日当りが悪い土地には良い家は建てられない?

最終更新: 2月15日

南以外の道路に接している土地は、

日当りが悪そうな気がしてしまいます。


というのも、その土地の南には、

光を妨げる家が建っていたり、

もしくは、いずれ建つとなれば、

光が入らなくなりそうだからです。


また、家が密集する分譲地の場合、

南以外の東や西にも隣家が建つことになるため、

余計に暗い家になりそうな気がします。


そのため、たとえ価格が安かったとしても、

誰も率先して選ぼうとしません。


しかし、そういった土地は、

本当に明るい家を建てることは難しいのでしょうか?


もちろん、北道路の場合は、

南に寄せて家を建てることになるため、

一番南にリビングを配置し、

その南面に大きな窓をつくってしまうと、

想像通り薄暗い家になってしまうでしょう。


隣家との距離が十分に取れないからです。


また、それを補う為に、

東や西にも大きな窓を作ったとしても、

それはそれで、周囲からの視線が気になるため、

結局カーテンが開けられなくなってしまいます。


つまり、固定概念の固まりのような家を建ててしまうと、

想像通り、非常に住み心地の悪い家になってしまう・・・

ということですね。


ですので、このような住宅が密集している土地で、

家を建てる場合は、

光の採り込み方を工夫しなければいけません。


☑リビングを南に配置しないという選択肢


多くの方が、どんな土地であろうとも、

南にリビングを配置しようとしますが、

少し柔軟に考えていただき

リビングを北に配置してみると、

見違えるぐらい格段に明るさが増すことになります。


なぜなら、この場合、

リビングの南となる家の真ん中に外をつくり、

そこから太陽の光を採り込むからです。


家の真ん中で、光を採る空間をつくれば、

南、東、西に建っている隣家から、

十分な距離を開けることが出来るようになるため、

どの方向からも太陽の光が入ってきます。


また、その空間からは、

直射日光だけじゃなく、

外壁に反射した間接的な光までもが、

家の中に入ってくることになります。


結果、一日中電気をつけなくても、

自然の光だけで明るい家が出来上がります。


周囲からの視線も気にならないし、

外や空を家の中から眺めることが出来るし、

間取りも分かりにくくなるため、

防犯性も格段にアップすることになりますからね。


☑外構代、土地代の両方をカット出来る!


さらに、窓の作り方を工夫したお家は、

結果的に家のデザイン性も高くなるため、

塀や目隠しといった余分な外構工事を

カットすることが出来ます。


また、土地が持つ条件に

家が左右されなくなるということは、

わざわざ、高額なお金を出して

日当りが良い、価格が高い土地を、

購入する必要がなくなるということでもありますし、

売れにくい日当りが悪い土地を

より安く購入できる可能性も高くなります。


ということで、

土地を探す時には、

南道路や日当りが良い土地に

こだわらないようにしていただければと思います。


土地の日当りと家の明るさは

比例するわけではなく

土地に必要以上にお金を出すのは

勿体無い事ですから。

最新記事

すべて表示

泥棒が狙いたいと思わない家

“昔の家は玄関の鍵なんてかけなかった・・” 近所にどんな人が住んでいるのかを、 しっかり把握していた時代は、 そんな状態が当たり前だったと、 たびたび耳にすることがあります。 しかしながら、時代の経過と共に、 地域のコミュニティが希薄になってしまった現在では、 とてもじゃないけど、 こういうわけにはいきません。 そのため、毎日を安心して 過ごしていくようにするためにも、 昔に比べて、防犯対策を 自

洗濯作業がストレスフリーで出来る家

同じフロアで洗濯作業の全てが完結出来れば、 ずいぶんと楽になります。 つまり、1階に洗面脱衣室をつくる場合、 わざわざ2階に洗濯物を持ち運びするよりは、 1階に干場をつくり、 かつ片付ける収納も1階につくった方が、 時間と手間をカットすることが出来るし、 余分な階段の上り降りをしなくてよくなるため、 その分、楽になるというわけです。 しかし、多くの方がしている キッチンや洗面脱衣室の勝手口から 外

開放感を出すために天井を高くする必要はない?

リビングダイニングキッチンの開放感を高めるために、 “出来るだけ天井を高くしたい” という要望をお聞きすることがあります。 確かに、リビングダイニングキッチンぐらい広ければ、 天井を高くするだけで、幾分開放感は高くなるでしょう。 しかし、わざわざコストを上げて 天井を高くしたとしても、 期待以上に開放感が出るのかというと 案外そうでもないというのが 現実ではないでしょうか? では、その理由について

マル祐戸田建築株式会社​​

〒431-1303 静岡県浜松市北区細江町三和165-4

Tel 0120-450-502 Fax 053-542-1876

  • Instagram

©Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrights

S!MPlE NOTE

浜松北Studio