美しさと美しさの維持

弊社がご提案させていただくお家の多くは、

写真をご覧いただければ分かるように、

家の正面となるファサードに窓がありません。












もちろん、それにはいくつかの理由が存在するのですが、

前回、暮らしをより快適にするための

2つの理由についてお伝えさせていただいたので、

今回は、また違った視点からお伝えさせていただきますね。


弊社が建てるお家の多くは、

白い外壁材を使っています。

白い建物は非常に美しいからです。


また、白は熱を吸収しにくいため、

家の中が暑くなりにくいというメリットもあるし、

白は光を拡散しやすいため、

家の隅々まで光が届きやすく、

家全体がまんべんなく明るくなる

というメリットもあります。


しかしながら、白という色には、

「最も汚れが目立ちやすい・・」という欠点があるし、

それを理由に白を諦めてしまっている方が多いのもまた、

家づくりの“あるある話"ではないでしょうか?


そのため、みんなが白という色に対して持つ

ネガティブな要素を解消するために、

弊社では、そもそも汚れの原因となるモノを、

家の正面から一切排除しています。


いつも見える、また誰からも見える

正面が汚く汚れてしまうと、

どうしてもその汚れが気になってしまうため、

必然的に外壁塗替えのメンテナンス周期が

早まってしまうことになりますしね。


また、飛び込み訪問で営業に回っている

リフォーム業者の恰好の餌食となってしまいやすく、

結果、余分な出費がかさむ可能性も高くなってしまいます。



☑家の汚れの一番の原因は「窓」


家の外壁を汚す一番の原因は「窓」です。

窓は外壁よりも外側に突き出すため、

その窓の上に土ほこりが溜まり、

雨の日、その汚れが窓の両サイドを

伝って流れていくからです。


また、屋根の先につける樋も、

基本的に家の正面につかないようにしています。

樋から漏れた汚れを含んだ水が外壁を伝って、

窓の垂れジミと同じように外壁を汚すからです。


その他、キッチン・洗面・トイレ・お風呂などに

設置する換気扇の外部カバーなども、

窓同様に外壁を汚す原因となるし、

エアコンの配管なども、

外壁を汚しつつ家の景観も損なう要素となるため、

絶対に正面に出ないようにしなければいけません。


これらの要素は、

ただ間取図だけを見てプランを決めていたのでは、

なくすことが非常に難しいし、

窓以外の要素に関しては、

立面図には基本的には記載されていません。


そのため、家が完成するまで気付くことが出来ず、

出来たお家を見てビックリ!?

なんてことも決して少なくありません。



☑汚れないじゃなく、汚れにくくする工夫


外にあり雨風にさらされている以上、

家を汚れないようにすることは不可能です。


しかし、汚れにくい外壁材を使ったり、

汚れの原因となる部材をなくすことによって、

限りなく汚れにくくすることは可能です。


弊社では、

表面が凸凹していない外壁材を使ったり、

メンテナンスしやすい外壁材を使ったり、

汚れの原因となる部材をなくすことで、

外壁が汚れにくい家にしています。


そして、その結果、

家の景観をシンプルで美しくすることが出来るし、

同時に、その美しさを長期間維持しやすくなるという

さらなる2つの相乗効果を生み出しています。


ということで、

あなたがより住みやすく、

同時に美しく、かつ、その美しさを維持しやすい

住まいにしたいとお考えであれば、

いつでもご相談にお越しいただければと思います。

最新記事

すべて表示

一般的な家はもちろん、 ここ最近建てられた賃貸アパートやマンションなども、 キッチンは対面式になっており、 かつ、ダイニング側には キッチンカウンターが設置されています。 このカウンターをつくる一番の理由は、 つくった料理をわざわざ回り込んで ダイニングテーブルまで持っていく 必要がなさそうだからだと思いますが、 一体どれだけの方がその機能を果たすために、 カウンターの上に何もない状態を 保つこと

“リビングダイニングキッチンの窓は南につくりたい!!” これは、家づくりをする誰もが希望することでしょう。 そして、ほぼ全ての方が、 リビングダイニングキッチンの 南には大きな窓を設置します。 窓としての役割を果たすことが出来るのか?を、 深く考えることなく、です。 その結果、ほとんどのお家が、 その窓から充分な光が確保出来ず、 想像していた明るく開放的な リビングダイニングキッチンとは正反対の、

ご覧いただければ分かるように、 弊社のお家の多くは、 家の正面であるファサードに窓がありません。 そして、もっと細かく言うと、 窓がないだけではなく、 キッチンや洗面、お風呂などの換気扇や、 エアコンの穴や配管、そして雨樋といった部材なども、 一切正面にありません。 もちろん、それには、 いくつかの理由が存在するので、 今回は、そのことについて お伝えしていきたいと思います。 まず、1つ目の理由が