コスパがいい家とその対処法

最も多く建てられている家は、

“総2階建て”と呼ばれる

1階と2階がほぼ同じ広さの家ですが、

その理由は、この家の建て方が、

最もコストパフォーマンスに優れているからです。

つまり、建築コストが割安だということですね。


しかし、この建て方には、

割安な建築コストで家が建てられる

というメリットがある反面、

建てた後じゃないと気付けない

手痛いデメリットもあります。


まず、総2階建では、

基本的に寝室や子ども部屋といった居室を、

全て2階に配置します。


しかし、この間取りでは、

子どもたちが自分の部屋を使いにくくなります。

わざわざ、自分たちのモノを

持ち運びするのが面倒くさいし、

親から離れた所で、

1人で過ごすのは心細く怖いからです。


結果、子どもたちのモノが、

常にリビングダイニング周辺に置かれるようになり、

リビングダイニングが散らかった

生活感あふれる場所になってしまうし、

せっかく広々つくったリビングダイニングが、

なんだか狭苦しい場所になってしまいます。


また、全ての居室を2階に配置してしまうと、

将来、予期せぬ増築費用がかかる

可能性が高くなってしまいます。


将来、足腰が弱ってしまった場合、

2階への行き来が大きな負担となるため、

増築することによって、

1階に部屋をつくらざるを得なくなるからです。


となると、大切な老後資金の中から、

その費用を捻出せざるを得なくなってしまうか、

あるいは、その資金の捻出が難しい場合は、

再び銀行から借金せざるを得なくなってしまいます。



☑2つの問題を同時に解決する秘訣


小さな子どもたちは、

親の気配が感じられないところで遊ぼうとしないし、

親の方だって、目が届かない所で

子どもたちを遊ばせたくありませんよね?


でも、かといって、

わざわざリビングダインングが

散らかるような家にしたいとも

誰も思わないですよね?

出来れば、リビングダイニングは、

いつもキレイな状態を保ちたいと思っていますよね?


であれば、“子ども部屋を1階につくる”という選択肢を、

お持ちいただいてもいいのではないでしょうか?

あなたが家を建てようと思っている土地が、

40坪以上あれば、ほぼ実現することが出来るし、

45坪以上あれば、確実に実現出来ます。


この選択肢をお持ちいただくだけで、

先程の2つの問題を

あっさりと解決することが出来ます。


1階に子ども部屋があれば、

子どもたちがその部屋を使いやすくなるため、

リビングダイニングをキレイに保ちやすくなります。


また、子どもたちはやがて出て行くため、

将来は、子供部屋を寝室として使えるようになります。

つまり、老後は1階だけで生活が出来るということですね。


ただし、この場合、

どうしても建築コストは割高になってしまうため、

家をコンパクトにすることによって

建築コストを抑えるようにしなければいけません。


しかし、家をコンパクトにすることによって、

最初にかかる建築コストを抑えることが出来れば、

将来かかるかもしれない

余分な増築費用をカットすることが出来る分、

家づくりにかかるコストを

よりミニマムすることが出来るようになります。


ということで、

家にかかるお金をより少なくするためにも、

実現可能なのであれば、

子供部屋を1階につくるという選択肢を

前向きに考えてみていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく