あえて日当りが良い南向きの土地を選ばない理由

家の間取りは、要望だけでつくるものではなく、

その土地がどんな環境であるかに大きな影響を受けます。

また、間取りと同じように家の外観も、

その土地がどんな環境であるかに大きな影響を受けます。


本当に暮らしやすい家をつくるためには、

周囲の状況は、切っても切り離せないものだからです。


例えば、今回お伝えさせていただく

お家が建っている土地は、










この図の中の売地Cです。

明るくて気持ちいい家が建てられそうな

南向きのAやBではなく、です。


では、なぜ日当たりが良い

南向きの土地を買うことが出来たにもかかわらず、

あえて買わなかったのでしょうか?


この立地条件で注目すべきなのは、

南側にある道路の南に建っているのが、

ワンルームマンションであるということと、

その共用部分である通路と

マンション全部屋(3階建24部屋)の玄関が、

北向きであるということです。


つまり、常にマンション住人の

視線を浴びることになるし、

かつ、賃貸物件であるがゆえに、

住人も定期的に入れ替わるため

プライバシー的にも防犯的にも、

決して良いとは言えないというわけです。


となれば、せっかく南向きに

大きな窓をつくったとしても、

カーテンで閉じてしまいますよね?

そして、家の中に差し込む光量が弱くなり、

日中ずっと薄暗い家になってしまいます・・・

また同時に、開放的とは真反対の

閉鎖的な家になってしまいます・・・


そのため、AやBの土地ではなく、

あえて、マンションからの視線を遮ることが出来る

Cの土地を購入されたというわけですね。


結果、学校までの距離や環境は全く同じであるのに、

AやBの土地よりも250万円も安く

土地を買うことが出来ました。

つまり、住宅ローンにかかる金利も含めると

300万円もの予算がカット出来た

ということになるんですよね。


とはいえ、Cの土地で誰もが頭によぎることは、

“日が当たらないんじゃないか?”

ということですよね?



どんな土地でも家の中に光は届けられる












これは、このお家のリビングの写真ですが、

窓から太陽の光がたっぷりと射し込んできています。

たとえ、真南にそれほど距離を空けずして、

2階建てのお家が建っているとしても、です。


この秘密は設計にあります。

Cの土地で家を建てる場合、

リビングを敷地の一番南に配置しても、

リビングに充分な光を届けることは出来ません。


また、南からの採光が難しいからと、

道路面である東に大きな窓をつくってしまうと、

道路を挟んだ向かいのお家や、

その道路を通る人たちから、

家の中が丸見えになってしまうため、

結局カーテンを閉じた状態の

薄暗い家になってしまいます。


そのため、リビングの位置を工夫することによって、

明るさとプライバシーの確保を、

同時に実現したというわけです。















このお家のリビングの窓は、

南に建っているお家から、

5.5mほど距離を開けてつくっています。

太陽高度が低くなる冬でも、

南からの光をリビングの中に

採り込みやすくするためです。


このように、土地が持つ環境に合わせて、

間取りをつくるようにすれば、

明るく、プライバシーが担保された

メチャクチャ住み心地が良い住まいを、

どんな土地でもつくることが出来ます。


ということで、間取りや外観は、

土地の環境に最も左右されるということを

覚えておいていただければと思います。

そして、あなたが持つ要望が、

どんな土地でも常にベストではない、

ということも、合わせて覚えておいてくださいね。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく