キッチン前カウンターと和室の共通点

一般的な家はもちろん、

ここ最近建てられた賃貸アパートやマンションなども、

キッチンは対面式になっており、

かつ、ダイニング側には

キッチンカウンターが設置されています。


このカウンターをつくる一番の理由は、

つくった料理をわざわざ回り込んで

ダイニングテーブルまで持っていく

必要がなさそうだからだと思いますが、

一体どれだけの方がその機能を果たすために、

カウンターの上に何もない状態を

保つことが出来ているのでしょうか?


このカウンターの上には、

ついつい何かを置いてしまうことになります。

何かを置くには丁度いい高さだし、

丁度いい場所だからです。


調味料・食器・食品。

薬・洗剤・スプレー缶。

時計・手紙・アクセサリー。

といった小物全般ですね。


ちょっと置いておこうと、

置いてしまったが最後。

いつの間にかその上はちょうどいい物置となり、

定着して何かが置かれ続け、

結果、掃除もしにくくなり、

飛び散った水や油によってホコリが固まり、

いつも汚れた不衛生な場所になってしまいます。


それゆえ、弊社では、

置きたくてもモノが置けないキッチンカウンターを

ご提案させていただくことがあります。


そもそも何も置くことが出来なければ、

汚れにくくなるし、

拭き掃除も格段にしやすくなるからです。

根本的に問題を解決するイメージですね(笑)



☑あなたは和室をどのように使いますか?


そして、キッチンカウンターと

同じような現象が起こる場所が『和室』です。

キッチンカウンター同様に、

その主たる用途として使うことがほとんどないからです。


そのため、せっかくつくったのに、

ほとんど使わない無駄な部屋になるか、

あるいは、キッチンカウンター同様に

ただの物置となってしまいます・・・


和室をつくる理由は、

親御さんが泊まりに来た時のためや、

来客時の対応のため、

そして、将来寝室として使うためなどではないでしょうか?


しかし、親御さんが泊まりに来るのは、

年間で一体どれくらいあるでしょうか?

また、来客の頻度は一体どれくらいあるでしょうか?


もし、年間で1回や2回程度しかないのであれば、

そのためだけに、わざわざ和室をつくるのは

もったいないと思いませんか?

6帖という広さで和室をつくれば、

それだけで200万円ぐらい費用が掛かるわけですからね。


であれば、まだ子供が使っていないであろう

子ども部屋で親御さんに寝てもらえばいいと思いませんか?

また、来客時はリビングに通せば済む話ですし、

もし泊まっていくぐらいの来客であれば、

同じように子ども部屋で寝てもらえばいいと思いませんか?


そして、この子ども部屋を、

もし1階につくることが出来るとしたら、

親御さんや来客時の宿泊場所として使いやすいだけじゃなく、

日常的に子供たちも自分の部屋が使いやすくなります。


また、将来なんらかの理由で、

2階に上がるのが難しくなった時も、

子ども部屋を自分たちの寝室として使えるようになるため、

無駄な増築費用もいらなくなります。

子どもはやがて巣立っていくわけですしね。


このように合理的に家づくりを考えることが出来れば、

出来るだけ出費を抑えながらも、

使いやすい家をつくることが出来ます。


ということで、

本当にそれは必要なものなのか?や、

その使い勝手は実際どのようなものなのか?なども、

家づくりの計画時には

真剣に考えてみていただければと思います。


きっと、知らない間に、

無駄なコストが余分に掛かってしまっていることや、

知らず知らずの間に、

余計に家事の手間がかかる家にしていることに、

気付くはずですから!

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく