なぜ日当りのいい土地を買うべきではないのか?

最終更新: 2月15日

これから土地探しを始める皆様、

土地に求める条件はなんでしょうか?


子供が通う学区であること?

利便性が高い場所であること?

庭がつくれるくらい広々した土地であること?

車が止めやすい広々した道路に沿っていること?

日当りが良さそうな土地であること?


などなど、

様々な条件をお持ちでしょう。


もちろん、土地探しは、

自分自身の価値観に沿ってするものなのですが、

資金計画から導きだされた土地の予算内で

土地を購入していただくためにも、

知っておくべき必要な知識が2つあります。


まず1つ目が

【日当りが良い土地=良い家が建つ】

わけではない!ということです。



例えば、この図のように

南側接道としてA~Cの3区画が

北側接道としてD~Fの3区画が

新たに分譲されたとしたら、

あなたならどの土地を選びますか?




A~Cの3つの中のいずれかですよね?

日当り良さそうですからね。



おそらくほぼすべての方が、

同じようにA~Cを選択されると思いますが、

果たして、このA~Cの土地は、

期待通りの日当りが良い

明るい家が出来上がるのでしょうか?



☑日当りが良さそうな土地に建つすべての家が抱え持つ問題点


日当たりが良さそうな土地を購入し、

その土地で間取りを考える場合、

間違いなく南に部屋を配置するでしょう

また、部屋の南面に大きな窓を設置するでしょう。


せっかく日当りが良い土地を買ったわけですから。



しかし、単純に大きな窓を南に設置してしまうと

家の中は外から丸見えになってしまいます。

そして、丸見えを隠すため、

全ての窓にカーテンを設置せざるを得ません。


となると、家の中は明るいのでしょうか?

窓がはなれた場所まで光が届くのでしょうか?

曇りや雨の日はどうでしょうか?


おそらく、薄暗くなってしまうため、

朝から電気をつけなくてはいけなくなってしまう

のではないでしょうか・・・


また、カーテンは光を遮断してしまうだけじゃなく、

風通しをも阻んでしまうことになります。


カーテンが開けられないということは、

窓も開けられないでしょうし、

もしカーテンをしたまま窓を開けたとしたら、

風でカーテンがヒラヒラ舞って鬱陶しいだけですからね。


さらに、こういった家は、

防犯面においても不安を抱えることになります。

窓を見ただけで家の間取りが分かってしまうし、

ライトをつける夜になれば、

どこに誰が居るのか分かってしまうからです。


その上、日当たりが良いベランダに洗濯を干した場合、

洗濯物が丸見えになってしまうのですが、

これでは泥棒に家族構成がバレやすいし、



仕事用の服がある場合、

仕事内容までバレてしまうことになります。


なにより、水気を含んだ重たい洗濯物を持った状態で、

納戸も階段を往復しなければいけないのは、

凄く面倒くさいですからね・・・

つまり、家事動線までも悪くなってしまうというわけです。



☑外構費用も高くつく


家の中が外から丸見えになれば、

カーテンに加えて、塀や庭木や目隠しなどによって、

その視線を全力で防がなければいけなくなります。


結果、外構工事に莫大なコストが・・・

もちろん、カーテン代も余分にかかるだけですしね。



☑土地の価格も一番高い


さらに、日当たりが良い土地は、

誰もが欲しがる土地であるため、

値段設定も最も高くされています。


恐らく、A~Cの土地と、D~Fの土地では、

坪単価で2~3万円は違うため、

仮に50坪だとしたら、

総額で100~150万円も値段が違ってくることになります。

同じ環境と利便性であるにもかかわらずです。


その上、皆が欲しがる土地は、

不動産屋さんも値引き交渉に一切応じてくれないでしょう。

次から次にその土地を買いたいという方が現れるからです。



いかがでしょうか?


このように、日当たりが良さそうな土地は、

土地代も庭代も高くなってしまうにも関わらず、

住み心地が悪い家をつくってしまいやすい

というわけなんです。


かといって、

日当たりに難がありそうなD~Fの土地の方がいい!

とは、なりにくいですよね?


たとえ100~150万円安かったとしても・・・


ということで、次回は

なぜD~Fの土地の方が、

A~Cの土地よりもいいのか?

について、詳しくお伝えしていきたいと思います。



最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”