防犯と家事動線が自然と良くなる間取り

こちらお家は、

正面に窓が全くないのですが、













あえて、正面に窓をつくらなければ、

家の間取りが分からなくなるため、

結果的に防犯性が高くなります。


また、窓だけじゃなく、

換気扇の外部カバーや

エアコンの配管や室外機、

給湯器の本体や室外機なども、

すべて家の正面に出ないようにしています。


こうすることによって、

“家の外観がより美しくなる”とともに、

汚れの原因となるものがなくなれば、

“家を美しく保ち続けやすくなる”からです。


そして、家が汚れにくくなれば、

外部のメンテナンス周期も多少長くなり、

結果、メンテナンスコストを、

多少なりとも抑えることが出来ます。


このように弊社では、

家の景観を美しく保つことも

意識しながら家づくりをしているのですが、

その観点から考えると、

洗濯物を周囲から見えないようにすることも

けっこう重要なポイントではないでしょうか?


洗濯物が丸見えになると、

生活感丸出しになり、

せっかくの景観が台無しになってしまうからです。


また、洗濯物を見るだけで、

その家族の多くが分かってしまうため、

実は、防犯的にもやや問題あり、

なんですよね。



☑防犯性が高くなれば家事も楽になる!?


こちらのお家は、外から見えない場所に

洗濯物が干せるようになっています。

その理由の1つが防犯面への配慮です。


そして、もう1つの理由が、

家事動線の短縮です。










ご覧のように、こちらのお家は、

キッチン近くに洗濯機がある

脱衣室をつくっているのですが、

さらに、その脱衣室が“中庭”に面することで、

脱衣室からわずか2〜3歩で

洗濯物を干すことが出来ます。


しかも、“中庭”の窓は、

周囲から一切見えないので、

カーテンを設置する必要もなければ、

常時、窓を開けっぱなしにしておくことが出来ます。


結果、心地いい風が中庭を通り抜け、

干してある洗濯物をよく乾かせてくれます。


また、周囲から見えないということは、

化粧をしてなくても、

またパジャマ姿であろうとも、

人の目を一切気にすることなく、

洗濯物を干すことが出来るということだし、

夜の間もずっと洗濯物を

干しっぱなしにしておくことが出来るし、

その場合でも、風で洗濯物が

飛ばされる心配もありません。


そして、乾いた洗濯物を

取り込む作業もメチャクチャ楽チンです。

アパートのように、

リビングから手を伸ばせば、

洗濯物を室内に取り込めるわけですからね。


洗濯は毎日の作業です。

しかも、子どもの年齢とともに分量が増してくるため、

その一連の作業にとられる手間も時間も、

よりいっそう増えていくことになります。


そのため、これからの暮らしに、

少しでもゆとりをつくるためにも、

また、同時により美しい家を建てるためにも、

ぜひ、こちらの住まいのような、

防犯に配慮した家づくりをしていただければと思います。

それが結果的に家事を楽チンにしてくれるわけですしね。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお