保険の優先順位

家を建てる時は、

保険を見直す良い機会だと言われています。


というのも、

家を建てるにあたり住宅ローンを利用する場合、

債務者は、必ず団体信用生命保険という

掛け捨ての生命保険に加入するからです。


つまり、もし住宅ローンの債務者が死亡した場合、

保険会社が、その残債を全て債務者に代わって

銀行に払い込んでくれるため、

必要以上の死亡保障をする必要がなくなる

というわけですね。


また、債務者に万が一のことがあった時には、

住宅ローンの返済がなくなるだけじゃなく、

他の出費も減ることになります。


例えば、債務者が、

生活をするために必要な出費がなくなります。

食費、携帯電話代、こづかい、などなどです。


また、車を維持していくには、

7年ごとに車を買い替えるとしたら、

毎月に換算すると、

5〜7万円ぐらいかかると言われていますが、

当然この出費もなくなります。


そして、これらを合わると、

ざっと20万円ほど出費が少なくなるのではないでしょうか?


また、これに加えて、

債務者が25年以上国民年金や厚生年金を払っていたとしたら、

遺族年金が支給されることになるのですが、

仮にこの年金が毎月10万円あるとしたら?


さらに、これに加えて、

奥さんの収入が毎月手取りで15万円あるとしたら?


とてもじゃないけど、

苦しい生活になるとは思えなくないですか?

ましてや、1000万円以上もの価値がある

家という資産があるわけですからね。


そのため、もしもの時に備えて加入した保険は、

すべて見直していただいても

いいかもしれないというわけですね。



☑最強の保険「国民健康保険」


また、国民年金さえ支払っていれば、

私たちは医療費の負担が30%で済みます。


さらに、国民年金に加入していれば、

誰でも“高額療養費制度”という制度を

利用することも出来ます。

簡単に説明すると、

医療費として300万円かかったとしても、

実質の自己負担は10万円程度でよくなる制度です。


そのため、“医療保険”には、

無駄に加入する必要もなく、

もっと費用を抑えて加入するか、

あるいは全くかけずにその分現金として蓄えていくか、

でいいのではないでしょうか?

入院から通院に切り替わった時に備えて。



☑保険の優先順位は3番目


以上の理由から、

保険に過度の加入する必要はない

というわけなのですが、

もう1つ、なぜ保険よりも、

前々回お伝えさせていただいた

iDeCoを優先すべきなのか?

についてお伝えさせていただきますね。


貯蓄機能を備えた生命保険は、

中長期に渡って預けていけば、

確かに保険のセールスマンのプレゼン通り

増えることでしょう。


しかし、生命保険は、

受け取る時に税金がかかるため、

増えた分を丸々もらえるわけではありません。

他方、iDeCoは増えた分に関しても、

受け取る時に一切税金がかかりません。


また、個人がかける生命保険は、

手取りの給料から掛けていくことになります。

つまり、税引後に掛けていくものです。

他方、iDeCoは税引前に掛けることが出来ます。

つまり、所得控除の対象となるため、

節税をすることが出来るというわけです。


いかがですか?

これが保険をそれほど優先しない理由です。


個人的には、優先すべきは“iDeCo”で、

その次が“積み立てNISA”、

そして3番目が“保険”だと考えています。

銀行の預金には、現金が必要な時に備えて、

必要最小限だけ入れておけばいいでしょう。


ということで、お金のことに関しても、

家づくり同様、

これまでの固定概念に固執したり、

勉強不足が原因で、

新しいものを拒否してしまうことで、

大切な資産を守る手段を、

見逃さないようにしていただければと思います。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお