防犯と家事動線が自然と良くなる間取り

こちらお家は、

正面に窓が全くないのですが、













あえて、正面に窓をつくらなければ、

家の間取りが分からなくなるため、

結果的に防犯性が高くなります。


また、窓だけじゃなく、

換気扇の外部カバーや

エアコンの配管や室外機、

給湯器の本体や室外機なども、

すべて家の正面に出ないようにしています。


こうすることによって、

“家の外観がより美しくなる”とともに、

汚れの原因となるものがなくなれば、

“家を美しく保ち続けやすくなる”からです。


そして、家が汚れにくくなれば、

外部のメンテナンス周期も多少長くなり、

結果、メンテナンスコストを、

多少なりとも抑えることが出来ます。


このように弊社では、

家の景観を美しく保つことも

意識しながら家づくりをしているのですが、

その観点から考えると、

洗濯物を周囲から見えないようにすることも

けっこう重要なポイントではないでしょうか?


洗濯物が丸見えになると、

生活感丸出しになり、

せっかくの景観が台無しになってしまうからです。


また、洗濯物を見るだけで、

その家族の多くが分かってしまうため、

実は、防犯的にもやや問題あり、

なんですよね。



☑防犯性が高くなれば家事も楽になる!?


こちらのお家は、外から見えない場所に

洗濯物が干せるようになっています。

その理由の1つが防犯面への配慮です。


そして、もう1つの理由が、

家事動線の短縮です。










ご覧のように、こちらのお家は、

キッチン近くに洗濯機がある

脱衣室をつくっているのですが、

さらに、その脱衣室が“中庭”に面することで、

脱衣室からわずか2〜3歩で

洗濯物を干すことが出来ます。


しかも、“中庭”の窓は、

周囲から一切見えないので、

カーテンを設置する必要もなければ、

常時、窓を開けっぱなしにしておくことが出来ます。


結果、心地いい風が中庭を通り抜け、

干してある洗濯物をよく乾かせてくれます。


また、周囲から見えないということは、

化粧をしてなくても、

またパジャマ姿であろうとも、

人の目を一切気にすることなく、

洗濯物を干すことが出来るということだし、

夜の間もずっと洗濯物を

干しっぱなしにしておくことが出来るし、

その場合でも、風で洗濯物が

飛ばされる心配もありません。


そして、乾いた洗濯物を

取り込む作業もメチャクチャ楽チンです。

アパートのように、

リビングから手を伸ばせば、

洗濯物を室内に取り込めるわけですからね。


洗濯は毎日の作業です。

しかも、子どもの年齢とともに分量が増してくるため、

その一連の作業にとられる手間も時間も、

よりいっそう増えていくことになります。


そのため、これからの暮らしに、

少しでもゆとりをつくるためにも、

また、同時により美しい家を建てるためにも、

ぜひ、こちらの住まいのような、

防犯に配慮した家づくりをしていただければと思います。

それが結果的に家事を楽チンにしてくれるわけですしね。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく