割安感に隠れた裏側を冷静に見る

例えば、1つ400円の商品が2つ必要となり

買い物に行ったところ、

3つ買うと1000円という特価売りをしていたら、

思わずその割安感に飛びついてしまいませんか?


しかし、余分に買った

もう1つをずっと使わなかった場合、

それは200円の損失を出してしまったことになります。


また、同じ食品でも、

お店によって価格設定が違うこともあれば、

日によって価格設定が違うこともあるため、

少しでもお得な買い物をしようと、

わざわざお店をハシゴしてしまうことはないでしょうか?


しかし、その場合も、

100円お得な買い物をするために、

100円以上ガソリンを余分に使ってしまったとしたら、

決してお得な買い物をしたとは言えないですよね?


このような価格のトリックは、

私たちの冷静な判断力を鈍らせてしまうのですが、

家づくりにおいても、価格のトリックが、

私たちの冷静な判断力を鈍らせ、

逆に高い買い物をさせてしまうことがあります。


例えば、中庭がある延床面積

25坪の平屋を建てるとしたら、

その家の坪単価は、消費税まで含めると、

引渡し価格で約75〜80万円になります。

(中庭は延床面積には含まれませんが、

中庭の工事費用は価格には含まれます)


他方、中庭がある延床面積

30坪の平屋を建てるとなると、

その家の坪単価は約70〜75万円となり、

先程よりも5万円ほど坪単価が安くなります。

もちろん、全く同じ条件で

家を建てると仮定して、です。


つまり、坪単価は、

家の面積が小さくなればなるほど割高となり、

家の面積が大きくなればなるほど割安となる、

ということなのですが、

坪単価に判断の比重を置いてしまうと、

大切なことを見落としてしまいやすくなります。


25坪の家は、

坪単価は75万円するかもしれませんが、

家の総額は1875万円です。

それに対して30坪の家は、

坪単価は70万円と、25坪の家に比べて

5万円安くなるかもしれませんが、

家の総額は2100万円と225万円高くなります。


この場合、あなたが家に掛けていい予算が、

1900万円だったとしたら、

あるいは、あなたにとって

充分な広さが25坪だとしたら、

わざわざ予算を上げてまで、

家を大きくすべきではありません。


もし225万円予算が上がったとしたら、

そして、その上がった予算を

住宅ローンでまかなうとしたら、

さらに金利が加わることになるので、

あなたの予算は270万円も上がります。


そして、これはつまり、

あなたが家以外のことに自由に使えるお金が

270万円減ったということでもあります。


家づくりをする時は、

どうしても金銭感覚が麻痺してしまうし、

かつ、家づくりにかける強い想いが勝ってしまうため、

いとも簡単に予算を上げてしまいます。


ですが、その上がってしまった

予算のしわ寄せは、遅かれ早かれ、

確実にその後の暮らしにのし掛かってきます。


ですから、目先の割安感に惑わされないよう、

また、金銭感覚が麻痺しないよう、

常に冷静に予算とのバランスを見ながら、

家づくりを進めていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく