銀行はお金が増えるところ?それとも減るところ?

“お金は手堅く貯めていきたい・・”

誰もがこのようにお考えになると思いますが、

では、あなたにとって手堅いお金の貯め方とは、

一体何なのでしょうか?


そして、その手堅い貯蓄先は、

一体どれほどの恩恵をもたらしてくれるのかを、

あなたはご存知なのでしょうか?


貯蓄と言えば、真っ先に思い浮かぶのは、

「銀行」ですよね。


実際、日本人の金融資産の52.5%は、

「現金・預金」で占められており、

これはつまり、銀行にお金を預けておくことが、

最も当たり前になっているということです。


アメリカの現金・預金比率はわずか13%なので、

相対的に見てみると、

日本人がいかに銀行を信用しているのか?

ということが、よく分かりますよね。


では、現金の多くを銀行に預けておくことは、

本当に一番賢明な選択なのでしょうか?



☑銀行はお金が増えるところ?減るところ?


あなたは、銀行の普通預金金利をご存知でしょうか?

また、銀行の定期預金金利をご存知でしょうか?


現在の銀行の普通預金金利は0.001%なのですが、

仮にあなたが、銀行にお金を預けておくことによって、

年間で10,000円の利息を期待するとしたら、

一体どのくらいの現金を

預金しておかないといけないと思いますか?


1000万円でしょうか?

あるいは100万円でしょうか?


いいえ・・・現実は?と言うと、

とてもじゃないけど、

その程度の貯金では利息なんてほとんどつきません。


いや、むしろ時間外でお金を下ろした時の

110円や220円の手数料の方が、

年間でついてくる利息よりも

大きいぐらいだったりします。


仮にあなたが、銀行に預けておくことで

年間の利息を10,000円増やしたいと思うなら、

銀行に約12億円も預けておく必要があります。


とてもじゃないけど現実的な話ではないですよね?

であれば、前回お伝えさせていただいた、

iDeCoに加入し、貯蓄しつつ節税もした方が、

圧倒的に少ない費用で、遥かに効率良く、

お金を増やすことが出来ると思いませんか?


毎月20,000円積み立てていけば、

年間で240,000円の貯蓄が出来ると同時に、

節税によって年間約48,000円も

お金が増えるわけですからね。


親世代が若かった頃の日本は、

住宅ローン金利も高かったのですが、

その分、預金金利も高かった時代でした。

それゆえ、銀行にお金を預けておきさえすれば、

確実にお金が増えていっていた時代でした。


ですが、現在は、

住宅ローン金利も格段に安くなっているものの、

それ以上に預金金利が

格段に安くなってしまっている時代です。


ですから、以前と現在とでは、

状況が違うということをしっかりと認識していただき、

古いイメージに捕われることなく、

正しい判断をしていっていただければと思います。


大切な資産を守っていくためにも、

正しい知識をつけて、将来のために、

堅実に金融資産を増やしていってください。

家を建てながらも、です!


今後インフレが発生し、

物価が上昇してしまったとしたら、

必然的に現金の価値は下がってしまうので、

その点から考えても、

現金だけでお金を貯めていくことは

決して賢い行為とは言えないですしね。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく