ドアと窓のコストを合理的にカットする方法

大きさが同じの家を、

全く同じ性能でつくろうとしても、

その価格は建てる家の形状によって異なります。


例えば、30坪の平屋を建てる場合、

縦横の長さが共に10mで建てる場合と、

縦が20m・横が5mで建てる場合とでは、

後者の方が、圧倒的に家の価格が高くなってしまいます。


縦横共に10mの家は外周の長さが40mなのに対し、

縦20m・横5mの家は外周の長さが50mになり、

後者の方が、工事面積が大きくなってしまうからです。


また、たとえ同じ面積の家だったとしても、

ドアの数が10本の家と20本の家とでは、

ドアのコストが大きく違ってくるし、

窓が10コの家と20コの家では、

窓のコストが大きく違ってきます。


そのため、不必要なドアや窓を削ることも、

最小限のコストで最大限に豊かな家をつくるために、

必要不可欠な要素となってきます。



☑ドアの数を減らすための2つの方法



その1:廊下をなくす


廊下は、部屋と部屋とをつなぐためにあるのですが、

部屋と部屋をダイレクトでつなぐことが出来れば、

必然的に廊下はいらなくなります。


そして、廊下がなくなれば、

廊下分の面積をカット出来るだけじゃなく、

同時にドアの本数も減らすことが出来ます。

部屋と部屋がダイレクトにつながった結果、

別の部屋に行くために、

一度廊下に出なくてよくなるからです。


その2:収納をまとめてつくる


収納で大切なことは、

「管理しやすいこと」なのですが、

小さな収納をあちこちにつくってしまうと、

どこに何を置いたのかが、

分からなくなってしまいやすくなります。

複雑になればなるほど、

頭の中に記憶しておけなくなるからです。


また、小さな収納の多くが、

奥行きが深い収納だと思いますが、

奥行きが深い収納は、

手前の余ったスペースにモノが置けないため、

広さの割にたいして収納出来ません。


あるいは、手前のスペースにまで、

無理矢理つめこんでしまうと、

奥に置いてあるものが分からなくなるし、

奥のものを取り出すのが面倒くさくなり、

さらに、ものが増える原因となってしまいます。

そして、余計管理しにくくなってしまいます。


そのため、収納は出来るだけ

まとめてつくることを

オススメさせていただいています。

その結果、必然的に収納のドアが減る

というわけですね。



☑窓を減らす鍵は「カーテン」をなくすこと


窓の数を減らすためには、

光が採り込めて、かつ風を通すことが出来る

窓だけをつくるようにしないといけません。


そして、この2つの実現のためには、

カーテンがいらない窓をつくらないといけません。

カーテンをつければ光が遮られるし、

カーテンが開けられなければ風が通らないからです。


そのため、周囲からの視線を感じにくい

間取りづくりが出来るかどうかが、

大きな鍵になってくるというわけですね。


いかがですか?

言われてみると確かにそうだな・・

と思われた部分もあったのではないでしょうか?


ということで、生活の質を一切落とすことなく、

最小限のコストで最高に住みやすい家をつくるためにも、

その秘訣の一つである

“ドアと窓を合理的にカットする方法”を、

ぜひ覚えておいていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく