の1ヶ月あたりの税と社会保険料の負担は、

平成の30年間で約34,000円も増加。

上昇率は36%、年間換算では約40万円になります。

加えて、物価も上がりました。

現在、アベノミクスはインフレ誘導に懸命ですが、

平成の約30年間の推移で見る限り物価はすでに1割上昇。

税と社会保険料の負担増と合わさり、

一般世帯からどんどん現金が流出する流れが

顕著になっています。


深刻なのは、これだけの高負担を

国民に強いているにもかかわらず、

国の財政が悪化し続けていることです。

国の借金総額は約1100兆円という

途方もない額まで膨らみました。

それにより、今後さらに

税と社会保険料の負担が増える可能性は

極めて高いと考えられます。”


なんとも暗い話から始めてしまった

今回のブログですが、

この記事に書かれた問題は、


自分も含め、全ての方にとって

切っても切り離せないことだし、

これから家づくりをするにあたっては、

この問題と向き合いながら資金計画を立て、

家づくりの予算編成を行わなければいけません。



☑「節約」は当たり前。「節税」を意識する時代。


税と社会保険料の負担増が止まらない時代を

生き抜いていくためには、

自分自身で準備し、

自力でその流れに対抗するしかありません。


そして、そのために

まずすべきことは「節約」です。

例えば、購入する車の費用を抑える、

外食の頻度を減らす、嗜好品を我慢する、

などがありますが、

家づくりにかける費用もまた節約すべき1つです。


みんなが、掛けているからといって、

あなたも同じようにお金を掛けてしまうと、

30年後、非常に苦しい生活を強いられる可能性が

グンと高くなってしまうでしょう。


そのため、家づくりをする前に、

自分たちの経済的状況に合わせた

資金計画を練る必要があります。

周りの話に振り回されることなく、です。


また、これからは、

誰しもが「節税」を意識する必要があります。

家を建てると適用となる

「住宅ローン控除」はもちろん、

家族みんなの病院や薬局でかかった

費用に応じて税金が安くなる

「医療費控除」も積極的に使うべきだし、

個人型確定拠出年金のiDeCoなども、

掛金が全額所得控除となるため、

誰もが利用すべき制度ではないでしょうか?


この他、NISAやつみたてNISAなども、

投資に対するネガティブな先入観から、

多くの方が敬遠しがちですが、

キャピタルゲイン(売買差益)から発生する

約20%の税金が非課税になるので、

前向きに利用すべき制度です。


現在は、銀行にお金を預けていても

全く増えないため、

銀行に貯金をする意味は、

全くないと言っても過言ではありません。

(むしろ、時間外に引き出すとマイナスになります)


一方で、先程のような制度を知り、

積極的に利用すれば、

高いリスクを取ることなく、

着実にお金を増やすことが出来ます。


ということで、

さらに厳しくなっていく未来を、

決して甘く見積もることなく、

現在と並行して未来のことまで考えながら、

ファイナンシャルプランを

立てていただければと思います。


そして、現実的な資金計画をした上で、

家づくりをしていただければと思います。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお