広ければ良いという間違った認識

あなたが希望するエリアで、

少しでも価格を抑えながら土地を手に入れるためには、

まずは、土地に関する間違った常識を一旦リセットし、

正しい知識を身に付けないといけません。


例えば、土地の広さは、

あなたが建てる家にマッチした

広さがあれば充分なのですが、

多くの方が無駄に広く土地を買ってしまうか、

あるいは、買おうとしてしまいます。


そして、結果的に、

土地に余分なお金を使ってしまうことになります。

また、余ったスペースに余分な外構工事費用が

かかってしまうことになります。


では、自分自身が建てる家にマッチした

土地の広さとは一体どれくらいなのでしょうか?

また、自分自身にとって丁度いい家の広さは

一体どれくらいなのでしょうか?


例えば、あなたが建てたい家が平屋だとして、

あなたが家にかけられる予算が1700万円だとします。


この場合、多くの方が平屋を建てるには、

かなり広い土地が必要だと

思い込んでしまっていると思いますが、

実際は全くそんなことはありません。

(不動産屋さんや住宅会社から

平屋は高いとか広い土地が必要だと言われることにより

そう思い込んでしまうんだと思います)


この場合、土地の広さは55坪あれば、

いや形によっては50坪あれば充分だったりします。


あるいは、車の台数や車種によっては、

40坪台でも実現可能なのですが、

仮に80坪や90坪もの土地を

購入してしまったとしたら、

30坪以上、余分な余白が出来てしまう

ということになりますよね?


となると、

その土地の坪単価が15万円だとしたら、

450万円以上もの

無駄な出費がかかることになります。


また、その余ったスペースの外構工事代も、

余分にかかることになります。

(全部コンクリートにするとなれば、

100万円近くの費用がかかります)


さらには、土地を購入すれば、

固定資産税(地域によっては都市計画税も)が

かかるようになるのですが、

広く購入すればするほど、

余分に納税し続けないといけなくなってしまいます。


庭の手入れだって

広くなればなるほど大変になるわけですしね・・・


せっかくマイホームを持つんだから、

家同様に少しでも広くしたいという願望を

誰しもがお持ちのことでしょう。


そして、そのゆったりとした庭で、

子どもたちを遊ばせたり・・

自転車の練習をさせたり・・

バーベキューをしたり・・

といった憧れをお持ちのことでしょう。


しかし、無駄に広く土地を買ってしまうことで、

これからの生活が苦しくなってしまうとしたら?


あるいは、子どもたちの教育資金を

捻出するのが苦しくなってしまうとしたら?


あるいは、貯蓄に回すゆとりがなく、

老後安心して暮らすだけ資金が準備出来ず、

体調の良し悪しに関係なく、

問答無用で生涯ずっと働き続けないといけないとしたら?


それは、ものすごく本末転倒な話だと思いませんか?

あなたやあなたの家族の幸せのために、

家を建てたにもかかわらず、

その購入方法を誤ってしまったがために、

そのしわ寄せに苦しんで生きていくことになるという・・・


ということで、

そんな本末転倒な話にならないようにするためにも、

少しでも土地の価格が抑えられるよう、

無駄に広い土地を買ったりしないよう

意識して土地探し・土地選びをしていただければと思います。

最新記事

すべて表示

住宅ローンの考え方 その2

住宅ローンには、 変動型と固定型の商品がありますが、 このどっちが良くて、 どっちがダメだということはありません。 その理由は、変動にせよ、固定にせよ、 メリットとデメリットの両方が存在し、 どのメリットを享受し、 どのデメリットを回避すべきなのか?は、 借りる人の状況によって異なるからです。 ですが、1つ言えることは、 選ぶべきじゃない商品は、 絶対に選ばないようにすべきだということです。 例え

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、 単純に、その毎月の返済額が、 75,000円になるのと80,000円になるのでは、 一体どちらの方を選ばれますか? また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、 家づくりにかけられる予算が、 75,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、 それでも80,000円の返済の方を選びたい と思われる方はいらっしゃるでしょうか? もちろん、この質問を聞いただけ

悪い土地ほど良い家が建つ?

土地取得コストを出来るだけ抑えるためには、 他のみんなと同じように土地選びをしたのでは、 100%不可能です。 つまり、そうしようと思えば、 みんなとは真逆の考え方で 土地選びをした方がいいということなのですが、 今回もまた、その非常識な考え方について お伝えしていきたいと思います。 では、前々回の「土地の日当たりにこだわらない」、 前回の「無駄に広い土地を買わない」、 に続いて、3つ目の秘訣をお